iPhone SE 2の生産、コロナウィルスで遅延の可能性も


 
廉価版iPhoneであるiPhone SE 2もしくはiPhone9の生産が2月に開始される見込みと以前報じられましたが、中国で猛威を振るう新型コロナウイルスがデバイス生産に影響を及ぼす可能性がある、と米Bloombergが報じています。

サプライチェーンが影響を受けないとは考えにくい

AppleのiPhoneの多くは、中国・鄭州市のFoxconn生産施設と、上海市近郊のPegatron工場で組み立てが行われています。どちらの施設も、武漢市からは500キロ以上離れたところに位置していますが、Bloombergのガーマン氏は「距離によって影響が抑えられるというわけではない」とコメントしています。
 
「サプライチェーンがまったく影響を受けないという状況を想像にしくい」と、Moor Insights & Strategyの産業アナリスト、パトリック・ムーアヘッド氏は述べています。「原材料、製造、組み立て、テスト、出荷のいずれかに大きな妨げが起きれば、生産遅延につながる」

iPhone SE 2は2月第3週から生産開始予定

Appleは毎年9月にフラッグシップ機を発売しますが、今年は早ければ3月にもiPhone SEの後継機の販売が開始されると噂されています。「iPhone SE 2もしくはiPhone9の生産がコロナウィルスの影響を受ける可能性はより高い」とガーマン氏は述べています。
 
Nikkei Asian Reviewも、複数の関係者から得た情報として、iPhone SE 2の量産は2月の第3週から開始される予定であるものの、コロナウィルスによってスケジュールに遅れが出る可能性を指摘しています。
 
Foxconnは、「全世界の生産義務を果たすために対策を講じている」とコメントしています。
 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、コロナウィルス対策支援に対してAppleが寄付を行う意向を明らかにしています。
 
 
Source:Bloomberg via MacRumors
Photo:iGeeksBlog
(lexi)

このページはiPhone SE 2の生産、コロナウィルスで遅延の可能性もの記事を引用しています



関連コンテンツ

次のApple Watchアクティビティチャレンジは3月8日の「国際女性デー」

ラウンドケースを採用したApple Watch Series 6のコンセプト動画

aikoの全楽曲、Apple Musicなどで配信開始

Appleが開発中と噂の「AirTag」は完全防水でワイヤレス充電対応か

「iPhone12」は新規格IEEE 802.11ay対応、液晶モデルも発売か

iPhoneのデフォルトアプリが変えられる…ようになるかも

Apple、ビデオにフィルタを適用する方法を動画で紹介

新型肺炎の影響で中国でのiPhone需要が減少

iPhone 12、超近距離・高速な新Wi-Fiサポートか。AirDropが高速化?

Apple共同創業者スティーブ・ジョブズ氏、存命なら65歳の誕生日



次のApple Watchアクティビティチャレンジは3月8日の「国際女性デー」


 
Apple Watchを着用して決められたワークアウトを達成すると特別なバッジが獲得できる「アクティビティチャレンジ」が、3月8日の国際女性デーに実施されることがわかりました。

今年で3回目となる国際女性デーでのアクティビティチャレンジ

Appleが昨年同様、今年も3月8日の国際女性デーにアクティビティチャレンジを実施します。この日に20分間のウォーキング、ランニング、または車椅子でのワークアウトを行うと、特別なバッジがもらえます。
 
Appleは2018年から毎年国際女性デーにアクティビティチャレンジを行っており、今年で3回目となります。
 
Apple Watchユーザーは、iPhoneのApple Watchアプリの「アクティビティ」で「スペシャルチャレンジ」の通知をオンにしておくと、事前にチャレンジ実施の通知を受けとることができます。

特別なToday at Appleセッションも

なおAppleは国際女性デーに合わせ、特別なToday at Appleセッションを開催することを発表しています。

 
 
Source:9to5Mac
Photo:Apple
(lunatic)



ラウンドケースを採用したApple Watch Series 6のコンセプト動画


 
ラウンドケースを採用したApple Watchのコンセプト動画が公開されました。現在はスクエアケースを採用しているApple Watchですが、ラウンドケース登場への期待も根強いようです。

現在のApple Watchはスクエアケースを採用


 
Apple Watchはケースサイズを変更しながらも、初代から最新のSeries 5まで一貫してスクエアケースを採用しています。ウォッチフェイスなら「COLOR」や「CHRONOGRAPH」などで丸いダイヤルも選択可能です。
 
その場合もコーナーにはコンプリケーションが配置可能であるなど、スクエアケースとスクエアフェイスを上手く活用しています。

ラウンドケースのコンセプト動画

ラウンドケースを採用したApple Watchの、完成度の高いコンセプト動画が公開されました。取付部を深くすることでケースの形状がラウンドになっても、バンドの互換性が確保されています。
 

 
Hermesモデルのコンセプトデザインなどは、トラッドな雰囲気が高まっている印象です。ただしディスプレイ消灯時は、他ブランドのスマートウォッチとの区別がつけにくいかも知れません。
 
またスクエアフェイスのように、コーナーにコンプリケーションを配置することは出来ません。ラウンドケースのApple Watchが登場したら、それに合わせたウォッチフェイスも期待したいところです。
 
懸念されるのは、バンドの互換性が確保できている反面、取付部が深くなっていることで、ケース内部のバッテリースペースが減少しそうな点です。

Apple Watch Series 6の登場時期は?

Apple Watchは毎年秋に新型が登場しています。2020年も例年通りなら、Apple Watch Series 6(仮称)が秋に登場すると予想されます。
 
 
Source:YouTube/Phone Industry
(FT729)



aikoの全楽曲、Apple Musicなどで配信開始


 
aikoの全楽曲が、2月26日からApple Musicなどのサブスクリプションサービスで配信開始されました。デビュー曲から最新シングルまでの全作品を視聴できます。

デビュー曲からの全作品を視聴可能

2月26日からApple Musicをはじめとするサブスクリプションサービスで配信が開始されたaikoの楽曲は、1998年のデビュー曲「あした」から、最新シングル「青空」までのシングル39作、オリジナルアルバム13作、ベストアルバム3作、ミュージックビデオ49作です。
 

サブスク解禁しました!!
よろしくお願いします✧。٩(ˊᗜˋ)و✧*。

— aiko official (@aiko_dochibi) February 25, 2020

 
Apple Musicでは、オリジナルプレイリスト「はじめてのaiko」「aiko:隠れた名曲」「aiko:ラブソング」、「aiko:Video Essentials」も公開されています。
 


 

 

増加する日本の人気アーティストのサブスク配信

Apple Musicなどのサブスクリプションサービスでは、以前は日本国内の人気アーティストの配信が少なかった印象がありましたが、近年は増加を続けています。
 
松任谷由実Mr. Childrenサザンオールスターズといったアーティストの楽曲も視聴可能となっています。
 
 
Source:aiko official, Apple Music via 音楽ナタリー
(hato)

このページはaikoの全楽曲、Apple Musicなどで配信開始の記事を引用しています



Appleが開発中と噂の「AirTag」は完全防水でワイヤレス充電対応か


 
Appleが開発中と噂の紛失防止タグ「AirTag」が、完全防水仕様となり、Apple Watchと同様の充電方式が採用される、との情報をMacお宝鑑定団Blogが伝えています。

2020年中の発売が見込まれる「AirTag」

iPhone11シリーズに搭載されたUWB(超広域帯通信)対応のU1チップを活用した、Tileのような紛失防止タグをAppleが開発中と噂されています。
 
同製品の名称は、iOS13.2ベータのソースコードから発見された「AirTagが有力視されています。また、「探す」アプリでバッグや自転車などを探せる機能を示すアイコンも発見されています。
 
iOS13.2ベータには「BatterySwap」の記述があることから、バッテリーの交換が可能な仕様になる可能性が指摘されていました。
 
Apple関連の著名アナリストであるミンチー・クオ氏は、「AirTag」は2020年に発売されると予測しているほか、AirTag用のチップが2020年4月以降に出荷される、とも述べています。
 


 

AirTagは完全防水、磁気充電に対応?

Macお宝鑑定団Blogは、AirTagについて完全防水使用となり、Apple Watchの磁気充電に似た方式を採用する、との情報を伝えています。
 
発見されたアイコンにあるように、AirTagをバッグや自転車に装着して使う事を考慮すると、完全防水仕様のニーズは高いと思われます。
 
充電方式はApple Watchの磁気充電に似ているとのことなので、iPhoneやAirPodsに使っているQi方式のワイヤレス充電器を流用できない可能性もあります。
 
 
Source:Macお宝鑑定団Blog
Photo: MacRumors (1), (2)
(hato)



「iPhone12」は新規格IEEE 802.11ay対応、液晶モデルも発売か


 
今秋の発売が見込まれる「iPhone12」は超近距離Wi-Fi規格「IEEE 802.11ay」に対応し、デバイス間の高速通信が可能になるほか、全モデルが有機EL(OLED)ではなく、液晶ディスプレイモデルが1つ用意されるとMacお宝鑑定団Blogが報じています。

デバイス間の高速通信向けの新規格

Macお宝鑑定団Blogが「iPhone12」に詳しい情報筋の話として、「iPhone12」が超近距離無線LAN規格である「IEEE 802.11ay」に対応する可能性がある、と報じています。
 
「IEEE 802.11ay」が通信に使用する周波数帯は60GHz帯であり、現在のWi-Fiに使用されている5GHz帯や2.4GHz帯とは異なります。
 
「IEEE 802.11ay」は主に屋内でのデバイス間通信を想定した規格で、2020年中に最終仕様が決定する予定で、実用化すれば通信速度の大幅な高速化が期待されます。
 
用途としてはジェスチャー認識、健康、見守り、個人認証、自動車内などが挙げられており、AirDropの高速化や、2020年にも発売されると噂の紛失防止タグ「AirTag」などに活用される可能性が考えられます。

「iPhone12」には液晶モデルも?

「iPhone12」は全モデルがOLEDディスプレイを搭載する、とApple関連の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏が予測しています。
 
しかし、Macお宝鑑定団Blogは、サイズなどは不明ながら、液晶(LCD)モデルが1機種だけ用意される、と報じています。
 
もし、報道のとおりであれば、5G対応などで価格上昇が見込まれるiPhone12シリーズの中で、低価格帯に位置付けられるモデルになると考えられます。
 
 
Source:Macお宝鑑定団Blog
Photo:LetsGoDigital
(hato)

このページは「iPhone12」は新規格IEEE 802.11ay対応、液晶モデルも発売かの記事を引用しています



iPhoneのデフォルトアプリが変えられる…ようになるかも

GettyGmailにしちゃおうかな?Bloombergの報道によると、Apple(アップル)はSafariやメール、AppleMusicといった標準アプリを他社製アプリに置き換えられるように計画しているそうです。

iPhoneやiPadでは、リンクなどをクリックすると標準のSafariやメールアプリが起動します。

しかし、これをChromeやGmailに置き換えたいという人も多いことでしょう。

もし報

このページはiPhoneのデフォルトアプリが変えられる…ようになるかもの記事を引用しています



Apple、ビデオにフィルタを適用する方法を動画で紹介


 
Apple Japanは2月23日、公式YouTubeチャンネルでサポート動画「iPhone、iPad、iPod touchでビデオにフィルタを適用する方法」を公開しました。

iOS13やiPadOSで利用可能なビデオフィルタ

iOS13やiPadOSでは、写真編集で使うフィルタをビデオ編集でも利用することができます。フィルタは、色合いが鮮やかになる「ビビッド」、劇的な印象になる「ドラマチック」、白黒のコントラストが際立つ「ノアール」など、全10種類が用意されています。
 
フィルタを適用するには、写真Appでビデオを開き、画面右上の「編集」をタップします。
 


 
次に、画面下にある丸が3つ重なった「フィルタボタン」をタップします。
 

 
フィルタを選び、チェックマークをタップすれば完了です。
 

 
適用したフィルタは、元に戻したり別のフィルタを適用するなど、いつでも変更することができます。
 
写真Appを使えば、フィルタをかける以外にも、必要なシーンのみを切り取るトリミングやスローモーションモードで撮影したビデオをシーンごとに通常速度とスロー速度に振り分けるカスタマイズなどもできます。
 

 

 

 
 
Source:Apple/YouTube
(kotobaya)

このページはApple、ビデオにフィルタを適用する方法を動画で紹介の記事を引用しています



新型肺炎の影響で中国でのiPhone需要が減少


 
新型コロナウイルスの影響で、中国での1月におけるiPhone需要が、昨年12月と比べ大きく減少したことがわかりました。

1月のiPhone需要は28%下落

Bloombergの報道によると、UBSのアナリスト、ティモシー・アークリ氏は、中国政府が公表しているデータを分析し、中国における1月のiPhone需要が12月と比べ28%下落したとし、「例年よりも下げ幅が大きい」と述べています。
 
Apple自身も中国におけるiPhone需要が低迷していることを認めており、2月17日には、2020年1月〜3月の業績が予想を下回る見通しと発表しました。
 
新型コロナウイルス蔓延のため生産が滞り、供給も減少していることから、2月の需要はさらに下がっている可能性が高いと、アークリ氏は予測しています。

iPhone売上、対前年同月比では5%の伸び

一方で興味深いデータがあります。
 
中国情報通信研究院(China Academy of Information and Communications Technology、CAICT)によれば、中国全体での1月のスマートフォン出荷台数は、対前年同月比で37%も落ち込みました。
 
ところがアークリ氏によれば、1月の中国でのiPhone売上は、対前年同月比では5%伸びています。これはオンラインストアでの売上が好調だったこと、また2019年1月に比べ貿易緊張が緩和されたのが理由のようです。
 
Appleは1月〜3月の業績が予想を下回るとは述べたものの、修正予想の具体的な数字は発表していません。これは状況が非常に流動的なため、予測を立てるのが難しいためと考えられます。

 
 
Source:Bloomberg
(lunatic)

このページは新型肺炎の影響で中国でのiPhone需要が減少の記事を引用しています



iPhone 12、超近距離・高速な新Wi-Fiサポートか。AirDropが高速化?

Appleは今年3月に低価格なiPhone SE2またはiPhone 9とされる新型iPhoneを発売するようだが、秋には「iPhone 12」シリーズの発売も控えている。

フラグシップモデルには、超短距離で高速通信が可能なWi-Fiの新規格に対応する可能性があるようだ。

続きを読む



Apple共同創業者スティーブ・ジョブズ氏、存命なら65歳の誕生日


 
2月24日(日本時間では2月25日)は、Appleの共同創業者スティーブ・ジョブズ氏の65回目の誕生日です。

1976年にAppleを創業

1955年2月24日に生まれたスティーブ・ジョブズ氏は、1976年にスティーブ・ウォズニアック氏らとApple(当時はApple Computer)を創業しました。
 
当時、コンピュータといえば業務用の大型装置だった時代に、個人が家庭で使えるコンピュータとしてApple 1、Apple IIを発売して注目を集めました。
 
1985年には、独裁的な経営と業績低迷の責任を問われ、自らが引き抜いたジョン・スカリー氏によって、Appleを追放されてしまいますが、Appleの業績は、その後さらに低迷します。

Appleへの復帰、iMac、iPod、iPhoneの発売

1997年、倒産の危機に瀕していたAppleに復帰したジョブズ氏は、斬新なデザインのiMacを大ヒットさせ、現在の成功へと続く道を切り開きました。
 


 
ジョブズ氏が率いるAppleが世に送り出した、iPod、iPhone、iPad、MacBookといった製品群、iTunes、App Storeなどのサービスは、Appleが巨大企業となった現在も、同社の中核事業となっています。
 
2011年に56歳の若さで亡くなるまで、数多くの伝説を作り出したジョブズ氏は、もし存命なら、2020年2月24日で65歳でした。

ティム・クックCEOがメッセージ

ジョブズ氏の後を引き継いだティム・クック最高経営責任者(CEO)は、現在も折に触れて、現在もAppleにはジョブズ氏の魂が息づいている、と語っています。
 
クック氏は、「スティーブの誕生日に、彼にひらめきをもたらした友情、情熱、そして彼の笑い声と喜びとともに、彼を想います」とのメッセージをツイートしています。
 

Thinking of Steve today on his birthday — his friendship, passion, and especially the laughter and joy he inspired. pic.twitter.com/qPMHbzxCsQ

— Tim Cook (@tim_cook) February 24, 2020

 
 
Source:MacRumors
Photo:Apple
(hato)

Share