Appleメガネが実現したら?何もない空間にキーボードやウィジェットが登場


 
Appleが開発中と噂の拡張現実(AR)デバイス、Appleメガネのコンセプト動画が、Instagramで公開されています。

空中にアイコンやウィジェットが浮かんで見える

イスカンダル・ウテバウェフ氏(bat.not.bad)がInstagram上にAppleメガネのコンセプト動画を投稿、これをリーク情報やコンセプト画像作成で知られるベンジャミン・ジェスキン氏(@BenGeskin)がTwitterで共有しています。

 
手に持ったAppleメガネを通すと、Appleメガネとその箱しか置かれていないテーブル上にキーボードがあるように見えたり、何もない空間にiOSデバイスのアプリアイコンやウィジェットが浮かんでいるように見えたりする様子が、動画から確認できます。
 
ジェスキン氏は同じツイートのスレッドで、Appleメガネの別のコンセプト画像も紹介しています。スポーツ用品店などでスニーカーに関する情報を見ている画像で、ジェスキン氏は「実際には最初の動画よりも、このような形になるのではないか」と述べています。
 

Obviously in reality it won’t look like this, but more like this, to have 3D pic.twitter.com/DnPCuwt5Sx

— Ben Geskin (@BenGeskin) July 26, 2020

 
同氏は以前、自身が作成したAppleメガネの動画も紹介していました。

Appleはさまざまな特許を取得

Appleメガネについてはここのところ、様々な情報が報じられています。
 
5月には、FRONT PAGE TECHのジョン・プロッサー氏が、Appleメガネは2020年第4四半期(10月〜12月)か2021年第1四半期(1月〜3月)のイベントで発表され、その後、499ドル(約52,900円)で発売されるとの予想を明らかにしたほか、The Informationは7月、ARヘッドセットもしくはARメガネ向けのレンズがすでに試作段階を終え、生産トライアルへ進んでいると報じました。
 
さらにAppleは、Appleメガネに関する多くの特許を取得していることもわかっています。これまでに判明しているだけでも、視力矯正機能、つる部分の交換で機能を使い分けるモジュラー構造、装着者のみが見えるプライバシースクリーン、いろいろなものを仮想デバイスへと変換する機能、心拍数や脳波測定機能などを、同デバイスへ搭載するための特許申請書が公開されています。

 
 
Source:bat.not.bad/Instagram via Ben Geskin/Twitter
(lunatic)



関連コンテンツ

Googleマップ、Apple Watchに復活&CarPlayにもフル対応

ニューヨーク州都市交通局、マスクを着けたままでもFace IDはうまく機能すべきと主張

【iOS14】iPhoneの標準ブラウザ「Safari」10の進化

iOS/iPadOS14、macOS Big Surの各パブリックベータが公開

370円OFF:iOS版「スターデューバレー」ほか[8月5日版]セール・お得情報

iPhone標準マップ「Look Around」日本上陸!滑らかな表示が特徴

macOS Big Surベータ4がリリース、YouTube 4K動画再生に対応

iOS/iPadOS14ベータ4が開発者向けにリリース。変更点とは?

Apple、Google Play StoreにアクセスできないAndroidユーザーが簡単にiPhoneへ移行できるよう「iOSに移行」アプリのApkファイルを公開。

iOS14で標準ブラウザ&メールアプリになるための要件、Appleが開発者に公開



Googleマップ、Apple Watchに復活&CarPlayにもフル対応


 
Googleは、GoogleマップApple Watchで再び利用可能になり、CarPlay Dashboardにも対応したと発表しました。今後、数週間でユーザーが利用可能になる予定です。

ナビゲーション中も音楽やPodcastの操作が可能

Googleは現地時間8月10日、「Googleマップ」アプリが、iOS13で刷新された「CarPlay Dashboard」に対応したと発表しました。
 
ユーザーは、ナビゲーション中に音楽の再生、Podcastやオーディオブックの操作、スケジュールの確認が可能になります。

2017年のサポート対象外から復活

GoogleマップのApple Watch用アプリも、再び利用可能になります。
 


 
Apple Watch版のGoogleマップでは、Apple純正マップと同様、iPhoneと同期して次の曲がり角などを知らせるナビゲーションが利用可能です。
 
Googleマップは、2017年5月にApple Watch向けアプリをサポート対象外としていましたが、Goolgeは「将来的には再びサポートを行う予定」と語っていました。
 
GoogleマップのApple WatchやCarPlay Dashboardへの対応は、今後数週間かけて順次、世界各国で進められるとみられます。
 

 
 
Source:Google, MacRumors, 9to5Google
(hato)

このページはGoogleマップ、Apple Watchに復活&CarPlayにもフル対応の記事を引用しています



ニューヨーク州都市交通局、マスクを着けたままでもFace IDはうまく機能すべきと主張


 
iOS13.5ベータでは、マスク着用時のFace ID利用で、自動的にパスコード入力画面へと移動する仕様へと変更されましたが、ニューヨーク州都市交通局は乗客がiPhoneでの支払いの際にマスクを外してFace IDを使っており、感染リスクが高まっているとして、顔認証機能の改善を求める内容の手紙をAppleのティム・クック最高経営責任者(CEO)に送った、と伝えられています。

新技術を使ってマスク着用でもFace IDが機能するようにして欲しい

AP通信が入手した、ニューヨーク州都市交通局トップのパトリック・フォイエ氏がクックCEOに送った手紙には、次のように記されています。
 

Appleがこの問題に取り組んでいることは知っているが、テック企業の国際的リーダーとして、様々な技術を使える立場にいると理解している。Appleには、新技術の導入を加速させ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)時代の顧客の安全を守るための解決策を見つけてもらいたい。

 
Appleは、iOS13.5ベータでマスク着用だとFace IDをスキップし、パスコード入力画面へと移動する仕様を取り入れましたが、フォイエ氏は「マスク着用でもFace IDがちゃんと機能するよう何とかして欲しい」と主張しているようです。

マスク着用時でもFace IDを突破するテクニックも

多機能アプリWeChatの運営母体として知られる中国TencentのXuanwu Labのセキュリティ研究者らは今年4月、iPhone11を使って、マスクを着用した顔でもFace IDで顔認証させる方法を編み出したと報告しています。
 
しかしながら、マスクの素材や形によってはうまくいかない場合もあるとのことで、マスク着用時でもFace IDがちゃんと機能するApple公式のアップデートがあれば、重宝するかもしれません。
 
 
Source:ABC News via AppleInsider
Photo:Yoni13132/Wikimedia Commons
(lexi)



【iOS14】iPhoneの標準ブラウザ「Safari」10の進化


 
iOS14では、iPhoneの標準Webブラウザ「Safari」が大きく進化します。米メディアMacRumorsが、Safariの変更点を10個まとめているのでご紹介します。

iOS14でパワーアップするSafari

秋に正式版が公開予定のiOS14では、多くのiPhoneユーザーが利用する標準ブラウザアプリSafariも進化して魅力を増します。
 
iOS14でのSafariは、以下のように進化します。

1. スピードとパフォーマンスの向上

Appleによると、iOS14のSafariは、AndroidでChromeを使う時の最大2倍高速という「圧倒的に速いJavaScriptエンジン」を搭載することで「世界で最も高速なブラウザ」になっています。

2. 翻訳機能


 
アドレスバーに表示された「AA」のアイコンをタップするだけで、Webページ全体を翻訳することができます。
 
翻訳機能は、日本語をはじめ、英語、スペイン語、北京語、韓国語、ロシア語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語(ブラジル)、アラビア語の11言語に対応しています。
 

3. パスワードの監視


 
iOS14のSafariでは、保存したパスワードを、過去に漏えいしたパスワードのリストと照合し、もし漏えいが確認された場合はユーザーに知らせて「Appleでサインイン」か、強固なパスワードを自動生成します。
 
パスワードの保存や照合には、強固な暗号化技術が用いられ、パスワード情報はAppleも知ることはできません。

4. プライバシーレポート


 
Appleは近年、複数のWebサイトの閲覧内容をもとにした追跡型広告をブロックするITP(Intelligent Tracking Prevention)を提供しており、iOS14ではその動作状態をユーザーが簡単に確認できるようになります。
 
iOS14とmacOS Big Surの「プライバシーレポート」機能では、Safariがブロックしたサイト越えトラッカーを確認できます。

5. ピクチャ・イン・ピクチャ


 
Safariで動画再生中に「ピクチャ・イン・ピクチャ」ボタンをタップすれば、動画を再生しながら、Webサイトを閲覧したりほかの作業をしたりできます。
 
ピクチャ・イン・ピクチャのウインドウの位置は自由に変更できます。
 

6. 検索ウインドウからWebサイトへ

検索ウインドウに、「iphone-mania.jp」のようにURLを入力し「go」ボタンをタップするだけでWebサイトにジャンプできます。検索結果からリンクをタップする必要はありません。

7. 「Appleでサインイン」がシンプルに


 
Appleは、開発者に既存のWebサービスアカウントを、よりセキュリティに優れた「Appleでサインイン」に置き換えるツールを提供しています。
 
今後、iPhone、iPad、Macユーザーが「Appleでサインイン」を利用できるサービスが増えることが期待できそうです。
 

8. トラッキングの許可


 
アプリがユーザーをWebサイトやアプリをまたいでトラッキングし、ユーザーごとに最適化した広告を配信したい場合、ユーザーの許可を得ることが義務付けられます。
 
ユーザーがトラッキングを許可したアプリは「設定」で確認・変更できます。

9. スクリブル(iPadOS14)


 
iPadOS14では、テキスト入力フィールドにApple Pencilで手書きした文字がテキストに変換される「スクリブル」が利用できます。SafariのURL入力やGoogle検索などの操作が簡単になります。
 
なお、iPadOS14で対応するスクリブル機能は、英語、中国語(簡体字と繁体字)にのみ対応しており、日本語の対応予定は発表されていません。

10. 他のブラウザを標準アプリに

URLをタップした時に開く標準ブラウザを、Safari以外のサードパーティ製ブラウザアプリに設定できます

 
 
Source:MacRumors, Apple
(hato)

このページは【iOS14】iPhoneの標準ブラウザ「Safari」10の進化の記事を引用しています



iOS/iPadOS14、macOS Big Surの各パブリックベータが公開


 
Appleは現地時間8月6日、iOS/iPadOS14パブリックベータ4をリリースしました。同時に、macOS Big Surの初のパブリックベータも公開しています。

内容は開発者向けベータ4と同じ

Appleは先日の開発者向けiOS/iPadOS14ベータ4に続いて、パブリックベータ4を登録ユーザー向けにリリースしました。パブリックベータ4での変更点は、Apple TVウィジェットの追加、新型コロナウイルス追跡アプリ用API対応の復活、検索機能の向上、3D Touchの復活など、開発者向けベータ4と同じです。

初のmacOS Big Surパブリックベータ版が公開


 
またAppleは、macOS Big Surの初のパブリックベータ版もリリースしました。iOS/iPadOS14のパブリックベータ版は7月から公開されていますが、macOS Big Surについては開発者向けベータ版のみで、パブリックベータ版はこれまで公開されていませんでした
 
iOS/iPadOS14、macOS Big Surの正式版のリリースは秋ですが、Apple Beta Software Programに登録すれば、プレリリースバージョン、つまりパブリックベータ版を試すことが出来ます。同プログラムへはこちらのページから登録可能です。

 
 
Source:9to5Mac(1),(2)
(lunatic)

このページはiOS/iPadOS14、macOS Big Surの各パブリックベータが公開の記事を引用しています



370円OFF:iOS版「スターデューバレー」ほか[8月5日版]セール・お得情報

App Storeで公開されているiPhone・iPod touch・iPad向けのアプリの中から、値下げ中および新着をチェックし、お勧めのアプリのみを厳選してご紹介します。

価格は掲載時のもので、既に変更されている場合があります。ダウンロード前に再度ご確認をお願いします。

セール中のアプリ

Stardew Valley 「スターデューバレー」

ゲーム:349.9 MB
¥980 → ¥610

都会の生活に疲れた若者が、自然豊かな場所へ移り住んで新たな人生を「開墾」する、評価の高い農場系RPG。[動画

ピクセルスライム3

ゲーム:9.9 MB
¥490 → ¥250

デバイスを縦に持つと1タップ簡単操作のジャンプアクションパズル、横に持つとじっくり遊ぶ、溜め斬りARPGに切り替わる、2つの遊び方ができるゲーム。

ビットコイン・仮想通貨を学べてもらえるBitStock [Ads]

ファイナンス:63.8 MB
無料

ネットショッピングや旅行予約・アンケート回答などでビットコインがもらえるサービス。

THE KING OF FIGHTERS-i 2012

ゲーム:1176.9 MB
¥370 → ¥120 (App内課金あり)

Wi-Fiで全国の猛者と対戦できる格闘ゲーム。

Smash Puck

ゲーム:109.5 MB
¥490 → ¥120

エアホッケーとビリヤードを混ぜたようなギミックが豊富なパズル。120のレベルを収録。[動画

配布中のクーポン

[

【表示価格より30%OFF】 Anker PowerPort III Nano (PD対応 18W USB-C 超小型急速充電器)【PSE認証済/PowerIQ 3.0搭載】 iPhone, iP…

2,000円(08/05 08:41時点)

Amazon

](https://amzn.to/2tsDDvK)

[

【表示価格より10%OFF】 Anker PowerConf スピーカーフォン 会議用 マイク Bluetooth 対応 Skype Zoom など対応 24時間連続使用 USB…

12,980円(08/05 10:13時点)

Amazon

](https://amzn.to/3g54TEi)

[

【表示価格より15%OFF】 RAVPower USB 充電器 2ポート 24W アダプタ USB コンセント【PSE認証済み/急速/折畳式プラグ】 iPhone/iPad…

1,299円(08/05 08:19時点)

Amazon

](https://amzn.to/2Mgf23m)

[

【表示価格より10%OFF】 キリン 生茶 お茶 525mlPET ×24本

2,131円(08/05 08:19時点)

Amazon

](https://amzn.to/2XnG7aL)

注目のセール

【50%OFF】スマートスピーカー「Amazon Echo Show 5」の2台まとめ買いセール(本日まで)

Kindleストアで「最大50%還元:光文社新書フェア」が開催中 (8/6まで)

【20%増量】Amazonギフトに現金5,000円チャージで1,000ポイント付与(初回限定)


©2019 “Touch Lab - タッチ ラボ”.



iPhone標準マップ「Look Around」日本上陸!滑らかな表示が特徴


 
iPhoneの標準「マップ」アプリで、Googleのストリートビューのように実際の景色の中を見て回れる機能「Look Around」機能が日本でも利用可能となっています。

iOS13でアメリカから順次採用

Look Around」は、2019年にリリースされたiOS13で採用された新機能で、先にアメリカでリリースされていました。
 
Googleのストリートビューと似ていますが、実写画像のタップやドラッグによる移動や拡大の操作は、Look Aroundのほうが滑らかなのが特徴です。

東京などの一部地域で利用可能

Appleは、日本国内各地で画像収集作業を行なっており、この時に撮影された画像が用いられているとみられます。
 
現時点では、東京、神奈川、愛知、大阪、京都、奈良、茨城、埼玉、千葉、滋賀、兵庫の各都府県の一部地域で利用可能です。
 

Apple 丸の内近辺を散策してみた

Look Aroundは、「マップ」アプリで、双眼鏡のアイコンが表示される地域で利用可能です。
 


 
Apple 丸の内近辺を表示してみました。
 

 
Look Aroundは縦画面と横画面のどちらでも利用できますが、特に、横画面でフルスクリーン表示してズームすると、かなり画像が鮮明なのがわかります。人物の顔、自動車のナンバーにはモザイクがかかっています。
 

 
埼玉県の住宅街なども表示してみましたが、対象地域では細かい道でも撮影が行われていることがわかります。
 
 
Source:iをありがとう
(hato)



macOS Big Surベータ4がリリース、YouTube 4K動画再生に対応


 
Appleは現地時間8月4日、開発者向けにmacOS Big Surのベータ4を開発者向けにリリースしました。しかし当初「7月リリース」と発表されていたパブリックベータはまだ公開されていません

大幅なアップグレードとなるmacOS Big Sur

macOS Big SurはMac OS X導入以来の最大のアップグレードであり、デザインが一新されるほか、Safariが大幅に改良され、メッセージ、マップなどの主要なアプリの機能が強化されています。
 
また懐かしい起動音が復活していることでも話題になっています。

ベータ4ではSafari14でYouTubeの4K動画に対応

macOS Big Surベータ2では、Mac CatalystアプリにApple Payが対応しました。
 

前回のアップデート、ベータ3では、ベータ1で不評だったバッテリーのアイコンが変更されています。
 
そして今回のベータ4では、Safari14でのYouTubeの4K動画再生に対応しました。
 
なおAppleは同日、iOS/iPadOS14ベータ4watchOS7ベータ4、tvOS14ベータ4もリリースしています。

 
 
Source:MacRumors
Photo:Apple
(lunatic)

このページはmacOS Big Surベータ4がリリース、YouTube 4K動画再生に対応の記事を引用しています



iOS/iPadOS14ベータ4が開発者向けにリリース。変更点とは?


 
Appleは現地時間8月4日、開発者向けにiOS/iPadOS14ベータ4をリリースしました。ベータは版を重ねるにつれ変更点や新機能追加が減っていくのが常ですが、今回は複数の変更箇所が報告されています。

iOS/iPadOS14ベータ4の変更点とは

Apple TVウィジェット

ベータ4で、新しいApple TVアプリのウィジェットが追加されました(トップ画像)。
 

新型コロナウイルス追跡アプリ用API対応が復活

iOS14ベータでは当初、AppleとGoogleの共同開発による接触確認アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)に非対応でした。ベータ4で対応するとともに、設定アプリでもわかりやすくなっています。
 


 

検索機能の向上

アプリ内のコンテンツを検索したり、質問を検索窓に入力したりすると、関連するアプリ、Siriの知識、Siriの提案、ニュースなど、さまざまな情報が提示されるようになりました。
 


 

3D Touch

ベータ3で使えなくなっていた3D Touchが復活しています。

 
なおAppleは同日、27インチiMacをリニューアルして発売しました。また21.5インチiMacの全モデルにSSDを標準搭載し、オプションでFusion Driveを選択可能とするとともに、iMac Pro標準構成モデルのプロセッサを8コアから10コアへとアップグレードしています。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

このページはiOS/iPadOS14ベータ4が開発者向けにリリース。変更点とは?の記事を引用しています



Apple、Google Play StoreにアクセスできないAndroidユーザーが簡単にiPhoneへ移行できるよう「iOSに移行」アプリのApkファイルを公開。

AppleがAndroidからiPhoneへ移行するユーザー向けに「iOSに移行」アプリのApkファイルを公開しています。詳細は以下から。

Appleは2014年頃からAndroidからiPhoneへ乗り換えするユー…



iOS14で標準ブラウザ&メールアプリになるための要件、Appleが開発者に公開


 
Appleは、iOS14で変更可能になるブラウザとメールの標準アプリについて、標準アプリとして利用可能になるための要件を公開しました。

初めてデフォルトのブラウザとメールアプリを変更可能に

iOS14では、ブラウザとメールの標準アプリを、純正の「Safari」「メール」以外のサードパーティ製アプリに設定可能になり、URLやメールアドレスをクリックした時の起動アプリを変更できます。
 
Appleは、ブラウザとメールの標準アプリとして利用可能になるためのアプリの要件を定めた開発者向けドキュメントを公開しました。
 


 
開発者は、Appleが定める要件を満たしたうえで、申請する必要があります。
 
なお、iOS14の開発者向けベータ3で、標準のブラウザとメールアプリの変更には対応していませんが、実際に動作する様子を見たという米メディア9to5Macによると「設定」から変更可能になる模様です。

ブラウザ、メールアプリそれぞれに要件

Appleがブラウザおよびメールの標準アプリとして利用可能になるための要件(抜粋)は、以下のようなものです。

ブラウザアプリ

  • URL入力、検索用のテキスト入力フィールド、整理されたブックマーク機能を持つこと
  • 目的のWebページに直接、接続しコンテンツを表示できること。意図しないページやコンテンツに接続するアプリは要件を満たさない
  • ペアレンタルコントロール機能もしくはロックダウンモードを持つこと
  • セーフブラウジング、もしくはフィッシングなどの問題への警告を表示すること

メールアプリ

  • 有効なメールアドレスへのメッセージ送信ができること
  • メッセージの受信ができること
  • ユーザーがコントロールする、受信メールの選別機能は認める。

 
 
Source:Apple via MacRumors
(hato)

Share