Intelの最高技術責任者が退社へ〜AppleのIntel切りは正解だった?


 
Intelの最高技術責任者兼テクノロジー・システム・アーキテクチャー・クライアントグループ (TSCG) のグループ・プレジデントを務めるヴェンカタ(マーシー)レンドゥチンタラ氏が、8月3日付けでIntelを去ることが発表されました。

Intel社内で大きな変化が起きている

Intelは先週の同社2020年第2四半期(4月〜6月)の決算発表において、7nmプロセスによる次世代プロセッサの生産開始が遅れると発表したばかりなだけに、技術部門トップの退社は、Intel内で大きな変化が起きていることを意味すると受け止められています。
 
決算発表においてIntelのボブ・スワン最高経営責任者(CEO)は、同社がチップすべてを自社生産するこれまでの方針を転換し、他社へ委託する道を検討していると発言しました。
 
決算発表の翌日、Intelの株価は16%もの大幅下落を記録しています。
 
その後台湾DigiTimesなどが、IntelはGPUの生産を台湾TSMCへ委託することを検討していると報じました。

短期間で主要エンジニア2人が退社

レンドゥチンタラ氏は2015年にIntelに引き抜かれるまで、競合するQualcommに約12年間も務めていた人物です。2018年にブライアン・クルザニッチCEOが辞職した時は、次期CEO候補として名前が挙がったこともありました。
 
Business Insiderは、Intelの技術チームを牽引してきたエンジニアは、レンドゥチンタラ氏を含む3人だと指摘しています。1人は競合するAMDから転職してきたラジャ・コドゥリ氏、そしてもう1人は6月に退社したばかりの元Apple役員、ジム・ケラー氏です。つまりIntelはわずか数カ月の間に、主力エンジニア2人を失うことになります。
 
The Motley FoolはIntelの7nmプロセスによる次世代プロセッサ生産の開始が約半年遅れるという発表を受けて、「AppleがIntelと縁を切り、独自のシリコンを搭載する決断を下したのは正しかった」と手厳しいコメントを述べています。

 
 
Source:Intel,CNBC,Business Insider,The Motley Fool
Photo:Intel/YouTube
(lunatic)



関連コンテンツ

iPhone12本格量産に向け、Foxconnが大規模求人を開始

Apple Watchの2023年か2024年モデルがマイクロLEDを初搭載か?

iPhone12の発表は10月、発売は11月?〜著名リーカーが復帰し、改めて予想

Apple Arcadeにゲーム・オブ・スローンズのゲームが追加!

iPhone12のカメラレンズ製造で問題発生〜発売時期には影響なしか

iPhone向けOLED需要、今年は1億枚弱に〜DSCC予測

Microsoft、TikTok買収に最大3兆円超を支払う意向

デイミアン・チャゼルが監督した全編縦撮りの「Shot on iPhone」が公開

macOS Big Surベータ4がリリース、YouTube 4K動画再生に対応

watchOS7、tvOS14の開発者向けベータ4がリリース



iPhone12本格量産に向け、Foxconnが大規模求人を開始


 
iPhone12の本格量産に向けて、Apple最大のサプライヤーFoxconnが大規模な求人を開始した、と中国メディアTencent Techなどが報じています。

知人を紹介すると約14万円のボーナス

Foxconnの主力生産拠点である中国・鄭州では、iPhone12の本格的な量産に向けて求人を強化しており、資格のある従業員が知り合いを紹介すると9,000人民元(約137,000円)の臨時ボーナスを支払っていると伝えられています。
 
Foxconnが鄭州に構える工場群では、オフシーズンでも数万人、繁忙期には100万人程度の従業員が勤務しているとされており、時期による労働者数の差を埋めているのは、主に期間限定の労働者たちとみられます。

発売は「数週間遅れ」のiPhone12

2020年秋のiPhone12シリーズは、3サイズの4モデルが発売されるとの情報が有力視されており、iPhoneとして初の5G通信に対応するとみられています。
 
iPhone12シリーズの発売時期について、7月30日に開催された業績発表でAppleの最高財務責任者(CFO)のルカ・マエストリ氏は、今年の新型iPhoneの販売開始について「例年より数週間遅れる」と発言していることから、iPhone12の発売は10月になると考えられます。
 
iPhone12シリーズの発表については、例年どおり9月という情報と、発表も10月にずれ込むとの情報があります。
 
 
Source:Tencent Tech, cnTechPost via MacRumors
Photo:EverythingApplePro/YouTube
(hato)

このページはiPhone12本格量産に向け、Foxconnが大規模求人を開始の記事を引用しています



Apple Watchの2023年か2024年モデルがマイクロLEDを初搭載か?


 
Apple Watchの2023年か2024年モデルが、Appleの製品として初めてマイクロLEDディスプレイを搭載するモデルになるとの予想を、AppleInsiderが報じています。

ディスプレイ業界筋の情報


 
ディスプレイメーカーであるEpistarの会長、リー・ビーン・ジェ(Lee Biing-jye)氏によれば、「マイクロLEDディスプレイの採用は3年〜4年後にスマートウォッチ市場から始まるだろう」とのことです。
 
EpistarはマイクロLEDディスプレイ製造における問題点を新技術で解決しており、今後2年〜3年で量産を開始、3年〜4年後の搭載製品の登場に向けて、現在は歩留まり改善とコスト削減に焦点をあてているとリー氏は述べています。
 
リー氏は、マイクロLEDディスプレイをスマートウォッチに搭載することを検討しているベンダーがいることも伝えています。

スマートウォッチ用は約30万個のマイクロLEDを搭載

同氏によれば、300 x 300ピクセルのスマートウォッチ用マイクロLEDディスプレイには約30万個のマイクロLEDを搭載する必要があるとのことです。AppleInsiderは、「Apple WatchへのマイクロLEDディスプレイ搭載には、一層の薄型化の実現、消費電力の低減というメリットがある」と記しています。
 
LED専門メディアであるLEDinsideも、Apple製品においてマイクロLEDディスプレイを搭載する最初の製品はApple Watchになるだろうと予想しています。
 
 
Source:DigiTimes via AppleInsider
Photo:EverythingApplePro/YouTube
(FT729)

このページはApple Watchの2023年か2024年モデルがマイクロLEDを初搭載か?の記事を引用しています



iPhone12の発表は10月、発売は11月?〜著名リーカーが復帰し、改めて予想


 
著名リーカーのジョン・プロッサー氏が自身の新しいYouTubeチェンネルで、「iPhone12の発表・発売に向けた状況は、例年よりも2カ月遅れ」との予想を伝えました。

3月下旬から、iPhone12発表・発売の遅れを予想

プロッサー氏が、ハッキング被害によりこれまでに投稿してきた動画とチャンネル自体が失われた本来の「FRONT PAGE TECH」に変わるYouTubeチャンネル、「FPT 404」にてiPhone12の発表・発売時期に関する予想を伝えました。
 
プロッサー氏は動画内で、ミンチー・クオ氏の「iPhone12のカメラレンズ生産に問題が発生し、量産に問題が生じている」とのコメントと、「iPhone12の発売は、例年よりも数週間遅れる」とのAppleの最高財務責任者(CFO)のルカ・マエストリ氏のコメントを紹介しています。
 
プロッサー氏は3月下旬には既に、iPhone12に関する発表・発売時期の遅れを予想していていたことを改めて伝えています。
 

Mass production for iPhone 12 is scheduled for May (per usual) but it’s just not going to make it.

Regardless of production, Apple is still (already) ~2 months behind schedule with iPhone 12.

Remember the tiny release delay on iPhone X in 2017? Yeah. Expect that.

— Jon Prosser (@jon_prosser) March 24, 2020

 
iPhone12に関するプロッサー氏の予想は、下記のYouTube動画の再生時間6分52秒から確認できます。
 

 

新型iMacの発表日を的中

プロッサー氏は新型iMacの発売日に関する予想も的中させていました。同氏は現在も、Apple製品に関する独自の情報ソースを確保していると思われます。
 
 
Source:FPT 404/YouTube, Jon Prosser/Twitter
Photo:Michael Ma(@apple_idesigner)/Twitter

(FT729)



Apple Arcadeにゲーム・オブ・スローンズのゲームが追加!


 
世界中で大人気のHBOのテレビドラマシリーズ、ゲーム・オブ・スローンズをテーマにした「Game of Thrones: Tale of Crows」がApple Arcadeに新たに加わりました。

ゲーム・オブ・スローンズの世界が舞台の放置型ゲーム

Game of Thrones: Tale of Crows」は、ゲーム画面を一定時間放置することによってゲームの状況が変化し、ユーザーとのインタラクションにより進行していく放置型ゲームで、プレイしていない間も時間が進むようになっています。
 
黒の城から遠征隊を出して、壁の向こう側とウェスタロス最北端を調査させますが、ゲームが起動していないときも遠征隊は探索を続けます。
 
通知をオンにして、常に状況の変化を把握するのもプレイ方法のひとつですが、気が向いたときにゲームの進行状況をチェックし、決断を下せるのも放置型ゲームの楽しみと言えます。
 

 
Apple Arcadeには定期的に新作ゲームが追加されており、7月末には音を通して抽象的な宇宙世界を探索するアドベンチャーゲーム「The Lullaby of Life」がリリースされました。
 
Apple Arcadeの月額料金は600円(税別)で、家族6人までサブスクリプションを共有することができます。
 
 
Source:Cult of Mac
Photo:@AppleArcade/Twitter
(lexi)

このページはApple Arcadeにゲーム・オブ・スローンズのゲームが追加!の記事を引用しています



iPhone12のカメラレンズ製造で問題発生〜発売時期には影響なしか


 
今年秋の発売が見込まれるiPhone12シリーズですが、ローエンドの5.4インチと6.1インチの2つのサイズのiPhone12のカメラレンズ製造で、レンズサプライヤーのうちの1社が品質上の問題をかかえていることが、Appleサプライチェーンに独自の情報筋を持つ著名アナリストのミンチー・クオ氏の調査資料から明らかになりました。

高温高湿試験でフィルムに破れ

クオ氏によれば、iPhone12のカメラレンズサプライヤー台湾Genius Electronic Opticalが製造中のレンズに、高温高湿試験でフィルムが裂けてしまう品質上の問題が発生しており、部品の供給遅延が見込まれるとのことです。
 
すでにAppleは、同じく台湾のレンズサプライヤーLarganからレンズの購入を優先させており、初期に販売される5.4インチと6.1インチiPhone12には同社のレンズが採用されると伝えられています。
 
クオ氏の調査資料の内容は以下のとおりです。
 

7枚構成のローエンド広角レンズ、CCM(CMOSカメラモジュール)、5.4インチと6.1インチのアルミ製フレームのiPhoneの最終組み立て・量産は、それぞれ8月半ばから後半、9月半ばから後半、10月の始めに行われると当社は見ている。Genius Electronic Opticalが問題解決にこぎつけるまでの間、AppleはiPhone12の発売を予定通りに行うため、初期供給の段階ではLarganのローエンド1/2.6型7枚構成広角レンズを購入することを優先させるだろう。

問題を解決しても部品価格は30%減?

もし仮にGenius Electronic Opticalがカメラレンズの品質改善に成功したとしても、Larganに流れたシェアを取り戻すため、30%の値引きを強いられる可能性が高く、利益率は下がるだろう、とクオ氏は続けています。
 
Appleの2020年4月〜6月期の業績発表で、同社最高財務責任者(CFO)のルカ・マエストリ氏がiPhone12シリーズの発売は例年よりも数週間遅れることを正式に認めたため、iPhone新機種が実際に購入できるようになるのは10月頃となる見通しです。
 
iPhone12シリーズは、2段階のステージに分けて発売され、最初に2つの6.1インチモデル「iPhone12 Max」と「iPhone Pro」がリリースされるとの情報もあります。
 
 
Source:MacRumors
Photo:Terquosive Labs/YouTube
(lexi)



iPhone向けOLED需要、今年は1億枚弱に〜DSCC予測


 
Appleがこの秋発表するiPhone12シリーズは、全モデルが有機EL(OLED)ディスプレイを搭載する見通しです。そのため2020年のiPhone向けOLED需要は1億枚弱に達すると、ディスプレイに詳しい調査会社DSCCが予想しています。

ハイエンドモデルはローエンドモデルより発売が遅れる?

Appleは先日行われた同社第2四半期(4月〜6月)の業績発表において、今年の新型iPhoneの発表は例年の9月から数週間遅れる見込みであることを明らかにしました。
 
Display Supply Chain Consultants(DSCC)アジア代表の田村喜男氏は、なかでもハイエンドモデル(6.1インチ、6.7インチ)の発売は、9月から1カ月〜2カ月遅れると見ています。
 
例年であれば5月からパネル(セル)の生産、7月中旬からセット生産という流れですが、今年はまだパネル取り込みの動きがないとのことです。新型コロナウイルスの影響に加え、独自のRF部品であるアンテナ・イン・パッケージの開発に手間取ったことが要因だと田村氏は分析しています。
 
一方ローエンドモデル(5.4インチ、6.1インチ)については、遅れてはいるものの、計画どおり販売が開始される見込みです。ただし2017年発売のiPhone Xのように、発売当初はしばらく品薄になるだろうと田村氏は述べています。

ローエンド2モデルの価格は従来の液晶並みか

iPhone12シリーズは4モデルすべてがOLEDディスプレイを搭載し、供給はSamsung DisplayとLG Displayが担当します。中国BOEも認定取得に向けて提案を継続しているものの、年内の取得は難しいとのことです。
 
なお5.4インチモデルと6.7インチモデルについては、Samsung Displayが単独供給する見通しです。これらのディスプレイにはSamsungのオンセルタッチ技術「Y-OCTA」が採用され、ドライバーICの実装技術も従来のOLED搭載モデルのChip on Film(COF)からChip on Plastic(COP)に変わります。フィルムが不要になるためさらなる薄型化が実現、コストも下がる見通しです。
 
価格については、ローエンドの2モデルは従来の液晶モデル並みが想定されているとのことです。
 
4モデルがすべてOLED搭載となるため、iPhone向けOLED需要は1億枚弱に達すると予測されています。これにより2020年下半期(7月〜12月)のパネル出荷枚数は大きく伸びて過去最高に達し、SamsungのA3ライン稼働率も下半期には80%弱まで改善すると見られています。
 


 
 
Source:DSCC Japan
Photo:EverythingApplePro/YouTube
(lunatic)

このページはiPhone向けOLED需要、今年は1億枚弱に〜DSCC予測の記事を引用しています



Microsoft、TikTok買収に最大3兆円超を支払う意向


 
TikTokの買収に向け話を進めているMicrosoftですが、同社は買収額として最大300億ドル(約3兆1,660億円)を支払う可能性がある、と米CNBCが伝えています。

米財務長官が交渉に参加

CNBCによれば、TikTokの買収額は100億ドル〜300億ドル(約1兆550億円〜3兆1,660億円)になるとのことです。この数字は、当初Bloombergが予測していた1,000億ドル(約10兆5,330億円)を遥かに下回ります。
 
ドナルド・トランプ米大統領が、買収額の大部分を米財務省へ支払うことを買収条件のひとつとしていることもあり、アメリカ合衆国財務長官のスティーブン・ムニューシン氏がTikTokの買収交渉に深く絡んでいると報じられています。

Microsoftは買収条件を満たしている数少ない企業

今後1年以内に膨大なユーザーデータを米国に転送でき、巨額の買収資金を捻出できる米企業は指で数えられるほどしかありませんが、Microsoftは両方の条件を満たしている、とCNBCはコメントしています。
 
TikTokは1,500万行のコードから成る人工知能(AI)を有しており、「TikTokはAIそのものが製品となっている最初のメインストリーム消費者アプリである」との見方もあります。TikTokの買収が実現すれば、Microsoftは同社のAIから大きな利益を得ると予想されます。
 
AppleによるTikTok買収の噂も囁かれていましたが、先日Apple広報担当者から「買収にまったく興味はない」と正式なコメントが発表されたばかりです。
 
 
Source:CNBC
(lexi)

このページはMicrosoft、TikTok買収に最大3兆円超を支払う意向の記事を引用しています



デイミアン・チャゼルが監督した全編縦撮りの「Shot on iPhone」が公開


 
2016年にミュージカル・ロマンティック映画「ラ・ラ・ランド」で監督・脚本を務め、アカデミー賞監督賞を受賞したデイミアン・チャゼルが監督した、新たな「Shot on iPhone」動画が公開されました。約9分間の動画は、全編縦撮りとなっているのが特徴です。

映画の歴史を縦スクリーンで再構築

「Vertical Cinema」と名付けられたShot on iPhone動画は、様々なテーマのクリップから構成されますが、すべてiPhone11 Proのみを使用し撮影が行われています。
 
「映画の歴史をデイミアン・チャゼルが縦スクリーンで再構築した」と、Appleは短編作品について説明しています。
 

 
動画の最初と最後には、縦撮りのマトリックスもしくはミッション・インポッシブルを彷彿させる映画のクリップも見かけられます。
 
音楽は、ハンズ・ジマーとの共作も多いスコットランドの作曲家ローン・バルフが担当しています。
 

 
「Vertical Cinema」のメイキング映像も同時に公開されており、iPhoneを使ってどのように撮影が行われたを垣間見ることができます。
 

 
 
Source:AppleInsider
(lexi)



macOS Big Surベータ4がリリース、YouTube 4K動画再生に対応


 
Appleは現地時間8月4日、開発者向けにmacOS Big Surのベータ4を開発者向けにリリースしました。しかし当初「7月リリース」と発表されていたパブリックベータはまだ公開されていません

大幅なアップグレードとなるmacOS Big Sur

macOS Big SurはMac OS X導入以来の最大のアップグレードであり、デザインが一新されるほか、Safariが大幅に改良され、メッセージ、マップなどの主要なアプリの機能が強化されています。
 
また懐かしい起動音が復活していることでも話題になっています。

ベータ4ではSafari14でYouTubeの4K動画に対応

macOS Big Surベータ2では、Mac CatalystアプリにApple Payが対応しました。
 

前回のアップデート、ベータ3では、ベータ1で不評だったバッテリーのアイコンが変更されています。
 
そして今回のベータ4では、Safari14でのYouTubeの4K動画再生に対応しました。
 
なおAppleは同日、iOS/iPadOS14ベータ4watchOS7ベータ4、tvOS14ベータ4もリリースしています。

 
 
Source:MacRumors
Photo:Apple
(lunatic)

このページはmacOS Big Surベータ4がリリース、YouTube 4K動画再生に対応の記事を引用しています



watchOS7、tvOS14の開発者向けベータ4がリリース


 
Appleは現地時間8月4日、watchOS7ベータ4とtvOS14ベータ4を開発者向けにリリースしました。現時点では、両ベータ4での目立った変更点は報告されていません。

watchOS7

watchOS7では睡眠記録機能のほか、最低20秒間の手洗いを促す手洗いモードが追加されます。
 
文字盤もこれまで以上にカスタマイズしやすくなり、カスタマイズできるタキメーターを搭載した「クロノグラフプロ」などの新文字盤も追加されます。
 
また文字盤がメッセージやメールで友人や家族と共有可能になり、自作の文字盤をApp Store、Webサイト、ソーシャルメディアで配布することも可能になります。

tvOS14


 
tvOS14ではピクチャ・イン・ピクチャ機能が向上、映画を見ながらYouTubeを再生することが可能になります。
 
Siriまたはコントロールセンターから、HomeKit対応のビデオカメラやアクセサリが操作できるようになるほか、Apple Arcadeを含むマルチユーザー機能も拡充し、家族でアカウントを共有している場合でも、各ユーザーが自分が前回プレイを中止したところから再開することができます。
 

なおAppleは同日、iOS/iPadOS14ベータ4も開発者向けにリリースしています。

 
 
Source:MacRumors(1),(2)
(lunatic)

このページはwatchOS7、tvOS14の開発者向けベータ4がリリースの記事を引用しています

Share