Appleの決算発表控え、iPhone売上に注目集まる〜アナリスト予測


 
Appleの2020年度第3四半期(4月〜6月)の発表を間近に控え、投資銀行や証券会社がiPhoneの売上を予測しています。

サービス部門に底堅さ見られる

7月30日にAppleの第3四半期(Apple独自の会計年度で、通常の第2四半期に相当)の決算発表が予定されており、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がiPhone売上に与えた影響に注目が集まっています。
 
そうした中で投資会社Cowenは新たにレポートを発表、第3四半期におけるiPhone売上が前年同期比20%減の210億ドル(約2兆2,100億円)になると予測しました。2019年度第3四半期のiPhone売上が前年同期比12%減の約260億ドル(約2兆7,400億円)だったことを思うと、伸び悩む売上が新型コロナウイルスで更に落ち込んだ格好です。
 


 
一方でApp StoreやApple Musicなどからなるサービス部門の収益は底堅さが見られ、132億ドル(約1兆3,900億円)を売り上げるとCowenは予想、最終的なAppleの全体売上は501.8億ドル(約5兆2,900億円)ほどに落ち着くと見ています。第2四半期の583億ドル(約6兆1,500億円)から減少してはいるものの、Appleの第3四半期は例年最も売上が低い四半期です。
 
ただし、JP MorganはCowenよりも控えめで、iPhoneの売上が169億ドル(約1兆7,800億円)、全体売上も490億ドル(約5兆1,700億円)に留まると予測しています。これはウォール街のアナリストが算出した予測の平均である、514.7億ドル(5兆4,340億円)よりも幾分か低い数値です。
 
なお、昨年の第3四半期は538億ドル(約5兆6,700億円)でした。

5G対応iPhone12をどう見るか

CowenはiPhoneの出荷台数が、2020年度こそ前年比12%で減少すると見ているものの、5Gに対応したiPhone12の登場で、2021年度は前年比20%の伸びを見せると予測しています。
 
とはいえ、5G対応のiPhone12が好調な売れ行きを見せるといった予測は以前から出ているため、JP Morganは「(iPhone12の売れ行きは)すでに株価に織り込み済だ」と指摘、投資家に対して長期的な目線で株価を見据えるよう推奨しています。事実、Appleの株価は過去3カ月で26%上昇しており、10%上昇のS&P500(ハイテク企業の銘柄を中心とした米株価平均)から大きく乖離しています。
 
なお、Cowenは今後1年間の株価目標を400ドル(約42,200円)、JP Morganは425ドル(約44,800円)に設定しています。7月27日の株価は終値で379ドル(約40,000円)でした。
 
 
Source:AppleInsider(1),(2)
(kihachi)



関連コンテンツ

iPhone 12の5G非対応モデル、2021年2月頃に発売か

Apple Storeの従業員ユニフォーム調達に強制労働が絡んでいた可能性

5G非対応のiPhone12、2021年春に発売?Wedbush証券予測

iFixit、新型27インチiMacの分解レポートを公開。CPUは換装可能?

¥250→無料:円形モザイク加工アプリ「Percolator」ほか[8月11日版]セール・お得情報

Googleマップ、Apple Watchに復活&CarPlayにもフル対応

watchOS7、初のパブリックベータ版がリリース

偽iPhone詐欺の中国人親子に有罪判決〜息子は懲役3年半の実刑判決

iPhone12本格量産に向け、Foxconnが大規模求人を開始

ニューヨーク州都市交通局、マスクを着けたままでもFace IDはうまく機能すべきと主張



iPhone 12の5G非対応モデル、2021年2月頃に発売か

【image via Ben Geskin】 Appleは、2020年の新型iPhone(iPhone 12)のLTEモデルを2021年前半に発売する可能性がある。

Wedbush Securitiesのアナリストは4Gおよび5Gモデルが今秋発売されると予想していたが、サプライチェーンの最新情報をもと…

【もっと読む】

このページはiPhone 12の5G非対応モデル、2021年2月頃に発売かの記事を引用しています



Apple Storeの従業員ユニフォーム調達に強制労働が絡んでいた可能性


 
青地の生地に白いAppleロゴが入ったユニフォームは、Apple Storeスタッフにより着用されていますが、同ユニフォームの調達先の中国企業が、新疆ウイグル自治区でウイグル人を始めとするイスラム教徒の強制労働に関わっていたことが明らかになりました。

Appleユニフォームの綿の調達経路に問題

アメリカ合衆国商務省は、7月末に人権侵害に関係している企業のリストの中に新たに11社を追加しましたが、その中にAppleのユニフォームの調達先である香港拠点のEsquelグループの子会社Changji Esquel Textileが含まれていました。
 
米商務省によれば、リストアップされた企業は、新疆ウイグル自治区内での中国当局によるウイグル人を始めとするイスラム教徒の抑圧、集団レベルの恣意的な拘束、強制労働、強制的な生体データの収集と遺伝子解析に協力しているとのことです。
 
今回問題となっているのは、Appleユニフォームに使用されていた綿の調達経路です。中国の新疆ウイグル自治区では、準軍事的政府組織、新疆生産建設兵団(XPCC)が開墾と辺境防衛を行っていますが、同組織は宗教的少数派の人々を綿畑で強制労働させ、綿のカシミヤともいわれる耐久性の高い「超長綿」を生産しており、中国の綿の出荷量の約3分の1を占めているといわれています。

EsquelはXPCCと合併企業を運営していた

Esquelは、XPCCが先月米商務省の取引禁止リストに入れられるまで、20年以上にわたって新疆ウイグル自治区カシュガル市で同組織と合併企業を運営していました。
 
Esquelグループは垂直統合を掲げており、グループ内での原料確保に努めていることから、Esquelの取り扱う綿はXPCCに由来すると見るのが妥当です。

AppleはEsquelとの直接関与を否定

Appleは声明の中で、「当社はEsquelと直接取引を行っておらず、綿は広州市とベトナムで生産されたものを使用している。Appleサプライヤーは新疆ウイグル自治区産の綿はこれまでにいっさい使用したことはなく、今後も使用する予定はない」と述べていますが、AppleとEsquelとの間に取引があったことを示す出荷記録が残っており、両社の関係性を裏付けるその他の情報も明るみに出ています。
 
EsquelからAppleへの最新の出荷記録は、米商務省の取引禁止企業リストが発表される約1カ月前のもので、綿製とポリウレタン弾性繊維製の女性用のユニフォームが、米カリフォルニア州のApple小売店舗宛てに送られています。
 
また2018年には、Esquelの最高経営責任者のジョン・チェ氏が業界会議で、「AppleはEsquelのベトナム工場の主要顧客である」と述べており、工場内で撮影されたとみられるAppleユニフォームの写真も披露されたといいます。
 
2014年にAppleは、Esquelと100メートルトンの綿くずをリサイクルし、持続可能なユニフォーム作りを行うことにも合意しており、両社の関わりは覆しがたい事実のように見えます。
 
 
Source:The Guardian
Photo:Apple
(lexi)



5G非対応のiPhone12、2021年春に発売?Wedbush証券予測


 
5G非対応のiPhone12が、2020年ではなく2021年に発売される、との予測をWedbush証券のアナリストが発表しました。ただし、予測内容には疑問点も残ります。

2020年秋に発売との予測を修正

2020年秋のiPhone12は、3サイズの4モデルが発売され、5Gに対応するとの情報が有力視されています。
 
「iPhone12は、5Gモデルと4Gモデルが併売される」との予測を発表していたWedbush証券のダン・アイブス氏らが、サプライチェーンから得た情報をもとに予測を修正した投資家向けメモを公表しました。
 
アイブス氏らは、5G非対応のiPhone12の発売時期は、2021年の2月頃になると予測しています。
 
同氏は、5G非対応のiPhone12の販売価格は、5Gモデルよりも低価格になり、800ドル(約85,000円)程度だろう、とBusinessInsiderに述べています。
 
また、Appleは世界的な景気後退の状況を踏まえて、5Gモデルの価格はiPhone11 Proと同じ999ドル(日本では税別106,800円)に据え置くだろう、とも予測しています。

モデル構成、発売時期、価格ともに疑問

テクノロジーメディアiMoreは、今回のアイブス氏らの予測には奇妙な点がいくつもある、と批判しています。
 
まず、手頃な価格帯のiPhoneとしては、すでにiPhone SE(第2世代)が2020年春に発売されたばかりであり、2021年2月の発売は現実味がありません。
 
また、iPhone12シリーズは4モデル構成が濃厚とされている中、5モデルめの存在についてはこれまでに有力情報がありません。iMoreは、アイブス氏はiPhone12シリーズのスタンダードモデルは発売が遅れると言いたいのかもしれない、とコメントしています。
 
また、5G非対応モデルの価格が800ドルから、というのはiPhone SE(第2世代)の399ドル(日本では税別44,800円)という価格と比べても、リーク情報で実績のあるジョン・プロッサー氏が発表した5Gモデルで649ドル(約69,000円)からという情報と比べても高すぎます。
 
なお、iPhone SE(第2世代)の大画面版で「iPhone SE Plus」と噂されるモデルについては、発売が2021年になる、との情報があります。ただ、iPhone SE(第2世代)の399ドルからという価格と比較すると、800ドルは高すぎます。
 
 
Source:Business Insider, iMore
Photo:svetapple.sk
(hato)

このページは5G非対応のiPhone12、2021年春に発売?Wedbush証券予測の記事を引用しています



iFixit、新型27インチiMacの分解レポートを公開。CPUは換装可能?

 
新型27インチiMac分解レポートを、iFixitが公開しました。CPUが交換可能になっているようだ、と報告しています。修理のしやすさは10点満点中4点という評価です。

発売されたばかりの27インチiMacをバラバラに

先日発売された27インチiMacは、第10世代Intelプロセッサが搭載され、全モデルストレージがSSD化されるなど、パフォーマンスが向上したモデルです。
 
各種ガジェット製品の分解レポートで知られる電子機器修理サービスのiFixitが、さっそく27インチiMacを分解し、レポートを公開しました。
 
X線写真で見える内部構造は、部品が本体下部に配置されていることがわかるほか、スピーカードライバーのマグネットや排熱用パイプの配置も確認できます。
 


 
本体背面のフタを開けると、ユーザーがRAMをアップグレードできる構造となっています。iFixitは、2013年モデルからこの構造が維持されていることを「良いことだ」と評価しています。
 

 

Face ID搭載の予兆は発見されず

新型27インチiMacでは、FaceTimeカメラの解像度が720pから1,080pにアップグレードされています。カメラ部分を分解したiFixitは、Macに搭載の噂がある顔認証用のFace IDシステムを探したものの、発見されなかったそうです。
 


 
27インチiMacは、マイクも強化されています。ディスプレイ下部に隠れた下部マイクが従来の1つから2つに増え、FaceTimeカメラ近くの上部マイクと合わせた3マイクアレイになり、ノイズ低減を含む音質向上につながっています。
 

 

CPUは換装可能?

Appleは27インチiMacに搭載されたT2セキュリティチップにより、暗号化ストレージなどのセキュリティ性能向上と同時に、スピーカーの低音域レスポンス向上、顔検出、HEVCビデオトランスコードの高速化などの効果が出ている、と説明しています。
 


 
T2セキュリティチップの隣にあるCPUは、LGA1200規格のCPUソケットで接続されていることから、CPUの交換が可能となっているようだ、とiFixitは指摘しています。
 

 
また、ストレージが4TBと8TBのモデルのみSSDを拡張できると伝えられていますが、iFixitも、分解した128GBストレージモデルに、ストレージ接続用とみられる拡張ボードが発見されたと報告しています。

修理しやすさは10点中4点

iFixitは、新型27インチiMacの修理しやすさについて、RAMの交換が簡単であること、本体内部を開けた後は分解が比較的容易であること、CPUを換装可能であることを評価しています。
 
一方で、本体を開けるのが困難であること、ストレージを交換できないことをマイナス評価し、総合評価を10点満点中4点と評価しています。
 


 
 
Source:iFixit
(hato)



¥250→無料:円形モザイク加工アプリ「Percolator」ほか[8月11日版]セール・お得情報

App Storeで公開されているiPhone・iPod touch・iPad向けのアプリの中から、値下げ中および新着をチェックし、お勧めのアプリのみを厳選してご紹介します。

価格は掲載時のもので、既に変更されている場合があります。ダウンロード前に再度ご確認をお願いします。

セール中のアプリ

Percolator

写真/ビデオ:33.2 MB
¥250 → 無料

泡のような大小様々な円でモザイク加工をするツール。

Crystal Cove

ゲーム:21.7 MB
¥120 → 無料
正四面体を転がすイメージで色を合わせて消していくマッチ3パズル。

ビットコイン・仮想通貨を学べてもらえるBitStock [Ads]

ファイナンス:63.8 MB
無料

ネットショッピングや旅行予約・アンケート回答などでビットコインがもらえるサービス。

Her Story

ゲーム:1796.3 MB
¥490 → ¥120

事情聴取のビデオ映像をヒントに殺人事件の真相を探る新しいタイプのゲーム。

Railways! (鉄道列車)

ゲーム:144.7 MB
¥490 → ¥120

ドラッグして列車の軌道を変えて乗客を集めるアクションパズル。[動画

Heroes of Loot 2

ゲーム:65.6 MB
¥490 → ¥250

マップが毎回変わるレトロなダンジョンRPG。[動画

Rebates: 楽天リーベイツのお買い物でポイント高還元 [Ads]

ショッピング:251.6 MB
無料

Apple Store、Nike公式ストアをはじめ、600以上のオンラインストアで普段通り買い物するだけで楽天ポイントが貰えるサービス。詳細はこちら

配布中のクーポン

[

【表示価格より7,000円OFF】 Anker Nebula Apollo(Android搭載モバイルプロジェクター)【200 ANSIルーメン / 6Wスピーカー / 最大100…

46,990円(08/11 08:35時点)

Amazon

](https://amzn.to/2QiTupz)

[

【表示価格より7,000円OFF】 Anker PowerCore Essential 20000 PD (20000mAh 大容量 モバイルバッテリー)【USB Power Delivery対応/Powe…

5,999円(08/11 08:35時点)

Amazon

](https://amzn.to/2RofgZS)

[

【表示価格より20%OFF】 Anker PowerWave Base Pad (5W / 7.5W / 10W Qi ワイヤレス急速充電器) Qi対応 iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pr…

2,599円(08/11 08:35時点)

Amazon

](https://amzn.to/3dTi3CT)

[

【表示価格より30%OFF】 Anker PowerPort III Nano (PD対応 18W USB-C 超小型急速充電器)【PSE認証済/PowerIQ 3.0搭載】 iPhone, iP…

2,000円(08/11 08:35時点)

Amazon

](https://amzn.to/2tsDDvK)

[

【表示価格より20%OFF】 Anker PowerWave 10 Pad (改善版), ワイヤレス充電器 Qi 認証 iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max/SE(第2世…

2,000円(08/11 08:35時点)

Amazon

](https://amzn.to/2VSCM3v)

[

【表示価格より40%OFF】 [Amazon限定ブランド] ポッカサッポロ ポッカコーヒー AZブラック 185g缶 ×30本

1,980円(08/11 08:35時点)

Amazon

](https://amzn.to/33hwgHi)

[

【表示価格より1,000円OFF】1クラフトビール 飲み比べ 18本 逸酒創伝 オリジナルギフト

6,700円(08/11 08:35時点)

Amazon

](https://amzn.to/3kuv2hX)

注目のセール

【95%OFF】読み放題のKindle Unlimitedで「2ヶ月99円」キャンペーンが開催中

【20%増量】Amazonギフトに現金5,000円チャージで1,000ポイント付与(初回限定)

【1,980円】Amazonでスマートスピーカー「Echo Flex」がセール中

【最大10,000円OFF】スマートスピーカー「Echo Show」がセール中


©2019 “Touch Lab - タッチ ラボ”.



Googleマップ、Apple Watchに復活&CarPlayにもフル対応


 
Googleは、GoogleマップApple Watchで再び利用可能になり、CarPlay Dashboardにも対応したと発表しました。今後、数週間でユーザーが利用可能になる予定です。

ナビゲーション中も音楽やPodcastの操作が可能

Googleは現地時間8月10日、「Googleマップ」アプリが、iOS13で刷新された「CarPlay Dashboard」に対応したと発表しました。
 
ユーザーは、ナビゲーション中に音楽の再生、Podcastやオーディオブックの操作、スケジュールの確認が可能になります。

2017年のサポート対象外から復活

GoogleマップのApple Watch用アプリも、再び利用可能になります。
 


 
Apple Watch版のGoogleマップでは、Apple純正マップと同様、iPhoneと同期して次の曲がり角などを知らせるナビゲーションが利用可能です。
 
Googleマップは、2017年5月にApple Watch向けアプリをサポート対象外としていましたが、Goolgeは「将来的には再びサポートを行う予定」と語っていました。
 
GoogleマップのApple WatchやCarPlay Dashboardへの対応は、今後数週間かけて順次、世界各国で進められるとみられます。
 

 
 
Source:Google, MacRumors, 9to5Google
(hato)

このページはGoogleマップ、Apple Watchに復活&CarPlayにもフル対応の記事を引用しています



watchOS7、初のパブリックベータ版がリリース


 
Appleは現地時間8月10日、watchOS7の初のパブリックベータ版を登録ユーザー向けにリリースしました。
 
なおAppleはこれまでwatchOSについては、開発者向けにしかベータ版を公開していませんでした。

watchOS初のパブリックベータ版

Appleは、iOS/iPadOS、macOS、tvOSについては、以前よりApple Beta Software Program経由で一般登録ユーザー向けにパブリックベータ版をリリースしてきました。
 
しかしwatchOSは、今回のwatchOS7で初めて、パブリックベータ版が公開されることになります。

watchOS7パブリックベータを試す際の注意点

watchOS7を正式リリース前にぜひ試したいという人は、Apple Beta Software Programに登録すればテストすることができます。ただし、いくつか注意点があります。
 
まずwatchOS7を試すには、同期しているiPhoneにiOS14ベータをインストールする必要があります。そして一度watchOS7ベータをインストールすると、何か問題が発生してもwatchOS6へダウングレードすることはできません。
 
またAppleは、watchOS7ベータの現在のバージョンでは、VoiceOverが正しく機能しないと忠告しています。VoiceOverを頻繁に使っている場合は、この問題が解消されるまでベータ版をインストールしないほうがいいでしょう。

Apple Watch Series 1と2には非対応

さらにwatchOS7は、Apple Watch Series 1と2には対応しない点に注意が必要です。つまりSeries 1と2のユーザーは、watchOS7ベータを試すことは出来ません。
 
そしてベータ版すべてに共通しますが、これらはあくまで開発段階にあるプレリリースバージョンなので、不具合があるのは当然だと認識しましょう。

 
 
Source:9to5Mac,Apple Beta Software Program
(lunatic)

このページはwatchOS7、初のパブリックベータ版がリリースの記事を引用しています



偽iPhone詐欺の中国人親子に有罪判決〜息子は懲役3年半の実刑判決


 
スイスにおいて、偽のiPhoneをApple Storeへ持ち込み、本物と交換してもらうという詐欺を働いていた中国人親子に有罪判決が下りました。親子は自分たちは単なる仲介役で、香港にいる元締めの指示に従っていただけだとして、無罪を主張していました。

主犯の息子は3年半の実刑判決

香港から輸入した1,000台以上の偽iPhoneをあえて動作しない状態にし、Apple Storeで「故障した」と主張、新品の本物に交換してもらうという詐欺を行っていた中国人親子が有罪となりました。
 
34歳の息子(中国籍ですがスイスに20年以上在住)は懲役3年半の実刑判決となり、刑期終了後も7年間はスイスへの入国が禁じられます。
 
一方56歳の母親は執行猶予付き懲役18カ月の判決を受けました。

被害総額は1億円超え

Appleは親子による詐欺により、100万スイスフラン(約1億1,570万円)の損失を被ったとしています。
 
スイスの裁判所は今回の詐欺の主犯である息子が受け取った利益は1万スイスフラン(約116万円)程度と見積もっています。被害総額からするとかなり少ない額ですが、香港を拠点とする詐欺グループの活動において重要な役割を果たしていたというのが、今回の3年半という実刑判決の判断基準となった模様です。
 
犯人逮捕のきっかけとなったのは、スイスの税関で発見された50台の偽iPhoneでした。

 
 
Source:Securing Industry via iMore
Photo:Chris Martin/Pixabay
(lunatic)



iPhone12本格量産に向け、Foxconnが大規模求人を開始


 
iPhone12の本格量産に向けて、Apple最大のサプライヤーFoxconnが大規模な求人を開始した、と中国メディアTencent Techなどが報じています。

知人を紹介すると約14万円のボーナス

Foxconnの主力生産拠点である中国・鄭州では、iPhone12の本格的な量産に向けて求人を強化しており、資格のある従業員が知り合いを紹介すると9,000人民元(約137,000円)の臨時ボーナスを支払っていると伝えられています。
 
Foxconnが鄭州に構える工場群では、オフシーズンでも数万人、繁忙期には100万人程度の従業員が勤務しているとされており、時期による労働者数の差を埋めているのは、主に期間限定の労働者たちとみられます。

発売は「数週間遅れ」のiPhone12

2020年秋のiPhone12シリーズは、3サイズの4モデルが発売されるとの情報が有力視されており、iPhoneとして初の5G通信に対応するとみられています。
 
iPhone12シリーズの発売時期について、7月30日に開催された業績発表でAppleの最高財務責任者(CFO)のルカ・マエストリ氏は、今年の新型iPhoneの販売開始について「例年より数週間遅れる」と発言していることから、iPhone12の発売は10月になると考えられます。
 
iPhone12シリーズの発表については、例年どおり9月という情報と、発表も10月にずれ込むとの情報があります。
 
 
Source:Tencent Tech, cnTechPost via MacRumors
Photo:EverythingApplePro/YouTube
(hato)

このページはiPhone12本格量産に向け、Foxconnが大規模求人を開始の記事を引用しています



ニューヨーク州都市交通局、マスクを着けたままでもFace IDはうまく機能すべきと主張


 
iOS13.5ベータでは、マスク着用時のFace ID利用で、自動的にパスコード入力画面へと移動する仕様へと変更されましたが、ニューヨーク州都市交通局は乗客がiPhoneでの支払いの際にマスクを外してFace IDを使っており、感染リスクが高まっているとして、顔認証機能の改善を求める内容の手紙をAppleのティム・クック最高経営責任者(CEO)に送った、と伝えられています。

新技術を使ってマスク着用でもFace IDが機能するようにして欲しい

AP通信が入手した、ニューヨーク州都市交通局トップのパトリック・フォイエ氏がクックCEOに送った手紙には、次のように記されています。
 

Appleがこの問題に取り組んでいることは知っているが、テック企業の国際的リーダーとして、様々な技術を使える立場にいると理解している。Appleには、新技術の導入を加速させ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)時代の顧客の安全を守るための解決策を見つけてもらいたい。

 
Appleは、iOS13.5ベータでマスク着用だとFace IDをスキップし、パスコード入力画面へと移動する仕様を取り入れましたが、フォイエ氏は「マスク着用でもFace IDがちゃんと機能するよう何とかして欲しい」と主張しているようです。

マスク着用時でもFace IDを突破するテクニックも

多機能アプリWeChatの運営母体として知られる中国TencentのXuanwu Labのセキュリティ研究者らは今年4月、iPhone11を使って、マスクを着用した顔でもFace IDで顔認証させる方法を編み出したと報告しています。
 
しかしながら、マスクの素材や形によってはうまくいかない場合もあるとのことで、マスク着用時でもFace IDがちゃんと機能するApple公式のアップデートがあれば、重宝するかもしれません。
 
 
Source:ABC News via AppleInsider
Photo:Yoni13132/Wikimedia Commons
(lexi)

Share