視覚障害を持つiPhoneユーザーの文字入力の速さに驚嘆の声〜点字キーボードを使用


 
クリスティ・ヴィアスさんが、自分が普段どのようにiPhoneの点字キーボードを使ってTwitterを利用しているかをTwitterに動画で投稿したところ、大きな反響を呼んでいます。

ヴィアスさんはiPhoneのアクセシビリティ機能を利用

iPhoneはアクセシビリティ機能に優れており、画面上で起きていることを声で聴いたり、VoiceOverでテキスト入力を行うことが可能ですが、デバイスの画面に直接点字の入力ができることはあまり知られていないかもしれません。
 
ヴィアスさんは、普段自身がiPhoneでどのように点字を使ってテキスト入力を行っているかをTwitterに投稿しました。
 

I thought I would share how I, as someone who is visually impaired use my iPhone.

pic.twitter.com/wPI9smOIq0

— Kristy Viers

(@Kristy_Viers) July 26, 2020

 
ヴィアスさんの文字入力があまりにスムーズなため、驚嘆の声と共に多くの質問が寄せられています。「何か特別なプログラムを使用しているのですか?」との質問に対して、男性が「ヴィアスさんはただiPhoneに元から入っているアクセシビリティ機能を使用しているだけだよ」と答えています。
 

Kristy is just using the accessibility features included with iOS. The on screen Braille keyboard is added to the rotor. Settings > Accessibility > Voiceover > rotor. She’s using 6 dot Un-contracted Braille. She says it doesn’t have all the contractions for contracted.

— Greg (@gnl221) July 26, 2020

 
ヴィアスさんが行っているようにiPhoneで点字入力を行うには、VoiceOverが有効になっていることを確認し、VoiceOverのローターを点字画面入力に設定します。
 
点字画面入力がローターに入っていない場合は、「設定」>「アクセシビリティ」>「VoiceOver」>「ローター」の順に選択し、「点字画面入力」をオンにします。
 
点字画面入力の設定も変更可能で、1級英語点字(6点式)または 2級英語点字をデフォルトとして設定したり、6点式点字と 8点式点字で点位置を反転させることができます。
 
 
Source:Apple [1], [2], [3]
(lexi)



関連コンテンツ

Googleマップ、Apple Watchに復活&CarPlayにもフル対応

watchOS7、初のパブリックベータ版がリリース

ニューヨーク州都市交通局、マスクを着けたままでもFace IDはうまく機能すべきと主張

最新Galaxyフラッグシップ機を見て思ったiPhone12が搭載すべき5つの機能

【iOS14】iPhoneの標準ブラウザ「Safari」10の進化

イオシスが夏祭りセール開始、iPad Pro 10.5、mini 4などを販売中

iPhone12のディスプレイには、120Hz駆動IC自体が搭載されていない?

iOS/iPadOS14、macOS Big Surの各パブリックベータが公開

「PASMO」、年内にiPhone・Apple Watchへ対応

ようやく! PASMOが年内にApple Payへ対応するよー



Googleマップ、Apple Watchに復活&CarPlayにもフル対応


 
Googleは、GoogleマップApple Watchで再び利用可能になり、CarPlay Dashboardにも対応したと発表しました。今後、数週間でユーザーが利用可能になる予定です。

ナビゲーション中も音楽やPodcastの操作が可能

Googleは現地時間8月10日、「Googleマップ」アプリが、iOS13で刷新された「CarPlay Dashboard」に対応したと発表しました。
 
ユーザーは、ナビゲーション中に音楽の再生、Podcastやオーディオブックの操作、スケジュールの確認が可能になります。

2017年のサポート対象外から復活

GoogleマップのApple Watch用アプリも、再び利用可能になります。
 


 
Apple Watch版のGoogleマップでは、Apple純正マップと同様、iPhoneと同期して次の曲がり角などを知らせるナビゲーションが利用可能です。
 
Googleマップは、2017年5月にApple Watch向けアプリをサポート対象外としていましたが、Goolgeは「将来的には再びサポートを行う予定」と語っていました。
 
GoogleマップのApple WatchやCarPlay Dashboardへの対応は、今後数週間かけて順次、世界各国で進められるとみられます。
 

 
 
Source:Google, MacRumors, 9to5Google
(hato)

このページはGoogleマップ、Apple Watchに復活&CarPlayにもフル対応の記事を引用しています



watchOS7、初のパブリックベータ版がリリース


 
Appleは現地時間8月10日、watchOS7の初のパブリックベータ版を登録ユーザー向けにリリースしました。
 
なおAppleはこれまでwatchOSについては、開発者向けにしかベータ版を公開していませんでした。

watchOS初のパブリックベータ版

Appleは、iOS/iPadOS、macOS、tvOSについては、以前よりApple Beta Software Program経由で一般登録ユーザー向けにパブリックベータ版をリリースしてきました。
 
しかしwatchOSは、今回のwatchOS7で初めて、パブリックベータ版が公開されることになります。

watchOS7パブリックベータを試す際の注意点

watchOS7を正式リリース前にぜひ試したいという人は、Apple Beta Software Programに登録すればテストすることができます。ただし、いくつか注意点があります。
 
まずwatchOS7を試すには、同期しているiPhoneにiOS14ベータをインストールする必要があります。そして一度watchOS7ベータをインストールすると、何か問題が発生してもwatchOS6へダウングレードすることはできません。
 
またAppleは、watchOS7ベータの現在のバージョンでは、VoiceOverが正しく機能しないと忠告しています。VoiceOverを頻繁に使っている場合は、この問題が解消されるまでベータ版をインストールしないほうがいいでしょう。

Apple Watch Series 1と2には非対応

さらにwatchOS7は、Apple Watch Series 1と2には対応しない点に注意が必要です。つまりSeries 1と2のユーザーは、watchOS7ベータを試すことは出来ません。
 
そしてベータ版すべてに共通しますが、これらはあくまで開発段階にあるプレリリースバージョンなので、不具合があるのは当然だと認識しましょう。

 
 
Source:9to5Mac,Apple Beta Software Program
(lunatic)

このページはwatchOS7、初のパブリックベータ版がリリースの記事を引用しています



ニューヨーク州都市交通局、マスクを着けたままでもFace IDはうまく機能すべきと主張


 
iOS13.5ベータでは、マスク着用時のFace ID利用で、自動的にパスコード入力画面へと移動する仕様へと変更されましたが、ニューヨーク州都市交通局は乗客がiPhoneでの支払いの際にマスクを外してFace IDを使っており、感染リスクが高まっているとして、顔認証機能の改善を求める内容の手紙をAppleのティム・クック最高経営責任者(CEO)に送った、と伝えられています。

新技術を使ってマスク着用でもFace IDが機能するようにして欲しい

AP通信が入手した、ニューヨーク州都市交通局トップのパトリック・フォイエ氏がクックCEOに送った手紙には、次のように記されています。
 

Appleがこの問題に取り組んでいることは知っているが、テック企業の国際的リーダーとして、様々な技術を使える立場にいると理解している。Appleには、新技術の導入を加速させ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)時代の顧客の安全を守るための解決策を見つけてもらいたい。

 
Appleは、iOS13.5ベータでマスク着用だとFace IDをスキップし、パスコード入力画面へと移動する仕様を取り入れましたが、フォイエ氏は「マスク着用でもFace IDがちゃんと機能するよう何とかして欲しい」と主張しているようです。

マスク着用時でもFace IDを突破するテクニックも

多機能アプリWeChatの運営母体として知られる中国TencentのXuanwu Labのセキュリティ研究者らは今年4月、iPhone11を使って、マスクを着用した顔でもFace IDで顔認証させる方法を編み出したと報告しています。
 
しかしながら、マスクの素材や形によってはうまくいかない場合もあるとのことで、マスク着用時でもFace IDがちゃんと機能するApple公式のアップデートがあれば、重宝するかもしれません。
 
 
Source:ABC News via AppleInsider
Photo:Yoni13132/Wikimedia Commons
(lexi)



最新Galaxyフラッグシップ機を見て思ったiPhone12が搭載すべき5つの機能


 
Samsungは現地時間の8月5日、Galaxy Note20 Ultraを含める最新デバイスを発表しました。米メディアCNETは、Note20 Ultraを実際に手にとって見たときに感じた、**iPhone12にあったらいいなと思う機能を5つ**リストアップしています。

望遠カメラ

今年2月、Samsungは光学13倍ズーム、デジタル100倍ズームが可能なGalaxy S20 Ultraをリリースしました。先週発表されたGalaxy Note20 Ultraには、光学5倍ズーム、デジタル50倍ズームのカメラが搭載されています。
 
一方、iPhone11 Proのカメラは光学2倍ズームにとどまっています。CNETは、iPhone12にデジタルズームが搭載されるべきとは言わないが、せめて光学3倍もしくは4倍ズームは欲しいところだ、とコメントしています。

Gorilla Glass Victus

Galaxy Note20 Ultraには、噂されていたとおり次世代ディスプレイガラスGorilla Glass Victusが採用されています。
 
Gorilla Glass Victusは、2メートルからの落下試験や、8ニュートンの負荷試験でも割れが生じなかったというテスト結果が報告されています。iPhone11 Proはこれまでの実験で高い耐久性が証明済みですが、iPhone12にGorilla Glass Victusが搭載されれば、耐衝撃性能はさらにアップすると期待されます。

Apple Pencilのサポート

Galaxy Note20 Ultraでは、SamsungのスタイラスS-Penが利用可能となっています。最新S-Pen使用時のNote20 Ultraのレイテンシ(通信の遅延時間)はわずか9ミリ秒と、Apple PencilをiPad Proで使ったときと同じで、非常にスムーズなインタラクションが可能となっています。
 
CNETは、iPhone12シリーズの中でも画面の大きいMaxモデルでApple Pencilがサポートされれば素晴らしい、とコメントしています。iOS14では、元々iPadの機能だったピクチャ・イン・ピクチャも利用可能となっており、よりiPadに近くなっていく路線もアリなのではないでしょうか。

小さいノッチ

Galaxy Note20 Ultraの自撮りカメラは、パンチホール型となっているため、ディスプレイの侵食領域が最小限に抑えられています。
 
Appleは、iPhone XからiPhone11シリーズまで一環して同じ大きさのノッチを採用してきていますが、もしiPhone12で小さなノッチが実現すれば、見た目に大きな改善がみられるだろう、とCNETは述べています。

より高いリフレッシュレート

Galaxy Note20 Ultraのディスプレイのリフレッシュレートは120Hzと、iPad ProのPro Motionディスプレイと同じスムーズさが実現されています。
 
現行のiPhoneが搭載するディスプレイのリフレッシュレートはすべて60Hzとなっていますが、120Hzとなった場合、Apple Arcadeのゲームなど、恩恵がもたらされるAppleコンテンツもあるでしょう。
 
 
Source:CNET
Photo:Samsung
(lexi)



【iOS14】iPhoneの標準ブラウザ「Safari」10の進化


 
iOS14では、iPhoneの標準Webブラウザ「Safari」が大きく進化します。米メディアMacRumorsが、Safariの変更点を10個まとめているのでご紹介します。

iOS14でパワーアップするSafari

秋に正式版が公開予定のiOS14では、多くのiPhoneユーザーが利用する標準ブラウザアプリSafariも進化して魅力を増します。
 
iOS14でのSafariは、以下のように進化します。

1. スピードとパフォーマンスの向上

Appleによると、iOS14のSafariは、AndroidでChromeを使う時の最大2倍高速という「圧倒的に速いJavaScriptエンジン」を搭載することで「世界で最も高速なブラウザ」になっています。

2. 翻訳機能


 
アドレスバーに表示された「AA」のアイコンをタップするだけで、Webページ全体を翻訳することができます。
 
翻訳機能は、日本語をはじめ、英語、スペイン語、北京語、韓国語、ロシア語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語(ブラジル)、アラビア語の11言語に対応しています。
 

3. パスワードの監視


 
iOS14のSafariでは、保存したパスワードを、過去に漏えいしたパスワードのリストと照合し、もし漏えいが確認された場合はユーザーに知らせて「Appleでサインイン」か、強固なパスワードを自動生成します。
 
パスワードの保存や照合には、強固な暗号化技術が用いられ、パスワード情報はAppleも知ることはできません。

4. プライバシーレポート


 
Appleは近年、複数のWebサイトの閲覧内容をもとにした追跡型広告をブロックするITP(Intelligent Tracking Prevention)を提供しており、iOS14ではその動作状態をユーザーが簡単に確認できるようになります。
 
iOS14とmacOS Big Surの「プライバシーレポート」機能では、Safariがブロックしたサイト越えトラッカーを確認できます。

5. ピクチャ・イン・ピクチャ


 
Safariで動画再生中に「ピクチャ・イン・ピクチャ」ボタンをタップすれば、動画を再生しながら、Webサイトを閲覧したりほかの作業をしたりできます。
 
ピクチャ・イン・ピクチャのウインドウの位置は自由に変更できます。
 

6. 検索ウインドウからWebサイトへ

検索ウインドウに、「iphone-mania.jp」のようにURLを入力し「go」ボタンをタップするだけでWebサイトにジャンプできます。検索結果からリンクをタップする必要はありません。

7. 「Appleでサインイン」がシンプルに


 
Appleは、開発者に既存のWebサービスアカウントを、よりセキュリティに優れた「Appleでサインイン」に置き換えるツールを提供しています。
 
今後、iPhone、iPad、Macユーザーが「Appleでサインイン」を利用できるサービスが増えることが期待できそうです。
 

8. トラッキングの許可


 
アプリがユーザーをWebサイトやアプリをまたいでトラッキングし、ユーザーごとに最適化した広告を配信したい場合、ユーザーの許可を得ることが義務付けられます。
 
ユーザーがトラッキングを許可したアプリは「設定」で確認・変更できます。

9. スクリブル(iPadOS14)


 
iPadOS14では、テキスト入力フィールドにApple Pencilで手書きした文字がテキストに変換される「スクリブル」が利用できます。SafariのURL入力やGoogle検索などの操作が簡単になります。
 
なお、iPadOS14で対応するスクリブル機能は、英語、中国語(簡体字と繁体字)にのみ対応しており、日本語の対応予定は発表されていません。

10. 他のブラウザを標準アプリに

URLをタップした時に開く標準ブラウザを、Safari以外のサードパーティ製ブラウザアプリに設定できます

 
 
Source:MacRumors, Apple
(hato)

このページは【iOS14】iPhoneの標準ブラウザ「Safari」10の進化の記事を引用しています



イオシスが夏祭りセール開始、iPad Pro 10.5、mini 4などを販売中


 
ユーズドスマホやラップトップを数多く取り扱っているイオシスが、8月8日から16日までの9日間にわたり、「夏せーる 爆熱夏祭り!!」と題したセール販売を実施しています。同店のWebチラシには、iPad ProやiPad mini 4、MacBook Airが掲載されています。

セール販売対象のApple製品

イオシスが本日8月8日から開催しているセール販売のWebチラシには、下記のApple製品が掲載されています。
 

製品名

ストレージ

価格(税込)

iPad Pro 10.5
WiFi + セルラー / SIMロック解除済み

64GB

52,800円

iPad mini 4
WiFi + セルラー / SIMロック解除済み

16GB

25,800円

MacBook Air
Early 2015 / RAM 8GB

256GB

69,800円

イオシスでは香港版SIMフリーiPhone SE(第2世代)が人気

イオシスは香港版SIMフリーiPhone SE(第2世代)を販売しており、同店Twitterでは度々、その販売が好調であることを伝えています。
 

累計販売数480台突破

iPhone SE A2296 香港版 未使用品
64GB 税込59,800円
在庫状況⇒https://t.co/bRNDw7f2sK
128GB 税込64,800円
在庫状況⇒https://t.co/zWcDbaTcGl
256GB 税込82,800円
在庫状況⇒https://t.co/nygXxWUQkz
本日追加分WEBにUPされました!!#イオシス #iPhoneSE2020 pic.twitter.com/M1rHIQ1Xsj

— イオシス公式 (@iosys_official) August 7, 2020

 
 
Source:イオシス
(FT729)



iPhone12のディスプレイには、120Hz駆動IC自体が搭載されていない?


 
ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCCの最高経営責任者(CEO)ロス・ヤング氏が、「iPhone12のディスプレイには、リフレッシュレート120Hzを実現するためのドライバIC自体が搭載されていない」と投稿しています。この情報が正しければ、iPhone12の有機EL(OLED)ディスプレイはリフレッシュレート120Hに対応しているが、ソフトウェアで無効化されているだけとする自称リーカーの情報は間違いだったことになります。

リフレッシュレート120Hz用のドライバIC未搭載

ヤング氏が情報筋から入手した情報によれば、iPhone12用のOLEDディスプレイにはリフレッシュレート120Hzを実現するためのドライバIC自体が搭載されていないとのことです。
 

Our sources indicate no 120Hz hardware on new iPhones. You need 120Hz driver ICs.

— Ross Young (@DSCCRoss) August 4, 2020

 
DSCCは以前、今年発売予定の120Hz以上対応スマホのリストにiPhone12 Proシリーズを記載していましたが、その後リストを修正し、iPhone12シリーズを削除していました。

自称リーカーはソフトウェアで60Hzに抑えているだけと主張

iOS14のベータ版から、ディスプレイの最大フレームレートを60Hzに制限するとのオプションが発見されたことで、自称リーカーなどが「iPhone12のOLEDディスプレイは120Hzに対応しているが、ソフトウェアで制限しているだけ」と投稿していました。
 
ヤング氏の情報通りリフレッシュレート120Hzを実現するためのドライバICが搭載されていなければ、ソフトウェアを改造して有効化することも無理ということになりそうです。
 
 
Source:Ross Young/Twitter, Apple RUMORs (LEAKS)/Twitter, Jiorīku/Twiter
Photo:Apple Hub/Twitter
(FT729)



iOS/iPadOS14、macOS Big Surの各パブリックベータが公開


 
Appleは現地時間8月6日、iOS/iPadOS14パブリックベータ4をリリースしました。同時に、macOS Big Surの初のパブリックベータも公開しています。

内容は開発者向けベータ4と同じ

Appleは先日の開発者向けiOS/iPadOS14ベータ4に続いて、パブリックベータ4を登録ユーザー向けにリリースしました。パブリックベータ4での変更点は、Apple TVウィジェットの追加、新型コロナウイルス追跡アプリ用API対応の復活、検索機能の向上、3D Touchの復活など、開発者向けベータ4と同じです。

初のmacOS Big Surパブリックベータ版が公開


 
またAppleは、macOS Big Surの初のパブリックベータ版もリリースしました。iOS/iPadOS14のパブリックベータ版は7月から公開されていますが、macOS Big Surについては開発者向けベータ版のみで、パブリックベータ版はこれまで公開されていませんでした
 
iOS/iPadOS14、macOS Big Surの正式版のリリースは秋ですが、Apple Beta Software Programに登録すれば、プレリリースバージョン、つまりパブリックベータ版を試すことが出来ます。同プログラムへはこちらのページから登録可能です。

 
 
Source:9to5Mac(1),(2)
(lunatic)

このページはiOS/iPadOS14、macOS Big Surの各パブリックベータが公開の記事を引用しています



「PASMO」、年内にiPhone・Apple Watchへ対応

PASMO協議会が、2020年中にApple Payへの対応を行うと発表しました。

これにより、iPhoneおよびApple WatchでPASMOを利用することができるようになります。

スマートフォンでは現在、PASMOが使えるのはおサイフケータイ対応のAndroid端末に限られており、iOSユーザーにとっては待望のニュースではないでしょうか。

詳細は後日発表されるとのことですが、年内対応とあるのであと少し首を長くして待ちたいところです。

【リンク】PASMO – プレスリリース

【20%増量】Amazonギフトに現金5,000円チャージで1,000ポイント付与(初回限定)


©2019 “Touch Lab - タッチ ラボ”.

このページは「PASMO」、年内にiPhone・Apple Watchへ対応の記事を引用しています



ようやく! PASMOが年内にApple Payへ対応するよー

Image:PASMOあぁ、またひとつ、財布からカードが消える(よきかな!)。

本日、PASMOのApplePay対応が発表されました。

Androidではすでに「モバイルPASMO」がスタートしていますが、iOSは置いてけぼり食らっている状態。

「なんで我だけ…」と歯ぎしりしていたiPhonexPASMOユーザーも少なくないはずなので、これは嬉しい報告でしょう!特にPASMO定期券の人は捨てるに捨てら

このページはようやく! PASMOが年内にApple Payへ対応するよーの記事を引用しています

Share