「iPad Pro 2018」はUSB-Cになっても外部ストレージは認識不可

「iPad Pro 2018」の特徴の1つは、LightningではなくUSB-Cになったこと。

「MacBook Pro」を中心に業界が少しずつ移行しているお陰で利用できる周辺機器の幅が広がっているが、The Verg […]

【続きを読む】

このページは「iPad Pro 2018」はUSB-Cになっても外部ストレージは認識不可の記事を引用しています



関連コンテンツ

新型MacBook Air 2018 Retina に必要なUSBハブを検討します。

まもなく発表。iPhone 11 Pro(仮)に期待したいスペックまとめ

【20%OFF】PD対応USB-C急速充電器「Anker PowerPort III mini 30W」がタイムセール中

【新製品】PD対応最薄・窒化ガリウム採用の充電器「Anker PowerPort Atom III Slim 30W」が発売

【25%OFF】窒化ガリウム採用USB-C急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」がタイムセール中

【27%OFF】窒化ガリウム採用USB-C急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」がタイムセール中

2019年後半、Appleが発表しそうな7つの新製品

世界最小の32bit 384kHz、iPhone MFi対応ペン型ポータブルDACアンプ「Spectra X」シリーズ

【15%OFF】窒化ガリウム採用USB-C急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」がタイムセール中

【新色】窒化ガリウム採用USB-C急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」にブラックが追加



新型MacBook Air 2018 Retina に必要なUSBハブを検討します。

こんにちは、新型2018 MacBook Air Retina を購入して、久々の新モデルにうはうはしているタカタカでございます。

ご存知の通り新型MacBook Air は昨今のAppleの意向により拡張性と言うものをかなり排除した設計になっております。

旧MacBook Airを使用していたわたしみたいにApple的にはレガシーなインターフェースを使用する際に別途アクセサリが必要になるわけであります。

新型MacBook Airに関しては記事にしておりますので、宜しければご覧くださいませ。

www.gadgetkaden.com

 インターフェースの部分で大きく変わった点

新MacBook Air で変更になったインターフェース

追加されたポート:Thunderbolt 3(USB-C)

削除されたポート:USB-A、SDカード、Thunderbolt 2(Mini displayポート)

インターフェースは Thunderbolt 3(USB-C)のみになった為、いままで使用していたUSB-Aが使用できないのが痛いところです。最低でもUSB-CからUSB-Aに変換するケーブルかハブが必須となります。後は必要に応じて要検討です。

USB-Aを使うためのアダプタはどれが良いのか?

わたしがUSB-Aを使う場面はまだまだあります。

・iPhoneやiPadを接続する為のLightning-USB-Aケーブル

・外付けDVDドライブ

・SDカードリーダー

・USBメモリー

これらは全てUSB-Aタイプなので、USB-Cでは使用できないのです。 そうなのです。新型MacBook AirはiPhoneをそのまま接続することすらできないのです。2年前にMacBook Proを購入したユーザーが通った道をMacBook Airユーザーも通過する必要性があるのです。

最低でもシンプルなUSB-CとUSB-Aアダプタかハブが必要ですし、SDカードリーダーやHDMI等の負荷機能があればより便利に使用できるのでどうしようかと悩むところです。幸いAppleさんの優しさでMacBook Proと同じUSB-Cポート数と間隔になっている為、MacBook Proで使えるUSB-C2ポート使用するアダプタ等も使用可能なので、 MacBook Proで人気のアクセサリを比較検討したいと思います。

全部入りのハブがあると安心ですよね。

Satechi Type C Pro Hub

一般的に必要なポートが揃っている点がおすすめポイントです。ついているポートは以下になります。

・Thunderbolt 3✕1:5k or 2✕4k@60Hz出力 40Gbps
・USB-Cポート✕1:5Gbps 
・USB-Aポート✕2:5Gbps
・HDMIポート✕1:1080p@60Hz 4k@30Hz
・SD/MicroSDカードリーダー:104MB/s

個人的には本命はこれだと思います。必要最低限のポートが入っていて、素材はアルミで質感も良くデザインも良いです。唯一気になるポイントは価格がそれなりに高額なので要検討になる人が多いところです。

Amazon価格は¥8,999 と良いお値段となっております。

[

](https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06XRVX3XM/gadgetkaden-22/)

Satechi Type-C アルミニウム Proハブ Macbook Pro 13/15インチ対応 40Gbs Thunderbolt 3 4K HDMI Micro/SDカード USB 3.0ポート×2 マルチ USB ハブ (スペースグレイ)

posted with カエレバ

Satechi

Amazon

楽天市場

予算に余裕がある人はこの商品がおすすめです。HDMIとSDカードとUSB-AとThunderbolt3が使用できるのでほぼほぼこれで足りるはずです。

後は、有線LANが使いたいとかミニディスプレイポートが使用したいと言うレアな人は別途アダプタを使用するのが良いかと思います。

HDMIはいらないけどSDカードは使いたい

Satechi Type C Pro Hubができれば欲しいけど価格が高いし別にHDMI出力は別に無くても大丈夫って人は多いかと思います。デジカメのデータは取り込みたいのでSDカードは使いたいって場合はもちっとお安いモデルがでてきます。

Satachi Type-C アルミニウム USBハブ & Micro/SDカードリーダー

同じくSatachi からこちらは一体型ではなくケーブル接続タイプです。
デザインはSatachiなので良い感じです。もともとはiMacのポートを全面に持ってきたいって要望に答えたアクセなのですが、安定しているのでノートでの利用にもおすすめできます。

搭載ポート

・USB-A ✕ 3:5GBbps
・Micro/SDカードリーダー

おすすめポイント

・アルミ素材でMacBookAirとの親和性が高い
・重量感があり裏面に滑り止めゴムパット付きで安定性が高い
・価格もお手頃

もともとがiMac向けデザインで安定性と使いやすさメインなのでモバイルには不向きです。自宅用で使用するのでしたらおすすめです。
価格もほどほどなので、USB-AとSDカードを自宅で使いたいって人に非常におすすめとなります。

Amazon価格は¥3,999 と良いお値段となっております。

[

](https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B075Y3J31Y/gadgetkaden-22/)

Satechi Type-C アルミニウム USBハブ & Micro/SDカードリーダー (iMac, MacBook Pro, Microsoft Surface Pro, Dell XPS Series, Lenovo Yogaなど対応) (シルバー)

posted with カエレバ

Satechi

Amazon

楽天市場

とりあえず、USB-Aだけ使えれば良い、できれば安く!

と言う人には、みんなの味方エレコムさんかナカバヤシがおすすめです。

ELECOM U3HC-A412BBK

USB-AとUSB-Cのハブです。価格だけ見るとUSB-Aだけのハブの方が安いのですが、MacBook AirのUSB-Cポートをひとつ使用して、もうひとつを充電に使用するとUSB-Cが使用できない状態になるので、_USB-CとUSB-Aの両方が使用できるハブ_の方がおすすめになります。価格重視でデザインは考慮しておりません、もちろん素材もプラスチックです。たまに使うアクセなのでコストは抑えたい人向けです。

搭載ポート

・USB-C ✕ 2
・USB-A ✕ 2

USB-CはThunderboltでは無いので映像出力等は不可となります。

おすすめポイント

・価格が安い
・USB-CとUSB-Aが使える
・SDカードリーダー等も持ってるのでUSB-Aが使えればOKな人向け

Amazon価格は¥1,959 です。

[

](https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00XKML4FU/gadgetkaden-22/)

エレコム USB3.1 Type-C ハブ 4ポート(A×2/Type-C×2) バスパワー ブラック U3HC-A412BBK

posted with カエレバ

エレコム 2015-05-22

Amazon

楽天市場

わたしの場合に必要なポイントを整理してみます。

HDMIは:いらない
SDカード:欲しい
USB-C:あった方が便利
価格:お安くしたい
デザイン:基本接続したい時だけ使うのでケーブル接続で十分
そもそも、ケーブルを接続するのは美しく無いので基本はMacBookAirに何か接続するのは宜しく無い。

と必要最低限な機能に絞るとわたしの場合は安物で大丈夫な感じになります。

理想的にはSatachi の アルミニウム ハブにUSB-Cが付いていれば決定だったのですが、USB-Aしか無いんですよね。USB-Aも2つあれば十分なので、もっとミニマムでコンパクトでデザインが良いって言うのは無いのかなしら?

まとめ

わたしの場合はUSB-Aが無いとiPhoneすら接続できないので、とりあえずUSB-AとCが使える安いHUBをMacBook Airと一緒に購入しました。ネットで購入すれば安いのですが、帰ってすぐ使うので量販店で購入しております。

ちなみに購入したのはこちら

ナカバヤシのUH-C3103 コンパクトなUSB-A✕2とUSB-C✕1だけのシンプルなハブです。現状これでLightningケーブルの接続もDVDドライブの接続もSDカードリーダーも別途持ってるので使用可能になります。

常にMacBook Airに接続して使用するならデザインに拘っても良いかと思いますが、接続する機会は少ないのでとりあえずでサイズと価格重視で選んでおります。

今後購入を検討するアクセサリ

Lightning to USB-Cケーブル

純正じゃないと高速充電に対応しなくなるようなので、高速充電を求めるなら高いけど純正かAppleの認証を得たモデルが良いです。使えれば良いなら、Amazonとかで売っているタイプで良いかなと、基本毎日充電してるので緊急に充電する場面はそうないので半額程度で普通に使用できれば安いので良いかなと思います。

これなんかがおすすめそうです。

[

](https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07B4RT7NL/gadgetkaden-22/)

【2本セット】Nimaso Type-C/USB-C to Lightning 変換/充電ケーブル【1m+1m】【互換性充電機能付き】iPhone X/XS / iPhone XS MAX/iPhone XR/iPhone 8 / 8 Plus &iPadなどの機種適用

posted with カエレバ

Nimaso

Amazon

楽天市場

[

](https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B079L5RWTJ/gadgetkaden-22/)

TYPE-C to Light Cable PD(Power Delivery)対応 ケーブル USB-C & Light Sync ケーブル 急速充電 iphoneX/ iphone8/ iPhone 8 Plusに対応 (0.3m)

posted with カエレバ

Ariko

Amazon

楽天市場

 今後購入するアクセサリーはUSB-Cタイプになってゆくかと思います。新型iPad ProもUSB-C採用になりましたし、来年のiPhoneもそうなるかもしれません。各メーカーもUSB-Cモデルをどんどん開発するでしょう。もう少ししたらワイヤレスデータ転送になって行くのでしょうか?その前にAppleはワイヤレス充電をなんとかして欲しいです。Air Padはどうしたのだ?

このページは新型MacBook Air 2018 Retina に必要なUSBハブを検討します。の記事を引用しています



まもなく発表。iPhone 11 Pro(仮)に期待したいスペックまとめ

[img]Apple Hub(twitter) 毎年恒例のApple新製品ラッシュの時期がやってきました。Appleは9月10日にイベントを開催することをすでに告知済み。新型Apple Watchや新型iPadなどが発表されると期待されていますが、やはり注目すべきは新型iPhoneだと思います。

昨年と同様、今年も3つの新型iPhoneが発表されると予測されています。噂では新型iPhoneの名称は、iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxになるとされています。その中でも注目度が高いのは、新たにProの名を冠するiPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Max。

発表直前ですが、iPhone 11 Pro/iPhone 11 Proに搭載されていてほしいデザインやスペックをこの記事ではまとめたいと思います。 トリプルレンズカメラに注目。

一応だいたいのスペックはリークしているので簡単におさらい。

▲iPhone初のRAM6GB+iOS13の組み合わせでよりサクサク動くかも。

特に注目すべきはiPhone初となるトリプルレンズカメラの搭載。超広角レンズを搭載するとされているので、より撮影のバリエーションが増えると期待しています。

またカメラセンサーが増えるだけではなく、水中での撮影が可能になったり、夜の撮影に強くなるナイトモード。さらにはスローモション撮影など、新機能が充実しているとされています。

あとは、バッテリーが大型化し、Face IDも改善されるとしています。そして意外なのが、Apple Pencilに対応するとされています。もしかしたら、iPhone専用のApple Pencilも新アクセサリーとして一緒に発表されるかもしれません。 グラデーションカラーに期待したい。

iPhoneといえば、お馴染みのゴールド/シルバー/スペースグレーの3色。一時期はローズゴールドが追加されましたが、基本はこの3色です。iPhone 11 Proにおいてもこの3色は確定的だとされていますが、今年はグラデーションカラーがラインナップされるかもしれません。

なんでも、先日発売を開始したGalaxy Note10/Galaxy Note10+のAura Glowのようなカラーになるとされています。

▲光の反射によって、様々な色合いに変化する。レインボーカラーと言った方がイメージしやすい。

ただ、Aura Glowよりはもっと淡い色合いになるとされています。お馴染みの3色や、プロダクトレッドも十分に魅力的ですが、AndroidではトレンドでもあるグラデーションカラーをぜひiPhoneで見てみたいと期待してしまいます。

フロストガラスに期待したい。 iPhone X。そしてiPhone 8/iPhone 8 Plusでは、ワイヤレス充電に対応するため、iPhone 4s以来となるバックパネルにガラスが採用されました。ガラスはガラスでいいんですけど、他の多くのAndroid機種がガラスを採用していることから、何か新鮮味がないんですよね。

でもある噂によると、iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxでは、マット仕上げになるやら、フロストガラスが採用になるなど、同じガラスでも質感が大きく変更されると予測されています。マット仕上げも興味がありますが、何より興味があるのがフロストガラスです。

▲フロストガラスといえば、懐かしのXperia Z5が有名。ざらざらした手触りが特徴。

フロストガラスを採用することで、耐久性の向上はもちろん、持った時に滑りにくく、さらに指紋がつきにくい。Appleは次期iPhoneで、より割れにくく、さらに滑りにくくなるように開発を進めてきたとされているので、まさにフロストガラスはぴったりです。

AppleがiPhoneにフロストガラスを採用した場合、どんな感じに仕上がるのか非常に期待しています。

Dual SIMの強化に期待したい。

Appleは先を見据えてeSIMを強化していますが、中国市場向けのiPhone XR/iPhone XS Maxは、初のDual SIMに対応しました。海外で発売されているAndroidではお馴染みの機能です。

特に通信環境が安定しない中国では Dual SIM機能は必須です。Appleは中国でのシェアを少しでも拡大したいからこそ、中国市場限定でDual SIMモデルを発売したんだと思います。

念願叶ったDual SIMですが、iPhoneが対応したのは、片方のSIMで4G接続している場合、片方のSIMでは3G接続しかできないDSDSです。2枚のSIM同時で4Gに接続かつ、通信が可能なDSDVに対応していないのが残念で仕方ありません。

↑SIMトレイの形状はSingle SIMモデルとほぼ一緒だが、表裏でSIMをセットすることができる。

DSDSに対応している機種は、主にエントリーモデルやミドルレンジモデルが中心になっており、ハイエンドモデルの多くはDSDVに対応してきています。ハイエンドモデルであるiPhoneだからこそ、ぜひiPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxでは、DSDVに対応して欲しいと期待しています。 USB-Cの採用に期待したい。

2018年に発売されたiPad ProはiOS製品としては初めてUSB-Cが採用されました。USB-Cを採用することで、外部出力が強化されたり、MacBookなどとより連携しやすくなったりと、様々なメリットがありますが、個人的にもっとも恩恵を受けたのが充電速度の高速化。

Lightningを採用している2世代目のiPad ProとUSB-Cを採用した3世代目のiPad Proでは、まるで充電速度が異なります。iPhoneも最大18Wの充電に対応しているとはいえ、USB-Cを採用しているiPad Proと比較するとすごく遅く感じてしまいます。

iPhoneでUSB-Cが採用されれば、充電速度の高速化に加え、iPhone/iPad/MacBookと充電コードを共通で使えるので手荷物も減り楽ですよね。よりApple製品で連携しすくなります。

ただ残念なことにiPhone 11 Prでは引き続きLightningが採用されると予測されています。でもまだ発表されるまでは諦めていません。ぜひともiPhoneにUSB-Cが採用されることを期待したいです。

スペックについてはちょっとマニアックな感じになりましたが、今回はiPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxで採用して欲しい、デザインやスペックについてまとめてみました。噂がある以上、実現する可能性は十分にあります。

9月10日の正式発表で、噂がどれだけ当たっているのか、今から答え合わせが楽しみです。



【20%OFF】PD対応USB-C急速充電器「Anker PowerPort III mini 30W」がタイムセール中

Amazonのタイムセールで、「Anker PowerPort III mini」が20%OFFで販売されています。

この充電器の主な次のとおり:

  • USB-C Power Delivery (PD)対応
  • 30Wの高出力
  • PowerIQ 3.0
  • コンパクト設計
  • 携帯しやすい折り畳み式プラグ
  • 18ヶ月の長期保証

Power Delivery対応で、iPhone XS Maxの場合で純正アダプタの2.5倍、iPad Pro 11inchの場合は1.5倍の速度で充電できます。

iPhoneは別途が(USB-C to Lightningケーブル)が必要。

一般的な30W出力の充電器より約30%の小型化を実現しているとのこと。

iPhone・iPadから12インチMacBookまで、幅広いデバイスの充電に利用できます。

通常の直販価格は2,999円ですが、本日9月9日19時50分頃まで150個限定で、20%OFFの2,399円で販売中です(税・送料込)。

Anker PowerPort III mini (PD対応 30W USB-C 急速充電器)【PSE認証済/PowerIQ 3.0搭載 / Power Delivery …

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル【Apple MFi認証取得 / Power Delivery 対応 / 急速充…


©2017 “Touch Lab - タッチ ラボ”.



【新製品】PD対応最薄・窒化ガリウム採用の充電器「Anker PowerPort Atom III Slim 30W」が発売

Ankerが、USB-C対応充電器の新製品「Anker PowerPort Atom III Slim」を発売。

それを記念して、先着2,000個限定で10%のポイントが付くキャンペーンを開催しています。

この充電器の主な次のとおり:

  • USB-C Power Delivery (PD)対応
  • 窒化ガリウム(GaN)採用
  • PD対応で世界最薄
  • 30Wの高出力
  • 携帯しやすい折り畳み式プラグ
  • 18ヶ月の長期保証

効率が一般的な半導体素材であるシリコン(Si)の約1,000倍とされる窒化ガリウム(GaN)を採用し、小型化に成功。

Power Delivery対応で、iPhone XSの場合で純正アダプタの2.5倍、iPad Pro 11inchの場合は1.5倍の速度で充電できます。

iPhoneは別途が(USB-C to Lightningケーブル)が必要。

iPhone・iPadから12インチMacBookまで、幅広いデバイスの充電に利用できます。

スリム設計、折りたたみ式のプラグで、外出等でも邪魔になりません。

Amazonでの直販価格は2,599円(税・送料込)と思いの外リーズナブルな設定です(発売記念で先着2,000個に限り10%ポイント付与)

充電のストレス軽減に、持っておいて損はないかもしれません。

【リンク】Anker PowerPort Atom III Slim


©2017 “Touch Lab - タッチ ラボ”.



【25%OFF】窒化ガリウム採用USB-C急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」がタイムセール中

アマゾンのタイムセールで、USB急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」のブラックが25%OFFで販売されています。

充電器業界で今年注目を集める新技術「GaN (窒化ガリウム)」を採用したアンカー初の製品で、主な特徴は次のとおり:

  • 新素材GaN半導体を採用
  • USB-C PowerDelivery対応
  • 30Wの高出力
  • ゴルフボールほどの超コンパクトサイズ
  • 18ヶ月の長期保証

電子の導通性が高い窒化ガリウム(GaN)は、効率が一般的な半導体素材であるシリコン(Si)の約1,000倍とされています。

そのため発熱が少なく、製品のサイズを小型化することが可能になります。

USB-C PDに対応し、最大30Wの高出力で急速充電。

iPhone XSの場合で、30分間で約50%まで充電できるとのこと(USB-C to Lightningケーブルが必要)。

もちろん、iPhoneだけではなくiPad ProやUSB-C対応のMacBookの充電も可能。

サイズはゴルフボールほどで、このクラスの出力を備えたACアダプターとしては驚くほど小型です。

iPhoneやiPadに付属している充電器は出力が低いため、最速で充電することができませんが、この「PowerPort Atom PD 1」で大幅に時間を短縮できます。

USB-C対応製品であれば、幅広いデバイスに対応しています。

MacBookとiPhone、iPad ProとiPhone等の組み合わせで出かける時は、これひとつで充電がカバーでき荷物を減らすことができます。

プラグは折り畳みでないため、なんらかの保護が必要になりそうですが。

窒化ガリウムという新しい技術のためやや高めな気もしますが、現時点で最高のものを手にしたいというには、外せない製品ではないでしょうか。

通常の直販価格は3,499円ですが、本日8月25日23時45分頃まで数量限定で25%OFFの2,639円で販売中です(税・送料込)。

Anker PowerPort Atom PD 1(PD対応 30W USB-C急速充電器)【GaN (窒化ガリウム) 採用/Power Delivery対応/超…

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル【Apple MFi認証取得 / 超高耐久】 iPhone XS / XS Max…


©2017 “Touch Lab - タッチ ラボ”.



【27%OFF】窒化ガリウム採用USB-C急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」がタイムセール中

アマゾンのタイムセールで、USB急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」が27%OFFで販売されています。

値下げセールがよく行われている製品ですが、おそらく今回が過去最安値と思われます(当サイト調べ)。

充電器業界で今年注目を集める新技術「GaN (窒化ガリウム)」を採用したアンカー初の製品で、主な特徴は次のとおり:

  • 新素材GaN半導体を採用
  • USB-C PowerDelivery対応
  • 30Wの高出力
  • ゴルフボールほどの超コンパクトサイズ
  • 18ヶ月の長期保証

電子の導通性が高い窒化ガリウム(GaN)は、効率が一般的な半導体素材であるシリコン(Si)の約1,000倍とされています。

そのため発熱が少なく、製品のサイズを小型化することが可能になります。

USB-C PDに対応し、最大30Wの高出力で急速充電。

iPhone XSの場合で、30分間で約50%まで充電できるとのこと(USB-C to Lightningケーブルが必要)。

もちろん、iPhoneだけではなくiPad ProやUSB-C対応のMacBookの充電も可能。

サイズはゴルフボールほどで、このクラスの出力を備えたACアダプターとしては驚くほど小型です。

iPhoneやiPadに付属している充電器は出力が低いため、最速で充電することができませんが、この「PowerPort Atom PD 1」で大幅に時間を短縮できます。

USB-C対応製品であれば、幅広いデバイスに対応しています。

MacBookとiPhone、iPad ProとiPhone等の組み合わせで出かける時は、これひとつで充電がカバーでき荷物を減らすことができます。

プラグは折り畳みでないため、なんらかの保護が必要になりそうですが。

窒化ガリウムという新しい技術のためやや高めな気もしますが、現時点で最高のものを手にしたいというには、外せない製品ではないでしょうか。

通常の直販価格は3,499円ですが、本日8月12日21時15分頃まで数量限定で27%OFFの2,549円で販売中です(税・送料込)。

Anker PowerPort Atom PD 1(PD対応 30W USB-C急速充電器)【GaN (窒化ガリウム) 採用/Power Delivery対応/超…

Anker PowerPort Atom PD 1(PD対応 30W USB-C急速充電器)【GaN (窒化ガリウム) 採用/Power Delivery対応/超…

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル【Apple MFi認証取得 / Power Delivery 対応 / 急速充…

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル【Apple MFi認証取得 / 超高耐久】 iPhone XS / XS Max…


©2017 “Touch Lab - タッチ ラボ”.



2019年後半、Appleが発表しそうな7つの新製品


 
Appleが2019年中に発売しそうな新製品を、iDropNewsがまとめていますのでご紹介します。

次期iPhone


 
「iPhone11」とも「iPhone XI」とも噂される次期iPhoneは、例年どおり9月に発表・発売されると考えられます。
 
これまでの情報から、次期iPhoneは以下のような特徴を持ったモデルになると予測されます。
 

  • 2018年のiPhone XS/XS Max/XRの後継モデルとなる3モデル体制
  • トリプルカメラを搭載する有機EL(OLED)モデルと、デュアルカメラの液晶モデル
  • A13プロセッサ搭載
  • バッテリー容量が拡大し、双方向ワイヤレス充電に対応

 
米メディアCNETは、次期iPhoneは9月10日発表、9月20日発売が有力だろう、と予測しています。また、ソフトバンクの宮内謙社長も9月20日発売を示唆する発言をして話題となっています。

Apple Watch Series 5


 
2019年の「Apple Watch Series 5」に関する情報は、現在のところ非常に少なく、その姿は不明です。
 
例年同様、2019年も9月のスペシャルイベントで「Apple Watch Series 5」が発表されると考えられます。
 
来年以降に登場する将来のApple Watchについては、筐体がセラミック製のモデル、血糖値測定機能、ソリッドステート式のボタン、マイクロLEDディスプレイの搭載などが噂されています。

10.2インチのiPad


 
現行の9.7インチiPadの後継モデルとして、画面周囲のベゼルが細くなり画面サイズが拡大した10.2インチiPadが発売されると噂されています。
 
Appleは、iPadの新製品発表を新型iPhoneの発表イベントとは分けているため、新型iPadの発表は10月頃になると見込まれます。
 
ユーラシア経済連合(EEC)のデータベースに、次期iPadとみられる製品情報が相次いで登録されたほか、台湾メディアDigiTimesは10.2インチiPadが2019年第3四半期(7月〜9月)に発売されると報じています。
 
10.2インチiPadは、7月には生産が開始されているとの報道もあります。

16インチMacBook Pro


 
16インチMacBook Proは、現行の15インチモデルと同じボディサイズで、画面周囲のベゼルを細くすることで大画面化が図られると予測されています。
 
また、キーボードは、小さいゴミが入ると正常に動作しなくなるバタフライ式から、シザースイッチ式に変更されるとも予測されています。
 
Appleは通常、Macの新製品発表と新型iPhoneの発表時期を分けていますが、台湾メディアDigiTimesは9月に発売されると報じています

新型iPad Pro


 
2018年10月、ニューヨーク市で開催されたイベントで発表されたiPad Proは、顔認証のFace IDを採用、Lightningポートに代わってUSB Type-C(USB-C)を搭載するなど、大幅な変更が行われました。
 
今年、新型iPad Proが投入されるとしても、プロセッサやディスプレイなどの小幅なアップデートにとどまると考えられます。

HomePod 2


 
AppleのスマートスピーカーHomePodは、2017年6月の世界開発者会議(WWDC 17)で発表されて以降、アップデートが行われていませんが、現在までのところ、後継モデルについての有力情報はありません。
 
Appleは、HomePodを2019年夏に日本で販売開始することを発表しています。

Appleブランドのオーバーイヤー型ヘッドホン


 
Appleブランドのオーバーイヤー型ヘッドホンについては、著名アナリストのミンチー・クオ氏が2018年2月に予測を発表して話題となりました。
 
Bloombergも、ノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンや、高音質ヘッドホンについて報じています。
 
2019年後半に発売との噂もあるAppleブランドのヘッドホンは、2019年秋サービス開始予定のオリジナル番組配信サービスApple TV+や、ゲームの定額制遊び放題サービスApple Arcadeと同時に発表される可能性はありそうです。
 
 
Source:iDropNews
Photo:Ben Geskin/Twitter, MacRumors, CURVED
(hato)

このページは2019年後半、Appleが発表しそうな7つの新製品の記事を引用しています



世界最小の32bit 384kHz、iPhone MFi対応ペン型ポータブルDACアンプ「Spectra X」シリーズ

世界最小32bit対応iPhone、Android、PCからゲーム機まで 機種を選ばずもっと気軽に ハイレゾ・オーディオを楽しみたい! DSD 11.2MHzまで対応 スマートフォンやパソコンで聴く音楽を、もっと良い音質で、もっと手軽な方法で楽しみたい。

そんな声に応えて「Spectra」シリーズは誕生しました。Spectraは、世界最小クラスのサイズでありながら、楽曲を高性能な音質に高めるポータブルDACアンプとして、機能性、デザイン性に優れたところから2018年にグッドデザイン賞を受賞するなど、国内外で大きな評価を得ました。

その後、この「Spectra」がさらにパワーアップ。高性能なノイズフィルタや歪み軽減技術、さらなる省電力化に対応など、より深く音質と性能を追求した「Spectra X(日本国内未発売)」が誕生しました。

しかし、この「Spectra」をiPhoneやiPadで使用するためには、Apple純正の「Lightning - USBカメラアダプタ」を接続しなくてはなりませんでした。

iPhoneでもっと気軽に使える高性能DACが欲しい! 要望に応えて、現在開発中の「Spectra X2」 そんな声にお応えして、このたび「Spectra for iPhoneプロジェクト」を、GREEN FUNDINGにて実施することになりました。iPhoneやiPadに直接、接続するためには、Lightning端子を搭載する必要があります。もちろん、Apple MFi認証のもとに、従来機種を凌駕する音質を追求する必要がります。従来機種で実現していた32bit 384kHz PCMおよび11.2MHz DSDのハイレゾ・オーディオへの対応も必須です。現在、「Spectra」をiPhoneやiPadに対応させた「Spectra X2」の開発を進めています(画像は開発中のものです)。

スマホからPC、Mac、そしてゲーム機まで対応! 日本国内未発売の「Spectra X」 iPhoneやiPadではなく、Androidスマートフォン、PCやMac、あるいはゲーム専用機でハイレゾ・オーディオを楽しみたいという声もあります。そんな皆様にお応えすべく、日本国内未発売の「Spectra X (USB-C)」、「Spectra X (USB-A)」のリターンも用意しました。こちらはAndroid、Windows PC、Macはもちろん、ファームウェアのアップデートにより、Sony PlayStation 4、Nintendo Switchに対応します。

Spectraシリーズの特徴は「最大32bit/384kHzのPCM音源、11.2MHzのDSD音源をサポート」すること。高性能ヘッドホンやスピーカーはもちろん、汎用的なヘッドホンやイヤホンを使ったとしても、まるでライブで聴いているような体験をもたらしてくれます。

ハイレゾ・オーディオとは? オーディオCD(16bit/44.1kHz)を超える音質をハイレゾ・オーディオと呼びます。24bit/96kHzなどが一般的ですが、Spectra Xは、これを大きく上回るPCM音源32bit/384kHz(および、DSD音源 11.2MHz)に対応。CD音質と比較して、量子化ビット数は約6.5万倍、サンプリング周波数約8.7倍と、非常に高い解像度となります。

プリズムは、1点に入り込んだ光を虹彩に広げます。「Spectra(スペクトラ)」は、このプリズムのように、0/1の二進数に過ぎないデジタル・オーディオ・データを、まさに虹色のような広がるアナログ・オーディオ・データへと変換するオーディオ・スペクトルです。

高い品質を持つDACチップESS TechnologyのSABRE 9018Q2Cに加えて、Xtra SOUND™による歪み低減テクノロジーを組み合わせ、最高クラスにまで音質を引き上げます。さらに「Spectra X2」は、さらに上位クラスのチップESS TechnologyのSABRE 9118Q2Cを搭載しています。

たとえば、MacBook ProやiMacの内蔵出力の対応は最大96kHzまで。しかし、「Spectra X2(およびSpectra X)」は最大 2 ch 32bit /384kHzに対応しています(画面はSpectra XをMacに接続した際の表示です)。

豊かなダイナミックレンジと、歪みを感じさせない正確性の高いアナログ変換により、楽曲や音声をクリアかつパワフルなサウンドで聴くことができます。

iPhoneやiPadユーザが、自宅やオフィス、ミュージック・スタジオはもちろん、外出先でも気軽にハイレゾを楽しむために現在、開発を進めているApple MFi認証Lightning端子を搭載した最新の「Spectra」シリーズとなります。従来の「Spectra」ではLightning変換アダプタを必要としていたため、持ち運びもしづらく見た目も美しいとは言えないものでした。

ユーザの皆さまからのリクエストにお応えして、このたび、「Spectra X2」のプロジェクトが開始されます。安心のApple MFi認証のもと、最新のDACチップ「ESS SABRE 9118Q2C」を搭載し、さらなる省電力化の実現を目指しています 一般的なWindows PCやデスクトップ型のMacが持つUSB-Aポート、そしてMacやAndroidデバイスがサポートするUSB-Cポートの2種類を用意していますので、現在、市場に流通している大半の機器での利用が可能です。

「Spectra X」は、スマートフォンやMac、PCだけでなくSony PlayStation 4やNintendo Switchにも対応しました。アップサンプリング技術により、通常のサウンドが高音質なオーディオに変換されます。

※PlayStation 4、Nintendo Switchでの使用にはファームウェア・アップデート(要PC or Mac)での対応を予定しています。

「Spectra X2(およびSpectra X)」は手のひらに収まるポータブル・サイズ。その本体部分は、iPhone XS(143.6mm)の本体と比較して65%、Apple Pencil(175.7mm)の53.5%のウルトラ・ポータブル・サイズです。どこにでも持ち運ぶことができます。

「Spectra X2(およびSpectra X)」は、従来のSpectraと同じ大きさを維持しながら、最新の技術を結集することで、大きく進化しています。

Spectra Spectra X Spectra X2 DAC CHIP ESS Sabre 9018Q2C ESS Sabre 9118Q2C 対応音源 PCM音源32bit / 384kHz DSD音源 11.2MHz 独自音響技術 なし Xtra Sound™ 歪み低減技術 ノイズフィルタ なし 強化型マルチステージ ノイズフィルタ 低消費電力対応 なし 省電力化向上 「Spectra X2(およびSpectra X)」は、3.5mmオーディオミニプラグを持つすべてのヘッドホン、イヤホンに対応しています。ふだん使っている愛用のヘッドホンが、まるで別モノのように感じるかもしれません。

最近はワイヤレスイヤホンばかりというかた、過去に使っていたIE800やShure 846ワイアード、 535などといった高性能な3.5mmヘッドホンをお持ちのかたはいませんか。引き出しのなかに眠っているヘッドホンを、現在のスマホに接続し、ハイレゾ音源やNetflixを高解像度で再生してみませんか? 極上の音質に浸ることができるはずです。

「Spectra X」はVGPアワード 2019 SUMMERの「ライフスタイル分科会 DAC/DDC部門受賞」を受賞しました。「VGP」は、国内最大級を誇るオーディオビジュアル機器の総合アワードです。スタートは1987年と30年以上の長い歴史を持ち、プロの評論家や全国の有力販売店が参加しています。

「Spectra X2(およびSpectra X)」には専用ポーチが付属しています。バッグのなかでも本体に傷がつかないように厚手の不織布を用いた肌触りの良いポーチとなっています(デザインは仮のものです)。

Spectra X(2)はハイレゾ普及の起爆剤 このDAC、こんなに小さい(ペン型だ!)のに実に音が良い。私がプロデュースしたUAレコードの代表作、情家みえ『You Don’t Know Me』が、ここまでハイクオリティに、そして情緒たっぷりに再生されるとは。DXD32bit/384kHz、DSD11.2MHzというウルトラハイレゾまで再生できるのが、本DACの技術的なウリだが、単に信号的に再生するだけでなく、音の気持ちも込めた感情表現力が豊かだと聴いた。DSD11.2MHzは空気感が濃密で、声が消えゆく際のニュアンスが微細。音色のグラテーションもカラフルだ。アナログ的な音の繊細さ、力感ある階調感と、芳しい香りのニュアンスが心に染みた。こんな格段の音の表現性と、使いやすい形から、SPECTRA X(2)はハイレゾ普及の起爆剤に必ずやなる、と確信する。

オーディオ・ビジュアル評論家 麻倉怜士 雑誌編集者を経てAV評論家に転身。オーディオからビジュアル、最新のデジカメや携帯電話のようなデジタル・ガジェットまでオールマイティな範囲をカバー。雑誌への寄稿、書籍執筆、テレビ出演など活動の幅も多岐に。津田塾大学・早稲田大学エクステンションセンター講師(音楽)。

高音から低音まで、色を付けることなくバランスよく鳴らしてくれる。

音の密度が丁寧に増している、そう感じました。スタジオで録ったばかりの何も手をいれていない音源をこれ(Spectra X)で聴いてみると、その実力に驚きました。高音から低音まで、色を付けることなくバランスよく鳴らしてくれる。コンパクトサイズで、接続するだけにも関わらず、安定した音を鳴らしてくれるスペックには驚きです。

ミュージシャン SENOKEN (妹尾 研祐) 1993年に東芝EMI TMファクトリーから松尾 宗仁(ex.ZIGGY)とのユニットZNXのボーカリストとしてメジャーデビュー。現在はソロ活動をメインにBAD APPLESのボーカリストとしても活躍中。SENOKEN名義での活動として、フルーティスト笠置陽子とのコラボ楽曲、ライブも年内に予定されている。

特に高域の伸びはサンプリングレート384kHz対応というのが理解できる細やかさ、華やかさを感じます。

作編曲家という職業柄、日常的にハイレゾ音源を聴く環境があり、いわゆる「良い音」と呼ばれるものを普段から聞いています。しかし、想像を超えた音質でした。普段から30万越えのオーディオ・インターフェースを使用しているのですがそれと比べても遜色なくレンジが広く、解像度も高いのです。特に高域の伸びはサンプリングレート384kHz対応というのが理解できる細やかさ、華やかさを感じます。ノートPCでエディット作業をやることも多いので、このコンパクトな筐体は気軽に最適なモニタリングができるので重宝しそうだと思いました。

作編曲家 田辺恵二 1991年 Charaのデビューアルバムのシンセプログラマーとして参加、その後もゴスペラーズや及川光博などのアレンジ、楽曲提供など担当。現在はアレンジャー、コンポーザー、プロデューサーとして精力的に活動中。2002、2006年 日本レコード大賞金賞を編曲家として受賞。

製品仕様 Audio DAC/AMP ESS Sabre 9118Q2C (Spectra X2) ESS Sabre 9018Q2C (Spectra X) ダイナミックレンジ +121dB DNR -110dB THD +N: 2Vrms @ 600Ω load 最大出力 2Vrms@600Ω / 49mW@32Ω 対応音源 PCM音源32bit / 384kHz DSD音源 11.2MHz 対応デバイス Lightning:Lightningポートを持つiPhone、iPad USB-A:USB-Aポートを持つPC、Mac、Sony Playstation4※1 USB-C:USB-Cポートを持つPC、Mac、Androidデバイス、Nintendo Switch※1 ※1:Sony PlayStation4、Nintendo Switchはファームウェアのアップデートで対応。

本体サイズ 89(H) x 11.2(W) x 11.2(D) mm 重量 17g よくある質問 Q. 3.5mm 4極のバランスケーブルでの使用はできますか? A. 4極のバランス接続ケーブルは対応しておりません。

Q. Spectra X2、Spectra Xのイヤホン規格はCTIAですか? A. はい。CTIAです。OMTPのイヤホンを使用する場合、変換アダプタが必要になります。

Maktarについて Maktar(マクター)は、2014年に台湾で創業したスマートフォン向けグッズを開発、デザインするホームエレクトロニクス企業です。世界的に有名な企業やブランドとのコラボレーションにより、ソフトウェアとハードウェアの総合的なソリューションを提供しています。Maktarのテーマは「ハイテク機器が苦手な人にも簡単に使える」こと。常に、ライトユーザの視点で製品を開発するために情熱を注いでいます。本製品はMaktar社とNEXTDRIVE社が共同開発している製品です。

起案者について FOCAL GADGETは、iPhone、iPad、コンピュータ関連アクセサリの輸入商社として30年以上の歴史を持つフォーカルポイント株式会社が運営するクラウドファンディング・プロジェクトです。世界に数多くあるデジタル・ガジェット、PCやMac関連のアクセサリ、周辺機器のなかでも、とくに魅力に溢れ、私たちの暮らしをより豊かにするものを探し出し日本市場に発信することで、社会に貢献することを目指しています。

*1 世界最小は、アップルMFi認証 Lightning端子を持つ32bit/384kHzおよび11.2MHz DSD対応DAC、製品として(2019年7月4日現在、弊社調べ)。



【15%OFF】窒化ガリウム採用USB-C急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」がタイムセール中

アマゾンのタイムセールで、USB急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」が15%OFFで販売されています。

2019年の充電器業界(?)におけるバズワードである「GaN (窒化ガリウム)」を採用した同社初の製品で、主な特徴は次のとおり:

  • 新素材GaN半導体を採用
  • USB-C PowerDelivery対応
  • 30Wの高出力
  • ゴルフボールほどの超コンパクトサイズ
  • 18ヶ月の長期保証

電子の導通性が高い窒化ガリウム(GaN)は、効率が一般的な半導体素材であるシリコン(Si)の約1,000倍とされています。

そのため発熱が少なく、製品のサイズを小型化することが可能になります。

USB-C PDに対応し、最大30Wの高出力で急速充電。

iPhone XSの場合で、30分間で約50%まで充電できるとのこと(USB-C to Lightningケーブルが必要)。

もちろん、iPhoneだけではなくiPad ProやUSB-C対応のMacBookの充電も可能。

サイズはゴルフボールほどで、このクラスの出力を備えたACアダプターとしては驚くほど小型です。

iPhoneやiPadに付属している充電器は出力が低いため、最速で充電することができませんが、この「PowerPort Atom PD 1」で大幅に時間を短縮できます。

USB-C対応製品であれば、幅広いデバイスに対応しています。

MacBookとiPhone、iPad ProとiPhone等の組み合わせで出かける時は、これひとつで充電がカバーでき荷物を減らすことができます。

プラグは折り畳みでないため、なんらかの保護が必要になりそうですが。

窒化ガリウムという新しい技術のためやや高めな気もしますが、現時点で最高のものを手にしたいというには、外せない製品ではないでしょうか。

通常の直販価格は3,499円ですが、本日7月27日23時頃まで200個限定で15%OFFの2,974円で販売中です(税・送料込)。

Anker PowerPort Atom PD 1(PD対応 30W USB-C急速充電器)【GaN (窒化ガリウム) 採用/Power Delivery対応/超…

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル【Apple MFi認証取得 / Power Delivery 対応 / 急速充…


©2017 “Touch Lab - タッチ ラボ”.



【新色】窒化ガリウム採用USB-C急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」にブラックが追加

Anker(アンカー)が、USB急速充電器「PowerPort Atom PD 1」の新色を発売。

新色の追加を記念して20%OFFのセールを開催しています(終了しました)。

2019年の充電器業界(?)におけるバズワードである「GaN (窒化ガリウム)」を採用した製品で

主な特徴は次のとおり:

  • 新素材GaN半導体を採用
  • USB-C PowerDelivery対応
  • 30Wの高出力
  • ゴルフボールほどの超コンパクトサイズ
  • 18ヶ月の長期保証

電子の導通性が高い窒化ガリウム(GaN)は、効率が一般的な半導体素材であるシリコン(Si)の約1,000倍とされています。

そのため発熱が少なく、製品のサイズを小型化することが可能になります。

USB-C PDに対応し、最大30Wの高出力で急速充電。

iPhone XSの場合で、30分間で約50%まで充電できるとのこと(USB-C to Lightningケーブルが必要)。

もちろん、iPhoneだけではなくiPad ProやUSB-C対応のMacBookの充電も可能。

サイズはゴルフボールほどで、このクラスの出力を備えたACアダプターとしては驚くほど小型です。

iPhoneやiPadに付属している充電器は出力が低いため、最速で充電することができませんが、この「PowerPort Atom PD 1」で大幅に時間を短縮できます。

USB-C対応製品であれば、幅広いデバイスに対応しています。

MacBookとiPhone、iPad ProとiPhone等の組み合わせで出かける時は、これひとつで充電がカバーでき荷物を減らすことができます。

プラグは折り畳みでないため、なんらかの保護が必要になりそうですが。

価格は、Amazonの直販で3,499円となっています(税・送料込)。

[

Anker PowerPort Atom PD 1(PD対応 30W USB-C急速充電器)【GaN (窒化ガリウム) 採用/Power Delivery対応/超…

3,499円(07/23 20:33時点)

Amazon

](https://amzn.to/2JXRaQu)

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル【Apple MFi認証取得 / 超高耐久】 iPhone XS / XS Max…

1,599円(07/23 20:33時点)

Amazon楽天市場Yahoo

Amazonの情報を掲載しています


©2017 “Touch Lab - タッチ ラボ”.

Share