Flashインストーラーを装ったマルウェア、macOSで感染広がる


 
脆弱性を原因として多くのブラウザがサポートを行わなくなった結果、今では“過去の遺物”となりつつあるAdobe Flash Player(以下Flash)ですが、このところFlashインストーラーを装ったマルウェアがmacOSで確認されているようです。

動画を再生しようとすると…

セキュリティ企業Kasperskyは先日、macOSユーザーが感染しやすいマルウェアのトップ10を発表しました。1位は「Shlayer」と呼ばれるトロイの木馬で、無害なインストーラーを装って、ターゲットのコンピュータを感染に至らしめます。
 
Kasperskyによると、決して高度な仕掛けではないのにもかかわらず、同社が監視しているMacのうち10%以上がShlayerの攻撃に遭ってきたそうです。
 
一体なぜ引っかかってしまうのか――。被害に遭うパターンとしては、検索サイトやYouTube、時にはWikipediaから悪質なサイトにうっかりアクセスし、動画を見ようとすると最新版Flashのインストールを求められるというケースが挙げられます。
 
感染すると、今度はShlayerが他のマルウェアもインストールし始めます。その結果、Safariでの検索が監視され、他のサーチエンジンに飛ばされる、訪れたページで広告が表示されるといった被害に遭うほか、オンライン銀行のやり取り、メールのログインなど個人情報のやり取りまでもが収集されます。
 
なお、Flashインストーラーを装ったマルウェアは2018年にも話題になりました。

“本物”のFlashは消えゆく運命

ちなみに“本物”のFlashも脆弱性が問題視されており、すでに多くのブラウザがサポートを終了しています。
 
ブラウザだけでなくYouTubeでも、2015年にFlashではなくHTML5で動画が再生されるようになっており、Flashの命運はほぼ尽きたと言っても過言ではありません(Adobe自身も2020年いっぱいで開発を終了すると発表済)。
 
iOS版Safariは当初よりFlash非対応でしたし、macOS版SafariもまもなくFlashのインストールができなくなります。こうして各所で目にする機会が少なくなるにつれ、偽物のFlashインストーラーに騙されるユーザーも減っていくことを願ってやみません。
 
 
Source:Ubergizmo,Bleeping Computer,Kaspersky
(kihachi)

このページはFlashインストーラーを装ったマルウェア、macOSで感染広がるの記事を引用しています



関連コンテンツ

iOS13.4/iPadOS13.4のベータ1、開発者向けに公開!新機能を紹介

Apple、ビデオにフィルタを適用する方法を動画で紹介

Apple Japan、新しい公式サポート動画「iPhone、iPad、iPod touchでビデオにフィルタを適用する方法」を公開

Apple製品がお得に買える「認定整備済製品」7つの誤解

Macの起動音を簡単に復活させる方法

忘れ物防止タグMAMORIOがパワーアップ! 電波の強さで探し物の場所を特定

macOSのベータ版でApple Musicのリアルタイム歌詞機能を追加

Apple、開発者向けにiOS13.4/iPadOS13.4ベータ2をリリース

【噂】Appleは3月31日にイベント開催、4月3日にiPhone9発売

iPhone/iPadのSafariで使える「長押し」10の便利テクニック



iOS13.4/iPadOS13.4のベータ1、開発者向けに公開!新機能を紹介


 
Appleは現地時間2月5日、iOS13.4iPadOS13.4のベータ1を開発者向けにリリースしました。複数のデザイン変更や、新機能の追加が行われています。

iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSのベータもリリース

iOS13.4iPadOS13.4の開発者向けベータ1は、iOS13.3.1の一般ユーザー向け正式版から1週間でのリリースとなりました。
 
Appleは、macOS Catalina 10.15.4、watchOS6.2、tvOS13.4の開発者向けベータもリリースしています。

多くの新機能とデザイン変更

iOS13.4/iPadOS13.4での変更点を米メディアMacRumorsがまとめています。
 
「メール」のツールバーデザイン変更:ツールバーのゴミ箱アイコンが左に移動し、フォルダとフラグのアイコンが追加され、iOS12のデザインに戻っています。
 


 
iCloud Driveのフォルダ共有:iOS13のベータテスト中に削除され2020年春の提供が予告されていた、iCloud Driveのフォルダ共有機能が、iOS13.4で復活しています。
 

 
ミー文字ステッカーの追加:iOS13の新機能、ミー文字ステッカーに新しいポーズが追加されています。
 

 
macOS/iOS/tvOSのアプリのバンドル販売:複数OSにまたがるアプリのバンドル販売・購入が可能になります。
 
CarPlay:サードパーティ製コントローラーでの通話操作に対応しています。
 
CarKey API:自動車のロックを解除できる「CarKey」APIが追加され、NFCに対応した自動車をiPhoneやApple Watchでロック解除できるようになっています。
 
位置情報サービス:アプリが位置情報を「常に使用」する際、ユーザー認証が求められるようになっていますが、この変更の詳細は不明です。
 
iPadのキーボードショートカット:「写真」アプリでタブ間の移動、検索、アルバム作成に対応したショートカットが追加されています。フルスクリーンモードでは、写真の削除、複製、編集モードに入るためのショートカットも利用可能です。
 
Shazamのショートカット:「ショートカット」アプリに、周囲で流れている音楽を聴き取って曲名を検索できる「Shazamする」ショートカットが追加されています。
 

 
iPadOSでキー割付が変更可能に:iPadOSでキーボード接続時に、キーを押した時の動作を変更可能になっています。
 

 
iPadOSのSafariに「バックグラウンドで開く」:MacRumorsの読者から、Safariでリンクを長押しした時に「バックグラウンドで開く」メニューが追加されているとの情報が提供されています。
 

 

動画で新機能をチェック

MacRumorsは、iOS13.4ベータでの変更点をまとめた動画も公開していますので、こちらでご覧ください。
 

 
 
Source:MacRumors (1), (2), 9to5Mac
(hato)

このページはiOS13.4/iPadOS13.4のベータ1、開発者向けに公開!新機能を紹介の記事を引用しています



Apple、ビデオにフィルタを適用する方法を動画で紹介


 
Apple Japanは2月23日、公式YouTubeチャンネルでサポート動画「iPhone、iPad、iPod touchでビデオにフィルタを適用する方法」を公開しました。

iOS13やiPadOSで利用可能なビデオフィルタ

iOS13やiPadOSでは、写真編集で使うフィルタをビデオ編集でも利用することができます。フィルタは、色合いが鮮やかになる「ビビッド」、劇的な印象になる「ドラマチック」、白黒のコントラストが際立つ「ノアール」など、全10種類が用意されています。
 
フィルタを適用するには、写真Appでビデオを開き、画面右上の「編集」をタップします。
 


 
次に、画面下にある丸が3つ重なった「フィルタボタン」をタップします。
 

 
フィルタを選び、チェックマークをタップすれば完了です。
 

 
適用したフィルタは、元に戻したり別のフィルタを適用するなど、いつでも変更することができます。
 
写真Appを使えば、フィルタをかける以外にも、必要なシーンのみを切り取るトリミングやスローモーションモードで撮影したビデオをシーンごとに通常速度とスロー速度に振り分けるカスタマイズなどもできます。
 

 

 

 
 
Source:Apple/YouTube
(kotobaya)

このページはApple、ビデオにフィルタを適用する方法を動画で紹介の記事を引用しています



Apple Japan、新しい公式サポート動画「iPhone、iPad、iPod touchでビデオにフィルタを適用する方法」を公開

本日、Apple Japanが、YouTubeにてAppleサポートの新しい公式動画「iPhone、iPad、iPod touchでビデオにフィルタを適用する方法」を公開しています。

「iOS 13」や「iPadOS」で […]



Apple製品がお得に買える「認定整備済製品」7つの誤解


 
Appleは、新品同様の「認定整備済製品」を特別価格で販売しています。しかし、誤解によって認定整備済製品を避けてしまっている人がいるのも事実です。海外メディアiDropNewsが、認定整備済製品に関するよくある誤解をまとめているのでご紹介します。

お得なのに誤解も多い認定整備済製品

認定整備済製品の販売ページには、AppleのWebページで一番下にある「整備済製品&旧モデル新品」からアクセスできます。
 


 
認定整備済製品は、最新の現行モデルを含むApple製品を、手頃な価格で購入できるのが魅力です。
 
たとえば、Face IDを搭載した12.9インチiPad Pro(第3世代)の64GB・Wi-Fiモデルは新品なら111,800円ですが、認定整備済製品なら94,800円(ともに税別)と、約15%引きで購入できます
 

 
購入時には、最大24回の分割金利0%のキャンペーンも利用可能です。
 
認定整備済製品のことをよく知らない方も多いですが、以下のような誤ったイメージにより認定整備済製品を避けている方も多いと思われます。

1. 性能が悪い?

認定整備済製品として販売されている製品は、同じモデルの新品と性能をAppleが保証しています。
 
同じモデルどうしなら、新品と認定整備済製品との間に性能の差はありません。
 


 

2. 寿命が短い?

認定整備済製品は、新品のバッテリーを搭載し、iOS製品なら外装も新品に交換されていますが、製造時から交換されていない部品があるのも事実です。
 
しかし、交換されていない部品があることで製品寿命が短くなるとは限りません。Appleは出荷前に徹底的な品質チェックを行っており、部品に異常があれば交換されているため、同じ条件下で使用すれば、新品と認定整備済製品の間で寿命に大きな差はないと考えてよいでしょう。
 


 

3. 当たり外れが大きい?

Appleは認定整備済製品を販売する前に、1台ごとに徹底した動作確認を行なっており、新品と比べて「外れ」を引く可能性が高いということはありません。
 
なお、Appleではなく、販売店が独自に販売している製品は、整備の内容などが確認できないため、注意が必要です。
 


 

4. 保証がつかない?

中古品を購入すると保証期間は短いか、保証がつかないのが一般的です。
 
しかし、Appleの認定整備済製品には新品と同様に1年間の保証がついてきます。さらに、AppleCare+を購入すれば保証期間が延長され、手厚いサポートを受けることも可能です。
 


 

5. 使い古されている?

認定整備済製品は使い古された中古品だ、というのは最もよくある誤解です。
 
多くの認定整備済製品は、前のユーザーが購入後14日以内の返品期間に気が変わって返品されたか、不具合があって新品に交換されたものです。
 
そして、認定整備済製品は販売される前に、Appleによる徹底的なクリーニングと点検を受けています。販売時には、ケーブルやアダプタが同梱され、認定整備済製品専用の新品の箱に入れられます。
 


 

6. 古いデータやウイルスが潜んでいる?

認定整備済製品に、前のユーザーのデータが残っていたり、悪意あるユーザーがマルウェアを忍ばせているのではないか、と心配する方もいるかもしれません。
 
すべての認定整備済製品のハードディスクやSSDは、完全に消去されて再フォーマットされており、その心配はありません。
 
また、新品として販売されたときにストレージに問題があった認定整備済製品には、新品のストレージが装着されています。
 


 

7. お得感がない?

もしも、認定整備済製品の購入にここまで挙げた以外のリスクが伴うとしても、割安で購入できることのメリットで相殺できるのではないでしょうか。
 
現実には、新品同様のクオリティの製品をお得に買えるだけで、デメリットはないと考えてよいでしょう。
 

認定整備済製品を買う上での注意点は?

認定整備済製品の購入時に注意すべき点は、すぐに在庫がなくなってしまうことです。
 
希望するモデルが入荷したと思ったら、在庫切れになってしまうまでの時間が短いので、最新の情報を入手するのがポイントとなります。
 
設定した条件の製品が入荷したらメールで知らせてくれる「Refurb-Tracker.com」などを活用するのがよいでしょう。
 


 
なお、iPhoneの認定整備済製品はアメリカなどでは人気がありますが、これまでのところ、日本では販売されていません。
 
 
Source:iDropNews, Apple
Photo:iFixit
(hato)

このページはApple製品がお得に買える「認定整備済製品」7つの誤解の記事を引用しています



Macの起動音を簡単に復活させる方法


 
2016年以降のMacでは鳴らなくなってしまった、「ジャーン」という起動音を簡単に復活させる方法が発見されました。

2016年のMacBook Pro以降で消えた起動音

Macの電源を入れた時の特徴的な起動音は、多くのMacユーザーに親しまれていましたが、2016年に発売されたMacBook Pro以降のモデルでは、起動音が鳴らなくなってしまいました
 
しかし、macOS CatalinaでMacの起動音を復活させる方法をTwitterユーザーの「 @chaysegr 」氏が発見し、MacBook Proから起動音が鳴っている様子の動画を投稿しています。
 

STARTUP SOUND pic.twitter.com/RP2YIkAKOO

— cooldude chaysegr (@chaysegr) February 21, 2020

 

「ターミナル」アプリにコマンドをコピペするだけ

Macで起動音を鳴らすには、「ターミナル」アプリに、以下のコマンドをペーストし、要求されたらパスワードを入力するだけです。
 

sudo nvram StartupMute=%00

 
Macをシステム終了もしくは再起動すると、起動時に懐かしいサウンドが鳴り響きます。
 
起動音が不要になったら、「ターミナル」で以下のコマンドをペーストすれば元に戻ることを「 @TempAccountNull 」氏が発見しています。
 

sudo nvram StartupMute=%01

After looking around, I found it. It’s Hidden.

sudo nvram StartupMute=%00 =00% # On | # %01 Off

— Nick boi

(@TempAccountNull) February 21, 2020

 
米メディア9to5Macの記者マイケル・ポタック氏も「複数台のMacで動作を確認できた」とコメントしており、筆者が使用している2017年モデルのMacBook Proでも、起動音のオン・オフが確認できました。

Macの起動音はビートルズにインスパイアされた

Macの起動音を作り出したのは、Appleにサウンドデザイナーとして勤務していたジム・リークス氏です。
 
リークス氏は、Macの起動音を作るヒントになったのは、ビートルズの楽曲「A Day in the Life」だったと語っています。こちらの動画の4分20秒あたりで聴くことができます。
 

 
リークス氏は、Macの起動音や通知音のほか、キヤノンAE-1のシャッター音を加工して、iPhoneのシャッター音を作った人物でもあります。
 
 
Source:9to5Mac
(hato)

このページはMacの起動音を簡単に復活させる方法の記事を引用しています



忘れ物防止タグMAMORIOがパワーアップ! 電波の強さで探し物の場所を特定


 
忘れ物防止タグを提供するMAMORIOは2月19日、iOS版MAMORIOアプリにおける紛失検知エンジンの大幅アップデートを行いました。
 
新機能として、MAMORIOが発する電波をリアルタイムに受信し、レベルメーター表示で探し物の場所を特定する「持ち物チェック」を利用できるようになります。

レベルメータに表示される電波の強さで探し物を特定

2月19日より配信を開始したiOS版MAMORIOアプリver 4.0.0は、従来バージョン(ver3.13.0)と比較して消費電力が最大90%低減したほか、位置情報精度が最大300%向上しています。
 


 
さらに、新機能として、MAMORIOが発信している電波をリアルタイムで受信し、探し物が近くにあるかを確認できる「持ち物チェック」がリリースされました。アプリトップ画面には新たにレベルメーターが表示され、探し物の場所に近づくと反応が強くなります。
 

 
MAMORIOは、以前にAR技術を用いたトラッキング機能「カメラで探す」をリリースしており、同機能と組み合わせることで探し物をより早く見つけることが可能になります。
 

 

 
 
Source:MAMORIO
(kotobaya)



macOSのベータ版でApple Musicのリアルタイム歌詞機能を追加


 
Apple Musicでは歌詞をリアルタイムに表示する機能がiOS版で実装されています。歌詞が楽曲の再生と同時に流れるように表示され、また歌詞をクリックすることでその部分が再生されるなど、使い勝手の良い機能として評価されています。この機能がmacOS10.15.4からMacでも使えるようになるようです。

ベータ版に搭載

Appleは現在、mmacOSの次期バージョン「macOS10.15.4」の公開を前に開発者などに向けてベータ版を提供して不具合の除去などを行っています。そして先日公開されたmacOS10.15.14 beta2からMac版Apple Musicにリアルタイム歌詞機能が追加されているのが確認されました。
 


 
前述のようにこの機能はすでにiOS版のApple Musicに実装されており、その便利さが評価されています。この便利な機能がMac版でも使えるようになれば、Apple Musicがさらに便利な音楽配信サービスになることは間違いありません。
 
先日、Apple Musicのアルバム表示に「その他のバージョン」の提示が追加され、Apple Music内で新たな楽曲、新たなアルバムに出会える機会が増えました。今回のリアルタイム歌詞機能のMacへの対応を含めてApple Musicの改善は日々行われているということでしょう。
 

 
Apple Musicはすでに多くのユーザーを獲得していますが、世界的に見ればまだまだ競合するSpotifyを追いかける立場であることに変わりはありません。このような小さな改善を積み重ねていくことで、より使い勝手のいい音楽配信サービスとして多くの契約者を集めるサービスへと成長していくことを目指していると考えられます。
 
 
Source:9to5Mac
(KAZ)

このページはmacOSのベータ版でApple Musicのリアルタイム歌詞機能を追加の記事を引用しています



Apple、開発者向けにiOS13.4/iPadOS13.4ベータ2をリリース


 
Appleは現地時間2月19日、開発者向けにiOS13.4/iPadOS13.4ベータ2を公開しました。

前回のベータ1から2週間でのリリース

複数のデザイン変更や新機能の追加が行われているiOS13.4/iPadOS13.4は、開発者向けベータ1から2週間でのベータ2リリースとなりました。
 
iOS13.4/iPadOS13.4では、「メール」のツールバーデザインが変更されたほか、iCloud Driveのフォルダ共有機能、9種類の新しいミー文字ステッカー、CarKey API、Shazamのショートカットなどが追加されています。
 
iPadOS13.4のみの新機能および変更としては、「写真」アプリでのキーボードショートカットの追加、Safariでリンクを長押しした時の「バックグラウンドで開く」メニューの追加のほか、キーボード接続時のキー割付が変更可能になったことなどが現時点で判明しています。
 
さらにこれはiOS13.4/iPadOS13.4だけではなく、macOS 10.15.4、tvOS13.4に共通しますが、複数OSにまたがるアプリのバンドル販売・購入が可能になっています。
 
なお現在公開されている正規版の最新バージョンは、1月末にリリースされたiOS13.3.1/iPadOS13.3.1です。

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

このページはApple、開発者向けにiOS13.4/iPadOS13.4ベータ2をリリースの記事を引用しています



【噂】Appleは3月31日にイベント開催、4月3日にiPhone9発売


 
Appleが3月にスペシャルイベントを開催し、iPhone SE 2iPhone9)を発表するとの噂は以前から飛び交っていますが、ドイツのiPhone情報サイトが新たな情報を伝えています。

3月31日(火)にイベント開催か

iPhone-Tickerが関係者から入手した情報によれば、Appleは3月末にイベント開催を予定しているとのことです。同メディアはその情報などからイベント開催日を3月31日(火)と推定、iPhone SE 2(iPhone9)の発売日を4月3日(金)と予測しています。
 
Appleはここ数年、2017年を除き毎年3月にイベントを開催、新製品を発表しています。2018年のイベントは火曜日に行われましたが、2015年、2016年、2019年のイベントが催されたのは月曜日でした。

数多くの新製品発表が期待される3月のイベント

iPhone-Tickerの報道どおり3月31日にイベントが開かれ、iPhone9が4月3日に発売されるとすると、iOS13.4も同じ週(3月29日〜4月4日)にリリースされる可能性が高くなります(米メディア9to5Macは4月1日と予測)。iOS13.4では、iCloud Driveのフォルダ共有機能や新しいミー文字ステッカー、CarKey APIなどが追加される見通しです。
 
3月のイベントでは(まだ開催は発表されていませんが)、iPhone9以外にもいくつかの新製品が発表されると期待されています。13.3インチMacBook Pro(MacBook Airとの予測も)、(PRODUCT) RED Apple Watch Series 5、3Dセンサー搭載iPad Pro、Tileのように機能する紛失防止タグ「AirTag」、さらにアナリストのミンチー・クオ氏が言及したワイヤレス充電マットなどが発表される可能性があります。

 
 
Source:iPhone-Ticker via 9to5Mac
(lunatic)

このページは【噂】Appleは3月31日にイベント開催、4月3日にiPhone9発売の記事を引用しています



iPhone/iPadのSafariで使える「長押し」10の便利テクニック


 
iPhoneやiPadの標準ブラウザ、Safariを「長押し」操作で便利に使えるテクニックを、米メディアMacRumorsが動画付きでまとめているのでご紹介します。

iOS13/iPadOSのSafariで使えるSafari

iPhoneやiPadの標準ブラウザであるSafariには、「長押し」することで呼び出せるメニューや操作方法が隠されており、使いこなすとiPhoneやiPadでのブラウジングがさらに快適になります。
 
なお、「長押し」の長さは「設定」アプリの「アクセシビリティ」メニューから「タッチ」>「触覚タッチ」(もしくは「3D Touchおよび触覚タッチ」)で変更可能です。

1. 複数タブを一気にブックマーク

Safariで複数のタブを開いた状態で、画面下のツールバーにあるブックマークアイコン(開いた本のマーク)を長押しすると、「○個のタブをブックマークに追加」が表示されます。
 


 
このオプションを選択すると、新規フォルダへの保存が提案されますが、既存フォルダに保存することも可能です。

2. ブックマークフォルダの内容を一括コピー

Safariでブックマークのフォルダを長押しすると表示されるメニューの「コンテンツをコピー」を選択すると、ブックマークされているWebページのURLをまとめてクリップボードにコピーして簡単に共有できます。
 


 

3. Webページを高速スクロール

画面右端に出るスクロールバーを長押しすると、スクロールバーが少し太くなり、上下へのドラッグ操作で高速スクロールが可能になります。
 


 

4. タブを一気に閉じる

Safariのタブを開きすぎて1つずつ閉じるのも大変な場合は、タブのアイコン(正方形が重なったマーク)を長押しして、すべてのタブを閉じることができます。
 
タブが並んだ状態で「完了」を長押ししても同じです。
 


 
iOS13では、一定期間経過後にSafariが自動でタブを閉じる機能も追加されています。
 
「設定」アプリから、「Safari」>「タブを閉じる」で、閉じる時期を1日後、1週間後、1カ月後から選択可能です。
 

 

5. 閉じたタブを復活させる

タブを間違って閉じてしまった場合は、タブ一覧表示で画面下部に表示される「+」マークを長押しすると、「最近閉じたタブ」の一覧から再度、タブを開くことができます。
 


 
ただし、閲覧履歴が残らないプライベートブラウジングだと、この方法は使えないのでご注意ください。

6. ブックマークフォルダ内を新規タブで開く

ブックマークフォルダを長押しすると表示されるメニューから、「新規タブで開く」を選択すると、フォルダ内のWebページを新しいタブで一気に開くことができます。
 


 

7. プレビューの表示/非表示の切り替え

Webページ内のハイパーリンクを長押しすると、Webページを開かずにページの内容をプレビューすることができ、ページのスクロールなどはできませんが、ページ内容を簡単にチェックできます。
 
URLをコピーしたいだけで、プレビューが不要なら「プレビューを非表示」をタップすると、プレビュー表示は終了します。
 


 
プレビューの非表示設定を元に戻したい場合は「タップしてプレビューを表示」をタップします。
 
プレビューは、Safariで新規タブを開くときに表示される「お気に入り」でも同様に利用と設定が可能です。
 
プレビューではその時点のページ内容が読み込まれるので、為替レート計算ページを登録しておき、プレビューから簡単に為替レートをチェックする、などの使い方も可能です。
 

 

8. 複数ウインドウを1つにまとめる(iPadOS限定)

iPadOSでは、複数開いているSafariウインドウを統合することができます。
 
タブアイコンを長押しして表示される「すべてのウインドウを結合」をタップすると、Safariが1つのウインドウにまとまります。
 


 

9. リンク先ファイルのダウンロード

iOS13で利用可能になったSafariのダウンロードマネージャーは、長押しで呼び出し可能です。
 
ハイパーリンクを長押しすると表示されるメニューから「リンク先のファイルをダウンロード」をタップすると、ファイルのダウンロードが始まります。
 


 
ダウンロード後に、Safariの画面右上に表示される下向き矢印のアイコンをタップすると、ファイルを開くことができます。
 
なお、Webページへのハイパーリンクを長押しすると、リンク先のHTMLファイルなどをダウンロードすることも可能です。

10. タブを手軽に整理する(iPadOS限定)

iPadOSでは、複数開いているタブの1つを長押しすると、「タブをタイトル順に並べ替える」「タブをWebサイト順に並べ替える」などのメニューが表示され、タブをタイトルごとやWebサイトごとに並べて整理できます。
 


 

動画はこちら

MacRumorsが公開した、4分あまりの動画「10 Long Press Tips & Tricks for Safari in iOS 13!」はこちらでご覧ください。
 

 
 
Source:MacRumors
(hato)

このページはiPhone/iPadのSafariで使える「長押し」10の便利テクニックの記事を引用しています

Share