Apple Watchを装着していたことで健康を取り戻した人達のインタビュー動画

CNETが、Apple Watchを装着していたことで健康を取り戻した人達のインタビュー動画を公開しています。

ヘザー・ヘンダーショットさんの事例

カンザス州に住む、ヘザー・ヘンダーショットさんは、Apple Watchからの「心拍数が毎分120を超えている」という通知を確認しました。この状態は一晩中続いたため、ヘンダーショットさんは当初、「この通知は間違いだろう」と考えたとのことです。
 
翌日ヘンダーショットさんが救急外来を受診したところ、「甲状腺機能亢進症」と診断され医師はすぐにでもICUに入院するように伝えたようです。ヘンダーショットさんはその時になって初めて、自身の状態が深刻であることを認識したと話しています。
 
ヘンダーショットさんは心拍数を定期的にチェックする習慣も無かったことから、「Apple Watchを装着していなかったら自身の病状に気づくことはなかっただろうと語っています。

ジェイソン・ソーシエ氏の事例

フロリダ州に住むジェイソン・ソーシエ氏が経験したのは、Apple Watchの心電図アプリによる、心房細動の検出です。同氏は体調不良で数週間過ごしていましたが、ある時Apple Watchから今までに聞いたことのない警告音が聞こえたため確認したところ、それは心房細動の警告(心房細動に伴う異常心電図波形の警告)だったようです。
 
ソーシエ氏はそのまま出勤しましたが、勤務中に同僚から顔が青ざめているのを指摘され、救急外来を受診しその後、投薬治療を行うことになったそうです。
 
ソーシエ氏は現在回復していることを報告すると共に、「Apple Watchをこれからも一生、身につけ続けるでしょう」と報告しています。

転倒検知、緊急発信が役立った事例

CNETが公開した動画では他にも、Apple Watchの転倒検知機能が救命に貢献したトロウブ・オスファン氏のケース、交通事故にあった際の緊急発信をApple Watchで行うことが出来たケイシー・アンダーソンさんのケースも紹介されています。
 

ヘルスケア機能を他のデバイスにも拡大か

Appleが取得した特許情報から、将来的にAirPodsAppleメガネにもヘルスケア機能が搭載される可能性があると伝えられています。
 
日本でも、これらのデバイスのヘルスケア機能や、現在は利用できない専用アプリが有効化されることが期待されています
 
 
Source:CNET via AppleInsider, MSD
Photo:Apple
(FT729)



関連コンテンツ

Googleマップ、Apple Watchに復活&CarPlayにもフル対応

Apple Watchの心電図アプリ、韓国で認可取得〜数カ月以内に有効化か?

WeChatがApp Storeから削除で中国国内のiPhone出荷台数は30%減

将来のApple Watchの緊急通報では、心電図、緊張状態など多くのデータを送信?

Apple Watch、将来は救急隊に利用者の心拍数等を伝えることが可能に?

Apple Watchを使用し、睡眠とうつ病、不安障害の関連性を調べる研究が開始

iPhoneなどのSecure Enclaveに修正不能な脆弱性、ハッカーが声明

Apple Storeアプリ更新 「For You」タブを追加

Apple Watch等は利用者の新型コロナ感染を検知できるのか?米大学で研究中

Apple、watchOS7とtvOS14の開発者向けベータ3をリリース



Googleマップ、Apple Watchに復活&CarPlayにもフル対応


 
Googleは、GoogleマップApple Watchで再び利用可能になり、CarPlay Dashboardにも対応したと発表しました。今後、数週間でユーザーが利用可能になる予定です。

ナビゲーション中も音楽やPodcastの操作が可能

Googleは現地時間8月10日、「Googleマップ」アプリが、iOS13で刷新された「CarPlay Dashboard」に対応したと発表しました。
 
ユーザーは、ナビゲーション中に音楽の再生、Podcastやオーディオブックの操作、スケジュールの確認が可能になります。

2017年のサポート対象外から復活

GoogleマップのApple Watch用アプリも、再び利用可能になります。
 


 
Apple Watch版のGoogleマップでは、Apple純正マップと同様、iPhoneと同期して次の曲がり角などを知らせるナビゲーションが利用可能です。
 
Googleマップは、2017年5月にApple Watch向けアプリをサポート対象外としていましたが、Goolgeは「将来的には再びサポートを行う予定」と語っていました。
 
GoogleマップのApple WatchやCarPlay Dashboardへの対応は、今後数週間かけて順次、世界各国で進められるとみられます。
 

 
 
Source:Google, MacRumors, 9to5Google
(hato)

このページはGoogleマップ、Apple Watchに復活&CarPlayにもフル対応の記事を引用しています



Apple Watchの心電図アプリ、韓国で認可取得〜数カ月以内に有効化か?


 
Apple Watch心電図アプリ有効化に向け、Appleが韓国食品医薬品安全処(MFDS:Korean Ministry of Food and Drug Safety)から承認を得たとPatently Appleが報じています。今後数カ月以内に、韓国内ではApple Watchの心電図アプリを有効化出来る可能性があります。

Apple Watch Series 6登場と共に有効化可能になる?

Patently Appleによれば、心電図アプリの承認をMFDSから得たとしても、Apple Watch Series 5を使用しているユーザーがすぐにそれを有効化出来るようになるのか、Apple Watch Series 6の発売と同時に可能になるのかはまだ不明とのことです。
 
同メディアは、Samsung Galaxy Watch3の心電図測定機能が、アメリカ食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration)の承認を得たことも伝えています。

日本では承認取得と販売体制構築に課題か

心電図アプリの有効化に関し日本では、医療機器や医薬品の審査・承認などを行う、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA;Pharmaceuticals and Medical Devices Agency)が公開した「認定・登録外国製造業者リスト(令和2年6月1日現在)」にAppleが掲載されていたことから、「心電図アプリ」が有効化されるのではないかと期待されています。
 
ただし、心電図アプリもしくはそれを搭載したApple WatchがPMDAから「管理医療機器 クラスII」の承認を得た後に、それらを販売又は貸与する場合には販売店舗ごとに要件を満たす管理者を設置しなければならないため、販売方法についてAppleがどのように対応するのか注目されています。
 
 
Source:Patently Apple, 千葉県 (1), (2), 埼玉県, 公益財団法人 医療機器センター
Photo:Apple
(FT729)



WeChatがApp Storeから削除で中国国内のiPhone出荷台数は30%減


 
ドナルド・トランプ米大統領は、Tencentが運営する多機能メッセージング・ソーシャルメディア・決済アプリWeChatと米企業との取引禁止を計画していますが、もしApp Storeから同アプリが削除された場合、中国国内のiPhone出荷台数は最大で30%減少する可能性がある、と著名アナリストのミンチー・クオ氏が推測しています。

米国内でのみ禁止だと影響は最小限に

トランプ大統領は、ユーザー数の多い中国製アプリが米国市民のユーザーデータを取り扱うことは安全保障上の脅威になっているとして、人気動画共有アプリTikTokと、多機能アプリWeChatを米国内でサービス停止とする大統領令に署名しました。
 
TikTokに関しては、米企業が買収を行い、買収額の大部分が米財務省に支払われることを条件に、サービス継続を許可する意向ですが、WeChatについては代替案が語られていないため、App Storeで配信停止となる可能性が濃厚とされています。
 
問題は、トランプ大統領の定める”米企業との取引停止”がどこまで適用されるかです。もしWeChatが米国内のApp Storeからのみ削除されるならば、影響は最小限で済み、iPhone出荷台数は3%〜6%減、その他のAppleデバイスの出荷台数の減少は3%以下に抑えられるとの見込みです。

中国国内でWeChatが配信停止で出荷台数は30%減

トランプ大統領が、米企業であるAppleとWeChatおよび運営会社Tencentとの取引を全面的に禁止した場合、中国国内のApp StoreからWeChatが削除されるという事態もあり得る、とクオ氏は想定しています。
 
もしそうなった場合、WeChatは生活必需アプリとなっているため、中国でのiPhone出荷台数は25%〜30%減少すると推測されています。AirPods、iPad、Apple Watch、Macなどその他のAppleデバイスの出荷台数は、15%〜25%減となる見通しです。
 
 
Source:MacRumors
(lexi)

このページはWeChatがApp Storeから削除で中国国内のiPhone出荷台数は30%減の記事を引用しています



将来のApple Watchの緊急通報では、心電図、緊張状態など多くのデータを送信?


 
Tom’s Guideによれば、将来のApple Watchの転倒検出機能による緊急通報では、心電図、心拍数に加え、ユーザーの緊張状態や興奮状態を測定するセンサーで計測したデータなど、これまでよりも多くの情報を救急隊などに通知できる機能が搭載される可能性があるようです。

関連特許を取得済み


 
Tom’s Guideによれば、AppleがApple Watchに関して取得した一連の特許から、緊急通報時の通知項目に、ガルバニック皮膚反応も通知する可能性を示唆する項目が見つかったとのことです。
 
ガルバニック皮膚反応を計測するセンサーを搭載し、それを測定できれば、Apple Watchを装着したユーザーの、緊張状態や興奮状態を把握できる可能性があります。その他にも緊急通報では心電図、心拍数や、身長、体重、体脂肪率等が通知されることが、特許内容として伝えられています。

Apple Watch Series 6には血中酸素飽和度測定機能も搭載か

Apple Watch Series 6には血中酸素飽和度(SpO2)測定機能が搭載されると噂されています。
 
また、医療機器や医薬品の審査・承認などを行う、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA;Pharmaceuticals and Medical Devices Agency)が公開した「認定・登録外国製造業者リスト(令和2年6月1日現在)」にAppleが掲載されていたことから、「心電図アプリ」が有効化されるのではないかと期待されています。
 
2020年8月10日現在、日本において心電図アプリを有効化することは出来ません。
 
 
Source:米国特許商標庁(USPTO), Patently Apple (1), (2) via Tom’s Guide, ガルバニック皮膚反応 (1), (2), (3), (4), Shimmer
Photo:Apple
(FT729)



Apple Watch、将来は救急隊に利用者の心拍数等を伝えることが可能に?


 
Apple Watchの転倒検出機能は、今まで多くの人の命を救ってきましたが、今後更に進化し、利用者の心拍数等の重要な情報を救急隊に伝えることが可能になるかもしれません。

Apple Watchの転倒検出機能は多くの命を救ってきた


Apple Watchの転倒検出機能は、ハシゴから落下して動けなくなった高齢者の危機を自動通報するなど、今まで多くの人の命を救ってきました。
 
また、海外の多くの国で利用されているApple Watchの心電図アプリは、利用者の異変を検知し、病気の早期発見に貢献しています。
 
さらに、アメリカではApple Watchを利用した新型コロナの検出方法の研究や、うつ病と睡眠の関連性の研究も進められています。
 
このたびAppleがApple Watchに関する特許を更新したことから、海外では今後、自動通報時に心電図アプリ等の情報が活用される可能性が指摘されています。

救急隊に利用者の心拍数や健康状態を伝えることが可能に

現在、Apple Watchの転倒検出機能は、利用者の落下や転倒を検出し、利用者からの反応が無い場合には、救急隊への自動通報やGPS情報の送信、事前登録済の緊急連絡先へのメッセージ送信が可能となっています。
 
自動通報に新たに追加される機能として、転倒した利用者の心拍数や、身長、体重、体脂肪率等の特徴を救急隊に音声で伝えることが可能になると予測されています。
 
海外の情報サイトでは、将来以下のような自動通報がApple Watchから行われる可能性があると噂されています。
 
「この通話はジョン・アップルの代理としての自動通報です。ジョンは38歳の男性で、強く転倒し反応がありません。ジョンの現在地はニューヨーク市5番街767番地付近です。ジョンの現在の心拍数は毎分33回となっており、平常時は毎分42回です。ジョンの身長は5フィート11インチで、体重は168ポンド、BMIは23.54で、体脂肪率は22%。全て健康値で、心房細動の兆候はありません。ジョンは普段から運動を行っており、治療記録はありません。この音声メッセージは心拍数の情報を更新しつつ、3回繰り返されます」
 
利用者の最新の心拍数や、普段の健康状態が救急隊に伝えられることで、より効果的な救命対応が行われることが期待されています。
 
なお、日本では、転倒検知機能による自動通報は可能ですが、心電図アプリは日本政府の認可が必要なため、現在では利用不可となっています。
 
 
Source:9to5mac
(seng)



Apple Watchを使用し、睡眠とうつ病、不安障害の関連性を調べる研究が開始


 
Appleとカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA:University of California, Los Angeles)が共同で、Apple Watchを使用し、睡眠とうつ病、不安障害の関連性を調べる研究を開始すると、米CNBCが伝えています。今回の共同研究の結果次第では、メンタルヘルスの改善にApple Watchが役立つ可能性があります。

メンタルヘルスに関する共同研究の概要

CNBCによれば、今回の研究はAppleとUCLAが共同で、BedditスリープモニターとApple Watchを用いて行うようです。Appleは2017年にBedditを買収しています。
 
本研究は最初に、UCLA Healthの登録患者から150人の参加者を集めます。次に、UCLAの教員と学生も含めて参加者を3,000人に拡大します。
 
参加者は、iPhoneに必要なアプリをインストールし、本調査に使用するためのBedditスリープモニターとApple Watchを受け取ります。
 
共同研究の調査期間は3年間とのことです。

共同研究の内容と目的

今回の共同研究では、BedditスリープモニターとApple Watchを用いて収集した睡眠データと、うつ病、不安障害との関連性を調査するようです。
 
認可された国々で利用可能なApple Watchの心電図アプリは、異常心電図の発見に有効であり、それによって本人も気づいていなかった疾患を発見出来た例が報告されています。
 
Apple Watchがメンタルヘルスの改善にも役立つとの結果が得られるか期待されます。
 
 
Source:CNBC via iMore, Beddit Sleep Monitor
(FT729)



iPhoneなどのSecure Enclaveに修正不能な脆弱性、ハッカーが声明


 
iPhoneやMacのパスワードなどの情報を暗号化して保存し高度なセキュリティを実現しているSecure Enclaveに修正不可能な脆弱性を発見した、と中国のハッカー集団が声明を発表しています。

パスワードや生体認証情報を暗号化して保存

Secure Enclaveは、iPhoneやMacなど、近年のほぼ全てのApple製品に搭載されているハードウェアです。メインのプロセッサからもiCloudとも独立し、データを乱数で高度に暗号化して保存することで、高いセキュリティ性能を確保しています。
 


 
Secure Enclaveには、パスワード、Apple Payで使用するクレジットカード情報、Touch IDやFace IDの生体認証情報も暗号化して保管され、悪意あるハッカーが個人情報を盗み出すのを防いでいます。
 
Secure Enclaveは、搭載されたデバイスのシステムからも独立して動作するため、Secure Enclaveに保存されたデータにアプリがアクセスことはできず、システム内部ファイルにアクセスできるよう改造したデバイスでも、Secure Enclave内の情報にアクセスすることはできません。
 

 

ほぼ全てのApple製品に搭載

Secure Enclaveが搭載されている製品は以下のとおりです。初めて指紋認証を搭載したiPhone5s以降のiPhoneなど、近年のApple製品ほぼすべてに搭載されています。
 

  • iPhone(iPhone5s以降)
  • iPad(第5世代以降)
  • iPad Air(第1世代以降)
  • iPad mini(iPad mini 2以降)
  • Mac(T1チップまたはApple T2セキュリティチップ搭載モデル)
  • Apple TV(第4世代以降)
  • Apple Watch(Series 1以降)
  • HomePod

「パッチで修正不能な脆弱性」発見との声明

Secure Enclaveに「パッチによる修正不能な脆弱性を発見した、という中国のハッカー集団による声明をセキュリティ組織CERTの研究者が発見し、Twitterで報告しています。
 
「パッチによる修正不能な脆弱性」とは、ソフトウェアではなくハードウェアの脆弱性を指すとみられ、既に出荷された製品の脆弱性を修正できないことを意味すると考えられます。
 

The Team Pangu has found an “unpatchable” vulnerability on the Secure Enclave Processor (SEP) chip in iPhones. https://t.co/9oJYu3k8M4

— Jin Wook Kim (@wugeej) July 29, 2020

 

遠隔でデバイスを操作される可能性は低い

米メディア9to5Macは、脆弱性の具体的内容が不明ながら、A7(iPhone5sに搭載)からA11 Bionic(iPhone8/Xに搭載)までのプロセッサを搭載したデバイスに影響を及ぼす可能性があると指摘しています。
 
なお、2017年にもハッカー集団がSecure Enclaveのファームウェアの暗号化を解除していますが、プライベートキーへのアクセスができないため、ユーザーにリスクが及ぶ可能性はありませんでした。Appleは、A12 Bionic(iPhone XS/XRに搭載)とA13 Bionic(iPhone11シリーズに搭載)でSecurity Enclaveの脆弱性を修正しています。
 
9to5Macは、今回発見されたとされるタイプの脆弱性について、ハッカーが情報を盗み出すには端末への物理的なアクセスが必要で、遠隔操作でデバイスを操作できる可能性は低いと思われるとコメントしています。
 
脆弱性の使い道としては、捜査機関が押収したデバイスから情報を取り出す場合などが想定される、とのことです。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:Apple (1), (2), Apple/YouTube
(hato)



Apple Storeアプリ更新 「For You」タブを追加


 
AppleはiOSアプリ「Apple Store」を更新し「For You」タブを追加しました。「For You」ではユーザーのデバイスに合うアクセサリやサービスを表示し、また購入済み商品の配送状況なども表示するようになっています。

必要な情報を表示

Apple Storeアプリの更新で追加されたFor YouタブはApple Musicにも取り入れられているタブで、今ユーザーが必要な情報(コンテンツ)を的確に表示するタブとなっています。
 
Apple StoreアプリのFor Youタブにはユーザーが同一Apple IDで登録しているデバイス向けのアクセサリが表示され、またApple TV+やApple Arcadeなどのオススメサービスが表示されるようになっています。
 


 
さらにApple Online Storeで購入した商品の配送状況もこのタブで確認できるようになっており、Apple Storeアプリの様々なところに表示されていたユーザーごとの情報がFor Youタブに集約された形です。Apple Online Storeで製品を購入した時、注文(予約)状況や配送状況をついつい何度も確認してしまうのですが、For YouタブからすぐにわかるようになるのはAppleファンにとってはありがたいです。
 
また今持っているiPhone、iPad、Apple Watchのサイズや端子形状などがマッチするアクセサリを探すのもこのタブからすぐにできるようになっています。Apple Storeアプリは今回のFor Youタブの追加などで着実に便利になっています
 
 
Source:Apple Storeアプリ
(KAZ)

このページはApple Storeアプリ更新 「For You」タブを追加の記事を引用しています



Apple Watch等は利用者の新型コロナ感染を検知できるのか?米大学で研究中


 
海外大手メディアReutersは、アメリカの大学がApple Watch等のウェアラブル端末を利用して、新型コロナウイルス感染を発症前に検知する方法を研究中だと報じています。Apple Watch等で発症前に感染を検知できれば、感染者が無意識に感染を拡大させる危険性を低減できるため、大きな期待が寄せられています。

ウェアラブル端末で心拍数や呼吸数を検知

Apple WatchやFitbit等のウェアラブル端末を活用して、感染の初期段階における心拍数や呼吸数等の身体の変化を検知し、利用者に新型コロナウイルスに感染した可能性を通知することで、外出自粛を提案することが可能となります。
 
アメリカのスタンフォード大学では、ウェアラブル端末を活用した新型コロナウイルス感染検知について、5,000名を対象に研究が行われています。
 
31名の陽性患者が着用していたウェアラブル端末の情報を、研究チームが分析した結果、80%の確率で発症時又は発症前に心拍数上昇等の感染の兆候を検知できていたことが判明しています。最も初期段階での検知に成功した端末では、発症の9日前に感染の兆候を検知しており、平均でも発症3日前には検知しています。
 
研究チームを率いるスナイダー教授は、「発症前に感染の可能性を伝えることが可能になれば、感染者に外出自粛を求め、感染拡大を抑えることができるため、非常に強力な感染拡大防止策となるだろう」とコメントしています。
 
Reutersによると、スタンフォード大学以外にも、Fitbit等の企業がウェアラブル端末による新型コロナウイルス検知を研究しています。

日本では心電図アプリは現時点で使用不可

海外では、Apple Watchの心電図アプリにより、病気を初期段階で検知し治療に成功した事例が報告されています。残念ながら、日本では医療機器としての認可が必要なため、現時点ではApple Watchの心電図アプリは使用できません。
 
海外で新型コロナ対策としてApple Watch等のウェアラブル端末の活用が進み、日本でも心電図アプリが利用可能となることが期待されます。
 
 
Source:Reuters
Photo:Apple
(seng)



Apple、watchOS7とtvOS14の開発者向けベータ3をリリース


 
Appleは、開発者向けにwatchOS7tvOS14のベータ3をリリースしています。

iOS14/iPadOS14のベータ3と同時にリリース

watchOS7ベータ3とtvOS14ベータ3は、iOS14/iPadOS14のベータ3と同時にリリースされました。
 
ベータ3は、ベータ2から約2週間、世界開発者会議(WWDC 2020)での発表から1カ月でのリリースとなりました。
 
本稿執筆時点では、ベータ3での目立った変更点は見つかっていない模様です。

watchOS7では睡眠記録、手洗いアプリが利用可能に

watchOS7では、新作の文字盤が利用可能になるほか、コンプリケーションをカスタマイズできる自由度が向上します。
 


 
Apple Watchを装着して就寝することで睡眠記録機能が利用できるようになるほか、手を洗うときの音を検知して20秒以上手を洗うよう促す機能が追加されます。
 

 

tvOS14では小画面機能、HomeKit対応が強化

tvOS14では、メインの画面に小さい画面を重ねて表示できるピクチャ・イン・ピクチャ機能が使えるようになるほか、HomeKit対応の防犯カメラなどの機器をテレビから操作できるようになります。
 
また、AppleのゲームサブスクリプションサービスApple Arcadeを複数ユーザーで利用可能になります。
 
 
Source:MacRumors (1), (2)
(hato)

このページはApple、watchOS7とtvOS14の開発者向けベータ3をリリースの記事を引用しています

Share