2021年3月に「iPhone12 R」や次世代AirPodsが発表との情報


 
Appleが2021年3月23日に新製品発表イベントを開催し、「iPhone12 R」や低価格モデルのApple Watch、第3世代のAirPods、iPadシリーズを発表する、との情報が発信されています。

2021年3月のイベント開催日が流出?

2021年3月23日(火)にAppleが「iPhone12 R」などを発表すると発言しているのは、Apple製品のコンセプトデザインなどを公開しているTwitterユーザーのApple Lab(@aaple_lab)氏です。
 
同氏は、情報源として先日、iPhone12発表イベントなどの日程について発言したKomiya(@komiya_kj)氏の名前を挙げています。
 
Apple Lab氏によると、来年3月に発表される新製品は以下のとおりです。
 

  • iPhone12 R(仮称)
  • 12.9インチiPad Pro (ミニLEDディスプレイ)
  • 低価格モデルのApple Watch
  • AirPod(第3世代)
  • iPad Mini
  • iPad Air

March keynote – 23 March (Depending from the COVID-19)

#iPhone 12R (name unknown / name only for concept)
#iPad Pro 12.9” with MiniLED
– Сheap Apple Watch
#AirPods (3th Gen)
– iPad Mini / iPad Air

– Concept by: @aaple_lab
– Source: @aaple_la / @komiya_kj pic.twitter.com/8UQHMFlGgV

— Apple Lab (@aaple_lab) July 27, 2020

 

「iPhone12 R」の正体は不明

「iPhone12 R」の名称は不明で、あくまでも仮称とのことですが、「iPhone SE Plus」とも噂されるiPhone SE(第2世代)の大画面モデルを指すのか、iPhone12シリーズの一部なのかは情報がありません。
 
ミニLED搭載の12.9インチiPad Proについては、Komiya氏は先日、2020年10月にiPad Proが発表されると述べていましたが、発表時期がずれ込むのか、11インチモデルと発表時期が分けられる可能性もあります。

Apple Watch Series 3後継の低価格モデルも?

低価格モデルのApple Watchは、現在のApple Watch Series 3のポジションを引き継ぐモデルになると見られます。筐体がApple Watch Series 4以降のものになるのか、Apple Watch Series 3の筐体に新世代チップを搭載する可能性もあります。
 
AirPods(第3世代)は、以前から噂のある次期モデルに相当するとみられます。
 
いずれも、これまでのアナリストによる予測などに符合する部分のある情報ではありますが、半年以上先のことですので、参考程度にとらえておくのが良さそうです。
 
 
Source:Apple Lab(@aaple_lab)/Twitter via AppleInformed
(hato)

このページは2021年3月に「iPhone12 R」や次世代AirPodsが発表との情報の記事を引用しています



関連コンテンツ

新型Apple Watchか新型AirPods用充電ケースのバッテリー画像が流出?

米ロサンゼルスの公共交通機関の「TAPカード」が年内にApple Payに対応へ

iO14とmacOS Big Surのボイスメモアプリに「音質改善」機能が追加

Googleマップ、Apple Watchに復活&CarPlayにもフル対応

watchOS7、初のパブリックベータ版がリリース

Apple Watchの心電図アプリ、韓国で認可取得〜数カ月以内に有効化か?

Apple共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏、70歳の誕生日をオンラインで祝福

Apple Watchの2023年か2024年モデルがマイクロLEDを初搭載か?

WeChatがApp Storeから削除で中国国内のiPhone出荷台数は30%減

将来のApple Watchの緊急通報では、心電図、緊張状態など多くのデータを送信?



新型Apple Watchか新型AirPods用充電ケースのバッテリー画像が流出?


 
Apple Watch Series 6用か、新型AirPods用充電ケースのバッテリーと思われるものが、韓国試験研究院 (KTR:Korea Testing & Research Institute)への申請データから見つかったとTwitterユーザーが報告しています。

Apple Watch Series 5用よりも容量がしているが

Abhishek Yadav(@yabhishekhd)氏がTwitterに投稿したのは品番A2237のバッテリーで、容量は303mAhとのとこです。
 

Apple A2327 Having 303mAh Battery Appears On Korean Certification.
May Be Upcoming Apple Earpods Charging Case. pic.twitter.com/CnfMOwAGWH

— Abhishek Yadav (@yabhishekhd) August 1, 2020

 
この容量は、Apple Watch Series 5用バッテリーであるA2182の296mAhより大きいものだとMacRumorsは報じています。
 
Abhishek Yadav(@yabhishekhd)氏自身は、AirPods(コメント欄でEarPodsから修正)用充電ケースのものと予想しています。

Force Touch未搭載で空いたスペース分が増加か

MacRumorsによれば、これがApple Watch Series 6用バッテリーの場合、Force Touchを搭載しなくなることで出来たスペース分の容量が増えたのかもしれいないとのことです。ただし、容量は7mAhしか増えていないため、それによって大幅にバッテリー持続時間が伸びることはないだろうと同メディアは伝えています。
 
Apple Watch Series 6には、血中酸素飽和度測定機能が搭載されると噂されています。
 
 
Source:Abhishek Yadav(@yabhishekhd)/Twitter via MacRumors
Photo:Apple Hub
(FT729)



米ロサンゼルスの公共交通機関の「TAPカード」が年内にApple Payに対応へ


 
カリフォルニア州ロサンゼルスの25の公共交通機関で使える「TAPカード」が、Apple Payでの支払いに今年対応することが明らかになりました。

Walletアプリに追加してエクスプレスカードとして使用可

当初2019年内のApple Payサポート開始が報じられていたTAPカードですが、実現には至りませんでした。
 
しかしながら現地時間の7月14日、ロサンゼルスの地下鉄LA Metroは、Twitterで今年年内のApple Pay対応を発表しました。
 

Your TAP card is coming to iPhone and Apple Watch this year. pic.twitter.com/psQt1Uq3SD

— LA Metro (@metrolosangeles) July 14, 2020

 
交通系ICカードは、Walletアプリに追加するとApple Payのエクスプレスカードとして使用することができます。
 
6月上旬には香港の「オクトパスカード」でもApple Payのサポートが開始されたばかりです。

日本ではすでに対応済み

日本では、Suicaを使えるすべての交通機関でApple Payのエクスプレスカードが利用できます
 
Appleはエクスプレスカードに対応する国/地域のリストを随時更新しています。
 
7月15日現在、下記のエリアの公共交通機関でApple Payが利用可能となっています。
 
中国本土

  • China T-Union交通系IC カードを使えるすべての交通機関
  • 北京:北京市政交通カードおよびChina T-Union交通系ICカード
  • 上海:上海公共交通カード

 
香港

  • オクトパスカード(八達通)を使えるすべての交通機関

 
日本

  • Suicaを使えるすべての交通機関

 
英国

  • ロンドン:Transport for London(TfL)

 
米国

  • ニューヨーク市:Metropolitan Transportation Authority(MTA)
  • ポートランド:Hop Fastpassを使えるすべての交通機関

 
 
Source:AppleInsider, Apple
(lexi)



iO14とmacOS Big Surのボイスメモアプリに「音質改善」機能が追加


 
Appleの世界開発者会議WWDC20で発表されたiOS14macOS Big Surのさまざまな新機能が明らかになっていますが、ボイスメモアプリもアップグレードされていることがわかりました。新たに「音質改善(Enhance Recording)」機能が追加され、録音を行ったあとに音質をよりクリアにすることができるようになりました。

タップひとつでバックグラウンドノイズと室内残響を低減

Appleによれば、ボイスメモアプリの「音質改善」機能で、バックグラウンドノイズと室内残響をタップひとつで低減することができるとのことです。
 
ひとたび録音を終えると、写真アプリの自動補正に似た小さなアイコンが表示されます。音質改善ボタンをタップすると、音質を自動的に改善してくれます。
 
音質改善機能は、iPhone、iPadやMacから直接録音を行ってポッドキャスト制作を行う人にとって特に役に立ちそうです。
 

Voice Memos in iOS 14 has an ‘Enhance Recording’ feature that reduces background noise and echo to make voices more clear.

Kind of fun to imagine if Apple were to use this for Podcasts down the road… pic.twitter.com/GuqDsNYGsA

— Federico Viticci (@viticci) June 30, 2020

 
ボイスアプリに追加された新機能は以下のとおりです。
 

  • フォルダ:ボイスメモ録音のオーガナイズが可能に
  • スマートフォルダ:Apple Watch上の録音を自動でオーガナイズ
  • お気に入り:気に入った録音をお気に入りに指定可能に
  • 音質改善:バックグラウンドノイズと室内残響をタップひとつで低減

 
新らしくなったボイスメモをアプリは、iOS14、iPadOS14macOS 11 Big Surのベータ版で利用可能となっています。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:@viticci/Twitter
(lexi)



Googleマップ、Apple Watchに復活&CarPlayにもフル対応


 
Googleは、GoogleマップApple Watchで再び利用可能になり、CarPlay Dashboardにも対応したと発表しました。今後、数週間でユーザーが利用可能になる予定です。

ナビゲーション中も音楽やPodcastの操作が可能

Googleは現地時間8月10日、「Googleマップ」アプリが、iOS13で刷新された「CarPlay Dashboard」に対応したと発表しました。
 
ユーザーは、ナビゲーション中に音楽の再生、Podcastやオーディオブックの操作、スケジュールの確認が可能になります。

2017年のサポート対象外から復活

GoogleマップのApple Watch用アプリも、再び利用可能になります。
 


 
Apple Watch版のGoogleマップでは、Apple純正マップと同様、iPhoneと同期して次の曲がり角などを知らせるナビゲーションが利用可能です。
 
Googleマップは、2017年5月にApple Watch向けアプリをサポート対象外としていましたが、Goolgeは「将来的には再びサポートを行う予定」と語っていました。
 
GoogleマップのApple WatchやCarPlay Dashboardへの対応は、今後数週間かけて順次、世界各国で進められるとみられます。
 

 
 
Source:Google, MacRumors, 9to5Google
(hato)

このページはGoogleマップ、Apple Watchに復活&CarPlayにもフル対応の記事を引用しています



watchOS7、初のパブリックベータ版がリリース


 
Appleは現地時間8月10日、watchOS7の初のパブリックベータ版を登録ユーザー向けにリリースしました。
 
なおAppleはこれまでwatchOSについては、開発者向けにしかベータ版を公開していませんでした。

watchOS初のパブリックベータ版

Appleは、iOS/iPadOS、macOS、tvOSについては、以前よりApple Beta Software Program経由で一般登録ユーザー向けにパブリックベータ版をリリースしてきました。
 
しかしwatchOSは、今回のwatchOS7で初めて、パブリックベータ版が公開されることになります。

watchOS7パブリックベータを試す際の注意点

watchOS7を正式リリース前にぜひ試したいという人は、Apple Beta Software Programに登録すればテストすることができます。ただし、いくつか注意点があります。
 
まずwatchOS7を試すには、同期しているiPhoneにiOS14ベータをインストールする必要があります。そして一度watchOS7ベータをインストールすると、何か問題が発生してもwatchOS6へダウングレードすることはできません。
 
またAppleは、watchOS7ベータの現在のバージョンでは、VoiceOverが正しく機能しないと忠告しています。VoiceOverを頻繁に使っている場合は、この問題が解消されるまでベータ版をインストールしないほうがいいでしょう。

Apple Watch Series 1と2には非対応

さらにwatchOS7は、Apple Watch Series 1と2には対応しない点に注意が必要です。つまりSeries 1と2のユーザーは、watchOS7ベータを試すことは出来ません。
 
そしてベータ版すべてに共通しますが、これらはあくまで開発段階にあるプレリリースバージョンなので、不具合があるのは当然だと認識しましょう。

 
 
Source:9to5Mac,Apple Beta Software Program
(lunatic)

このページはwatchOS7、初のパブリックベータ版がリリースの記事を引用しています



Apple Watchの心電図アプリ、韓国で認可取得〜数カ月以内に有効化か?


 
Apple Watch心電図アプリ有効化に向け、Appleが韓国食品医薬品安全処(MFDS:Korean Ministry of Food and Drug Safety)から承認を得たとPatently Appleが報じています。今後数カ月以内に、韓国内ではApple Watchの心電図アプリを有効化出来る可能性があります。

Apple Watch Series 6登場と共に有効化可能になる?

Patently Appleによれば、心電図アプリの承認をMFDSから得たとしても、Apple Watch Series 5を使用しているユーザーがすぐにそれを有効化出来るようになるのか、Apple Watch Series 6の発売と同時に可能になるのかはまだ不明とのことです。
 
同メディアは、Samsung Galaxy Watch3の心電図測定機能が、アメリカ食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration)の承認を得たことも伝えています。

日本では承認取得と販売体制構築に課題か

心電図アプリの有効化に関し日本では、医療機器や医薬品の審査・承認などを行う、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA;Pharmaceuticals and Medical Devices Agency)が公開した「認定・登録外国製造業者リスト(令和2年6月1日現在)」にAppleが掲載されていたことから、「心電図アプリ」が有効化されるのではないかと期待されています。
 
ただし、心電図アプリもしくはそれを搭載したApple WatchがPMDAから「管理医療機器 クラスII」の承認を得た後に、それらを販売又は貸与する場合には販売店舗ごとに要件を満たす管理者を設置しなければならないため、販売方法についてAppleがどのように対応するのか注目されています。
 
 
Source:Patently Apple, 千葉県 (1), (2), 埼玉県, 公益財団法人 医療機器センター
Photo:Apple
(FT729)



Apple共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏、70歳の誕生日をオンラインで祝福


 
スティーブ・ジョブズ氏とともにAppleを創業したことで知られるスティーブ・ウォズニアック氏が、自身の70歳の誕生日をオンラインイベントで祝福することが明らかになりました。

参加者のリストにはスターの名前も

ウォズニアック氏のスペシャルバースデーイベントは、太平洋夏時間8月11日午後17時(日本時間8月12日午前9時)から特別Webサイト、Twitter、Twitch上で配信が行われます。
 
イベントには、スタンダップ・コメディアンのクリス・ロックや、カントリーロックシンガーのエミルー・ハリスといったスターも登場するようで、総勢50名以上の名前が参加者リストに記されています。

11日間続くチャレンジに参加して賞品をゲット!

ウォズニアック氏は、11日のイベントを皮切りに、”ウォズダム(ウォズニアックとウィズダム[知恵の意]を組み合わせた造語)の11日間”と名付けられた11日間続く視聴者参加型チャレンジも開催します。
 
チャレンジは、「ウォズの誕生会に出席し、宣伝する」「ウォズにハッピーな顔を見せる」「ウォズに最高のジョークを言う」など全部で11個あり、Twitter上でハッシュタグ#wozdomday+日付と、ウォズニアック自身(@SteveWoz)をタグして参加することができます。なお、チャレンジは順番通りにやる必要はないとのことです。
 
最終的に勝ち残った5人の勝者には、以下の5つの賞品が贈呈されます。
 

  • 13インチMacbook Air
  • Airpods(充電ケース付き)
  • iPhone SE 64GB
  • 10.2インチiPad Wi-Fi対応モデル 32GB
  • Apple Watch Series 3 GPSモデル – 38mm シルバーアルミケースホワイトスポーツバンド

 
*すべてウォズニアック氏のサイン入り
 
 
Source:Woz’s 70th BirthdayAppleInsider
(lexi)



Apple Watchの2023年か2024年モデルがマイクロLEDを初搭載か?


 
Apple Watchの2023年か2024年モデルが、Appleの製品として初めてマイクロLEDディスプレイを搭載するモデルになるとの予想を、AppleInsiderが報じています。

ディスプレイ業界筋の情報


 
ディスプレイメーカーであるEpistarの会長、リー・ビーン・ジェ(Lee Biing-jye)氏によれば、「マイクロLEDディスプレイの採用は3年〜4年後にスマートウォッチ市場から始まるだろう」とのことです。
 
EpistarはマイクロLEDディスプレイ製造における問題点を新技術で解決しており、今後2年〜3年で量産を開始、3年〜4年後の搭載製品の登場に向けて、現在は歩留まり改善とコスト削減に焦点をあてているとリー氏は述べています。
 
リー氏は、マイクロLEDディスプレイをスマートウォッチに搭載することを検討しているベンダーがいることも伝えています。

スマートウォッチ用は約30万個のマイクロLEDを搭載

同氏によれば、300 x 300ピクセルのスマートウォッチ用マイクロLEDディスプレイには約30万個のマイクロLEDを搭載する必要があるとのことです。AppleInsiderは、「Apple WatchへのマイクロLEDディスプレイ搭載には、一層の薄型化の実現、消費電力の低減というメリットがある」と記しています。
 
LED専門メディアであるLEDinsideも、Apple製品においてマイクロLEDディスプレイを搭載する最初の製品はApple Watchになるだろうと予想しています。
 
 
Source:DigiTimes via AppleInsider
Photo:EverythingApplePro/YouTube
(FT729)

このページはApple Watchの2023年か2024年モデルがマイクロLEDを初搭載か?の記事を引用しています



WeChatがApp Storeから削除で中国国内のiPhone出荷台数は30%減


 
ドナルド・トランプ米大統領は、Tencentが運営する多機能メッセージング・ソーシャルメディア・決済アプリWeChatと米企業との取引禁止を計画していますが、もしApp Storeから同アプリが削除された場合、中国国内のiPhone出荷台数は最大で30%減少する可能性がある、と著名アナリストのミンチー・クオ氏が推測しています。

米国内でのみ禁止だと影響は最小限に

トランプ大統領は、ユーザー数の多い中国製アプリが米国市民のユーザーデータを取り扱うことは安全保障上の脅威になっているとして、人気動画共有アプリTikTokと、多機能アプリWeChatを米国内でサービス停止とする大統領令に署名しました。
 
TikTokに関しては、米企業が買収を行い、買収額の大部分が米財務省に支払われることを条件に、サービス継続を許可する意向ですが、WeChatについては代替案が語られていないため、App Storeで配信停止となる可能性が濃厚とされています。
 
問題は、トランプ大統領の定める”米企業との取引停止”がどこまで適用されるかです。もしWeChatが米国内のApp Storeからのみ削除されるならば、影響は最小限で済み、iPhone出荷台数は3%〜6%減、その他のAppleデバイスの出荷台数の減少は3%以下に抑えられるとの見込みです。

中国国内でWeChatが配信停止で出荷台数は30%減

トランプ大統領が、米企業であるAppleとWeChatおよび運営会社Tencentとの取引を全面的に禁止した場合、中国国内のApp StoreからWeChatが削除されるという事態もあり得る、とクオ氏は想定しています。
 
もしそうなった場合、WeChatは生活必需アプリとなっているため、中国でのiPhone出荷台数は25%〜30%減少すると推測されています。AirPods、iPad、Apple Watch、Macなどその他のAppleデバイスの出荷台数は、15%〜25%減となる見通しです。
 
 
Source:MacRumors
(lexi)

このページはWeChatがApp Storeから削除で中国国内のiPhone出荷台数は30%減の記事を引用しています



将来のApple Watchの緊急通報では、心電図、緊張状態など多くのデータを送信?


 
Tom’s Guideによれば、将来のApple Watchの転倒検出機能による緊急通報では、心電図、心拍数に加え、ユーザーの緊張状態や興奮状態を測定するセンサーで計測したデータなど、これまでよりも多くの情報を救急隊などに通知できる機能が搭載される可能性があるようです。

関連特許を取得済み


 
Tom’s Guideによれば、AppleがApple Watchに関して取得した一連の特許から、緊急通報時の通知項目に、ガルバニック皮膚反応も通知する可能性を示唆する項目が見つかったとのことです。
 
ガルバニック皮膚反応を計測するセンサーを搭載し、それを測定できれば、Apple Watchを装着したユーザーの、緊張状態や興奮状態を把握できる可能性があります。その他にも緊急通報では心電図、心拍数や、身長、体重、体脂肪率等が通知されることが、特許内容として伝えられています。

Apple Watch Series 6には血中酸素飽和度測定機能も搭載か

Apple Watch Series 6には血中酸素飽和度(SpO2)測定機能が搭載されると噂されています。
 
また、医療機器や医薬品の審査・承認などを行う、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA;Pharmaceuticals and Medical Devices Agency)が公開した「認定・登録外国製造業者リスト(令和2年6月1日現在)」にAppleが掲載されていたことから、「心電図アプリ」が有効化されるのではないかと期待されています。
 
2020年8月10日現在、日本において心電図アプリを有効化することは出来ません。
 
 
Source:米国特許商標庁(USPTO), Patently Apple (1), (2) via Tom’s Guide, ガルバニック皮膚反応 (1), (2), (3), (4), Shimmer
Photo:Apple
(FT729)

Share