テイラー・スウィフトの新アルバム、Apple Musicで新記録樹立


 
世界的な人気歌手であるテイラー・スウィフトの新アルバム「Folklore」が、Apple Musicで24時間で最も再生されたポップアルバムの記録を更新しました。

Spotifyでも新記録

テイラー・スウィフトが23日にリリースした新アルバム「Folklore」は、Apple Musicで公開されてから24時間のうちに世界で3,547万回再生され、同期間で最も再生されたポップアルバムとなりました。またApple Musicだけでなく、Spotifyでも約8,000万回再生され、女性アーティストとしての新記録を樹立しています。
 
彼女がApple Musicで記録を打ち立てるのは今回が初めてではなく、通算6作目となる2017年のアルバム「Reputation」でも、カーディ・Bの「Invasion of Privacy」が2018年に抜くまで、24時間最多再生記録を保持していました。
 
ちなみにポップアルバムの括りではなく、すべての楽曲ジャンルではドレークが「Scorpion」で1億7,000万回、「More Life」で8,990万回を記録しています。

Apple Musicとテイラー・スウィフトの関係

今ではApple Musicの“女王”とも言うべきテイラー・スウィフトですが、かつて両者の関係は今ほど良くはありませんでした。
 
Apple Musicのサービスが始まった2015年には、ユーザーが無料キャンペーン期間中に楽曲を再生してもアーティストにロイヤルティーが支払われないことを批判、自身のアルバム「1989」を配信しないと発表しました(最終的には和解)。
 
その後はApple Musicのコマーシャルに出演するなどし、禍根が解消されたあとも、2017年に「Reputation」をリリースした際は、発売後1週間はApple MusicやSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスで配信しない方針を明らかにし、注目を集めました。
 
とはいえ、その後3年で音楽業界の事情も変わったのか、今回の「Folklore」はストリーミング配信と販売がほぼ同時に行われています。
 

 
 
Source:AppleInsider
(kihachi)



関連コンテンツ

iPhone12の発表は10月、発売は11月?〜著名リーカーが復帰し、改めて予想

Apple Arcadeにゲーム・オブ・スローンズのゲームが追加!

デイミアン・チャゼルが監督した全編縦撮りの「Shot on iPhone」が公開

macOS Big Surベータ4がリリース、YouTube 4K動画再生に対応

有名アイスホッケー選手をフィーチャーした「Shot on iPhone」動画が公開

Apple、コロナ対応での巨額寄付が業績に影響も「正しいことをしている」

WWDC 2020は総視聴者数2,200万人で大成功、クックCEO語る

iPhone12の生産検証試験は8月下旬〜9月上旬に終了予定?

Qualcomm、iPhone12の発売が遅れることを示唆

Apple TV+人気ドラマ、現実の新型コロナ反映すべく脚本書き直し



iPhone12の発表は10月、発売は11月?〜著名リーカーが復帰し、改めて予想


 
著名リーカーのジョン・プロッサー氏が自身の新しいYouTubeチェンネルで、「iPhone12の発表・発売に向けた状況は、例年よりも2カ月遅れ」との予想を伝えました。

3月下旬から、iPhone12発表・発売の遅れを予想

プロッサー氏が、ハッキング被害によりこれまでに投稿してきた動画とチャンネル自体が失われた本来の「FRONT PAGE TECH」に変わるYouTubeチャンネル、「FPT 404」にてiPhone12の発表・発売時期に関する予想を伝えました。
 
プロッサー氏は動画内で、ミンチー・クオ氏の「iPhone12のカメラレンズ生産に問題が発生し、量産に問題が生じている」とのコメントと、「iPhone12の発売は、例年よりも数週間遅れる」とのAppleの最高財務責任者(CFO)のルカ・マエストリ氏のコメントを紹介しています。
 
プロッサー氏は3月下旬には既に、iPhone12に関する発表・発売時期の遅れを予想していていたことを改めて伝えています。
 

Mass production for iPhone 12 is scheduled for May (per usual) but it’s just not going to make it.

Regardless of production, Apple is still (already) ~2 months behind schedule with iPhone 12.

Remember the tiny release delay on iPhone X in 2017? Yeah. Expect that.

— Jon Prosser (@jon_prosser) March 24, 2020

 
iPhone12に関するプロッサー氏の予想は、下記のYouTube動画の再生時間6分52秒から確認できます。
 

 

新型iMacの発表日を的中

プロッサー氏は新型iMacの発売日に関する予想も的中させていました。同氏は現在も、Apple製品に関する独自の情報ソースを確保していると思われます。
 
 
Source:FPT 404/YouTube, Jon Prosser/Twitter
Photo:Michael Ma(@apple_idesigner)/Twitter

(FT729)



Apple Arcadeにゲーム・オブ・スローンズのゲームが追加!


 
世界中で大人気のHBOのテレビドラマシリーズ、ゲーム・オブ・スローンズをテーマにした「Game of Thrones: Tale of Crows」がApple Arcadeに新たに加わりました。

ゲーム・オブ・スローンズの世界が舞台の放置型ゲーム

Game of Thrones: Tale of Crows」は、ゲーム画面を一定時間放置することによってゲームの状況が変化し、ユーザーとのインタラクションにより進行していく放置型ゲームで、プレイしていない間も時間が進むようになっています。
 
黒の城から遠征隊を出して、壁の向こう側とウェスタロス最北端を調査させますが、ゲームが起動していないときも遠征隊は探索を続けます。
 
通知をオンにして、常に状況の変化を把握するのもプレイ方法のひとつですが、気が向いたときにゲームの進行状況をチェックし、決断を下せるのも放置型ゲームの楽しみと言えます。
 

 
Apple Arcadeには定期的に新作ゲームが追加されており、7月末には音を通して抽象的な宇宙世界を探索するアドベンチャーゲーム「The Lullaby of Life」がリリースされました。
 
Apple Arcadeの月額料金は600円(税別)で、家族6人までサブスクリプションを共有することができます。
 
 
Source:Cult of Mac
Photo:@AppleArcade/Twitter
(lexi)

このページはApple Arcadeにゲーム・オブ・スローンズのゲームが追加!の記事を引用しています



デイミアン・チャゼルが監督した全編縦撮りの「Shot on iPhone」が公開


 
2016年にミュージカル・ロマンティック映画「ラ・ラ・ランド」で監督・脚本を務め、アカデミー賞監督賞を受賞したデイミアン・チャゼルが監督した、新たな「Shot on iPhone」動画が公開されました。約9分間の動画は、全編縦撮りとなっているのが特徴です。

映画の歴史を縦スクリーンで再構築

「Vertical Cinema」と名付けられたShot on iPhone動画は、様々なテーマのクリップから構成されますが、すべてiPhone11 Proのみを使用し撮影が行われています。
 
「映画の歴史をデイミアン・チャゼルが縦スクリーンで再構築した」と、Appleは短編作品について説明しています。
 

 
動画の最初と最後には、縦撮りのマトリックスもしくはミッション・インポッシブルを彷彿させる映画のクリップも見かけられます。
 
音楽は、ハンズ・ジマーとの共作も多いスコットランドの作曲家ローン・バルフが担当しています。
 

 
「Vertical Cinema」のメイキング映像も同時に公開されており、iPhoneを使ってどのように撮影が行われたを垣間見ることができます。
 

 
 
Source:AppleInsider
(lexi)



macOS Big Surベータ4がリリース、YouTube 4K動画再生に対応


 
Appleは現地時間8月4日、開発者向けにmacOS Big Surのベータ4を開発者向けにリリースしました。しかし当初「7月リリース」と発表されていたパブリックベータはまだ公開されていません

大幅なアップグレードとなるmacOS Big Sur

macOS Big SurはMac OS X導入以来の最大のアップグレードであり、デザインが一新されるほか、Safariが大幅に改良され、メッセージ、マップなどの主要なアプリの機能が強化されています。
 
また懐かしい起動音が復活していることでも話題になっています。

ベータ4ではSafari14でYouTubeの4K動画に対応

macOS Big Surベータ2では、Mac CatalystアプリにApple Payが対応しました。
 

前回のアップデート、ベータ3では、ベータ1で不評だったバッテリーのアイコンが変更されています。
 
そして今回のベータ4では、Safari14でのYouTubeの4K動画再生に対応しました。
 
なおAppleは同日、iOS/iPadOS14ベータ4watchOS7ベータ4、tvOS14ベータ4もリリースしています。

 
 
Source:MacRumors
Photo:Apple
(lunatic)

このページはmacOS Big Surベータ4がリリース、YouTube 4K動画再生に対応の記事を引用しています



有名アイスホッケー選手をフィーチャーした「Shot on iPhone」動画が公開


 
Appleは、北アメリカのプロアイスホッケーリーグNHLのマーク=アンドレ・フルーリー選手とマーク・ストーン選手がiPhone11 Proを使って氷上で遊び回る、新しい「Shot on iPhone」動画を公開しました。

iPhone11 Proをテープでホッケー用具に固定

「Shot on iPhone」は、iPhoneのみで撮影した広告動画シリーズです。
 
Apple カナダのYouTubeチャンネルが公開した「Shot on iPhone11 Pro — Hockey Tape — Apple」では、2人のプロホッケー選手がiPhone11 Proをスケートやスティックに縛りつけ、氷上で迫力あるホッケーのプレイシーンを撮影しています。
 

 
動画では、iPhone11 Proでスローモーションや超広角カメラが使用されていますが、小さく免責事項として「追加のハードウェアとソフトウェアが使用されています」と記されています。
 
今年公開されたShot on iPhone動画には、雪山を舞台にした「Powder」や、2億年にもおよぶ風と水による侵食により形成された州立公園の独特の地形を撮影した「バレーオブファイヤーへの旅」、ロシアの美術館で撮影された5時間に及ぶ「ワンテイク撮影で旅するロシアの象徴的な美術館」などが挙げられます。
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)



Apple、コロナ対応での巨額寄付が業績に影響も「正しいことをしている」


 
Appleは、現地時間7月30日の四半期業績発表において、新型コロナウイルス感染症対策のための寄付が、業績に影響を及ぼしているものの、「絶対に正しいことをしている」という姿勢を明らかにしました。

新型コロナの営業費用への影響について説明

Appleは現地時間7月30日、世界的に新型コロナウイルス感染症の影響が拡大した時期にもかかわらず、売上高は対前年同期比11%増という好調な同社第3四半期(4月〜6月)の業績を発表しました。
 
機関投資家からの質疑応答で、Cleveland Researchのアナリストのベン・ボレン氏が、新型コロナウイルス感染症による営業費用への影響について質問しました。
 
Appleの最高財務責任者であるルカ・マエストリ上級副社長は、出張費用や内部ミーティング費用などの支出が抑えられている一方で、Appleは寄付活動への支出を増やしている、と語りました。
 
Appleは、従業員による寄付額にAppleが上乗せするマッチング方式の寄付を行なっているほか、企業単体で世界各地の機関や政府への寄付を行っており、寄付額の合計は、1月〜3月期と4月〜6月期に節約できた金額を上回っているはずだ、と明かしています。
 
マエストリ氏は寄付額が収支にマイナスの影響を及ぼしていることを明かしたうえで、「私たちは、これは絶対に正しいことであると考えています」と言い切っています。

Apple、コロナ対策で積極的に寄付活動

Appleは、中国で感染拡大が深刻化していた1月に、中国で対策に取り組む団体への寄付を発表し、4月には寄付額を当初の倍以上の5,000万中国元(約7億5,700万円)に増額すると発表しています。
 
同社は米国内の医療機関に1,000万枚のN95マスクを寄付しているほか、自社でデザインしたフェイスシールド2,000万枚以上を寄付したうえで、フェイスシールドのCADデータや製造方法を無償公開しています。
 
多くの失業者が出ていることに対応し、スティーブ・ジョブズ氏の未亡人ローレンス・パウエル・ジョブズ氏、俳優のレオナルド・ディカプリオ氏らと組んで食傷支援の寄付団体も設立しています。
 
また、(PRODUCT)RED製品の収益は9月末まで、新型コロナウイルス感染症対策に寄付されます。

収益重視の投資家にクックCEOが激昂したことも

Appleが、収益以上に社会的責任を果たすことを重視する姿勢を示すのは、これが初めてのことではありません。
 
2014年の株主総会では、再生エネルギーの活用推進など環境への投資が収支に悪影響を及ぼすのではないか、と問われたティム・クック最高経営責任者(CEO)が「盲目の人が私達のデバイスを使えるようにするべく働いている時、私は投資利益率のことなんて全く考えていない。もし投資利益率のだけために私にそうしろと願うのなら、あなたは株を手放すべきだ」と語気を強めて応じました
 
この発言は、常に温厚で冷静なクック氏が怒りの感情をあらわにしたことで注目を集めました。
 
Appleは先日、同社の事業全体に加えてサプライチェーンの運営、製品の製造から廃棄までのライフサイクルにおいて、温室効果ガスの排出をネットゼロにするカーボンニュートラルを2030年までに達成すると宣言しています。
 
 
Source:iMore
Photo:Apple/YouTube
(hato)



WWDC 2020は総視聴者数2,200万人で大成功、クックCEO語る


 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、現地時間7月30日に同社の四半期業績発表において、初の完全オンライン開催となった6月の世界開発者会議(WWDC 2020)の総視聴者数が2,200万人だったことを明らかにしました。

多くの開発者から好評だったオンラインWWDC

ティム・クックCEOは、同社2020会計年度第3四半期(4月〜6月)の業績発表において、初の完全オンライン開催となった世界開発者会議(WWDC 2020が大成功に終わった、と語りました。
 
クックCEOは、WWDC 2020を以下のように振り返りました。
 

史上初の完全オンライン開催となったWWDCは、順調に開催され、多くの開発者たちが肯定的な感想をシェアしており、Appleに今後もオンライン開催に積極的に取り組んでほしいとの声もいただいています。最も良かったのは、対面型イベントよりも多くの方々が参加できたことです

用意されたビデオは丸3日分

クックCEOは、完全デジタルイベントとなったWWDCの運営に関わったAppleのスタッフを祝福するとともに、WWDC 2020の規模を示す数字を明らかにしています。
 

  • 総視聴者数:2,200万人
  • 開発者向けビデオ:72時間以上、丸3日間に相当
  • Appleの技術者と話せる開発者ラボの開催数:4,500回

映像の質の高さでも評価されたWWDC 2020

iOS14やAppleシリコンが発表されたWWDC 2020の基調講演は、盛り沢山の発表内容だけでなく、映像のクオリティの高さでも高く評価されています。
 
Appleは、WWDC 2020の基調講演全体の動画に加えて、5日間それぞれの発表内容を1分半程度にまとめた動画をYouTubeで公開しています。
 

 

 

 

 

 
 
Source:9to5Mac
(hato)

このページはWWDC 2020は総視聴者数2,200万人で大成功、クックCEO語るの記事を引用しています



iPhone12の生産検証試験は8月下旬〜9月上旬に終了予定?


 
リーカーのFudge(@choco_bit)氏が、iPhone12生産検証試験(PVT:Product Validation Test)について、「新型コロナウイルス感染症の第2波が無ければ、8月下旬〜9月上旬に終了するだろう」と投稿しています。

量産開始にも遅れか?

Fudge(@choco_bit)氏は、モデルによって異なるとしながらも、iPhone12の生産検証試験は8月下旬から9月上旬に終了する予定だと述べています。
 

Also PVT suppose to end around Late August to Early Sept (depending on variant), assuming no Corona Season 2 https://t.co/artubAM5aB

— Fudge (@choco_bit) July 30, 2020

10月発表が現実的?

技術検証試験や、それに続く生産検証試験の遅れは2020年3月にJP Morganが報じており、同メディアはiPhone12の発売はこれまでよりも「1カ月〜2カ月遅れる」と予想していました。
 
 
Source:Fudge(@choco_bit)/Twitter
Photo:EverythingApplePro/YouTube
(FT729)

このページはiPhone12の生産検証試験は8月下旬〜9月上旬に終了予定?の記事を引用しています



Qualcomm、iPhone12の発売が遅れることを示唆


 
Qualcommは現地時間7月29日、同社2020年第3四半期(4月〜6月)の決算を発表した際に、Appleの次期iPhoneの発売が遅れることを示唆しました。

「12月の四半期へと若干遅れる」

Qualcommのアカシュ・パルキヴァラ最高財務責任者(CFO)はReutersのインタビューにおいて、チップの出荷予定に変更が生じるとし、次のように述べています。
 

旗艦スマートフォン発売の遅れにより、一部影響を受けると見ている。一部のモデルの発売が9月の四半期から12月の四半期へと若干遅れるようだ。

 
パルキヴァラCFOは名前こそ挙げませんでしたが、これはAppleのことを指していると考えられています。

iPhone12シリーズの発売時期は10月以降にずれ込む?

「9月の四半期」は7月〜9月、「12月の四半期」は10月〜12月であり、Appleが例年新しいiPhoneを発表するのは9月です。つまり「9月予定だったiPhone12シリーズの発売時期が10月以降に遅れる」という意味に取れます。
 
AppleはiPhone12シリーズ(全4モデルとの噂)に、Qualcommの5Gチップを搭載するといわれています。ただしそれが4モデルすべてなのか、それともハイエンドのモデルのみなのかは不明です。

 
 
Source:Reuters via MacRumors
Photo:EverythingApplePro/YouTube
(lunatic)

このページはQualcomm、iPhone12の発売が遅れることを示唆の記事を引用しています



Apple TV+人気ドラマ、現実の新型コロナ反映すべく脚本書き直し


 
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に蔓延する現状を反映すべく、Apple TV+の看板ドラマ「ザ・モーニングショー」の第2シーズンの脚本を大きく書き直していることが分かりました。

脚本書き直しは第1シーズンでも

ジェニファー・アニストンやリース・ウィザースプーン、スティーヴ・カレルといった豪華俳優が出演する「ザ・モーニングショー」は、公開前からAppleがとりわけ力を入れて宣伝してきたドラマで、ゴールデングローブ賞にも複数部門でノミネートされた過去を持ちます。Apple公式サイトで「アメリカの朝の顔を務める人たちを通じて、現代の職場をあけすけに描く」と紹介されているように、視聴率争いや職場の泥沼な人間関係を描いた内容となっています。
 

 

「ザ・モーニングショー」は、リース・ウィザースプーンとジェニファー・アニストンが出演、製作総指揮を務め、スティーブ・カレルが出演するドラマで、激しい争いが繰り広げられる朝のニュース番組の舞台裏をお見せします。アメリカ国民にさわやかな朝をお届けするニュース番組の背後でうずまく、人間のエゴ、野心、権力闘争の世界を描きます。(Apple公式Webサイトより)

 
ドラマ内で番組プロデューサーを演じるマーク・デュプラスによると、現実世界で起きた新型コロナウイルスを作中でも反映させようという試みは、第1シーズンで#MeToo運動を受けて急きょ脚本を書き直し、好評だったことが理由のようです(”MeToo運動:ハッシュタグを介してSNSで盛り上がったセクハラ告発運動)。
 
第2シーズンの製作は新型コロナウイルスの影響で一時中断されているものの、先日もテレビ会議形式で今後の内容をどうするか議論が行われるなど、製作陣が活発に動いていることに変わりはないようです。
 
ちなみに、Apple TV+のドラマでは「神話クエスト」も新型コロナウイルスを受け、iPhone40台で“自宅隔離編”を撮影しています。
 
 
Source:Deadline via AppleInsider,Apple TV+
(kihachi)

Share