スマホの複眼カメラ普及でレンズ材料が品薄。向こう数年間は継続か


 
スマートフォンの出荷台数は頭打ちながら、カメラレンズの材料が品薄になっています。材料を独占状態で製造する日本メーカーが増産しているものの、向こう数年感は品薄が続く見込み、と日本経済新聞が報じています。

レンズの材料、日本企業がほぼ独占

スマートフォンのカメラには厚さ0.2ミリほどの薄く透明度の高い合成樹脂製レンズが5枚〜6枚組み合わせて搭載されています。
 


 
レンズの材料となるポリオレフィンやポリカーボネートといった樹脂を製造する三菱ガス化学、三井化学、日本ゼオンなど、ほぼ100%のシェアを握る日本企業各社は需要に生産が追いついていない状態だ、と日本経済新聞が報じています。
 
原因は各社のスマートフォンに複眼カメラが搭載されていることで、スマートフォンの出荷台数は減少傾向の中、レンズの需要は高まっているそうです。
 
2017年に2割弱だった複眼カメラ搭載モデルのシェアは、2020年には86%と9割近くに達する見込みで、カメラモジュールの数は2018年に37億個だったのが、2020年に55億個、2024年〜25年には80億個と、今後も伸びることが予測されています。

iPhoneシリーズではiPhone7 Plusが初の複眼カメラ

iPhoneシリーズでは2016年のiPhone7 Plusでデュアルカメラが初めて搭載されました。
 


 
2017年には、デュアルカメラモデルはiPhone XとiPhone8 Plusに増え、2018年にはiPhone XSとiPhone XS Maxへと、主力モデルへの搭載が続いています。
 
2019年の上位モデルiPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxにはトリプルカメラが搭載されるとともに、2020年1月〜3月に世界で最も売れたiPhone11にもデュアルカメラが搭載されています。
 
 
Source:日本経済新聞
(hato)



関連コンテンツ

Apple、iPhone 12の発売は「数週間遅れる」と認める

2021年3月に「iPhone12 R」や次世代AirPodsが発表との情報

5G対応のiPhone 12、10月後半に発表され11月に発売か

PagesやKeynote、様々なサードパーティアプリにドラッグ&ドロップでカラーを適用できるカラーパレット「Pastel」のMac版がリリース。

iPhone 12は9月発表、10月発売か

iWorksの各アプリをアップデート、Webビデオの挿入が可能に

iPhone 12、発売は例年通り9月か 生産能力が劇的に回復との予測

Apple、Macの脱Intelを発表 自社製チップ搭載モデルは年内発表へ

きょう深夜2時から!WWDC 2020の配信視聴方法&見どころまとめ

LINE、厚労省の依頼受け「新型コロナ対策のための全国調査」を8月12日に実施



Apple、iPhone 12の発売は「数週間遅れる」と認める

Appleは現地時間7月30日、2020年度第3四半期の決算を発表。CFOのLuca Maestri氏は、2020年の新型iPhone(iPhone 12)は「発売が数週間遅れる」と明言した。Appleが発表前の新型iPhoneの発売時期について言及するのは初めて。

発表イベントの開催時期も「数週間…

【もっと読む】

このページはApple、iPhone 12の発売は「数週間遅れる」と認めるの記事を引用しています



2021年3月に「iPhone12 R」や次世代AirPodsが発表との情報


 
Appleが2021年3月23日に新製品発表イベントを開催し、「iPhone12 R」や低価格モデルのApple Watch、第3世代のAirPods、iPadシリーズを発表する、との情報が発信されています。

2021年3月のイベント開催日が流出?

2021年3月23日(火)にAppleが「iPhone12 R」などを発表すると発言しているのは、Apple製品のコンセプトデザインなどを公開しているTwitterユーザーのApple Lab(@aaple_lab)氏です。
 
同氏は、情報源として先日、iPhone12発表イベントなどの日程について発言したKomiya(@komiya_kj)氏の名前を挙げています。
 
Apple Lab氏によると、来年3月に発表される新製品は以下のとおりです。
 

  • iPhone12 R(仮称)
  • 12.9インチiPad Pro (ミニLEDディスプレイ)
  • 低価格モデルのApple Watch
  • AirPod(第3世代)
  • iPad Mini
  • iPad Air

March keynote – 23 March (Depending from the COVID-19)

#iPhone 12R (name unknown / name only for concept)
#iPad Pro 12.9” with MiniLED
– Сheap Apple Watch
#AirPods (3th Gen)
– iPad Mini / iPad Air

– Concept by: @aaple_lab
– Source: @aaple_la / @komiya_kj pic.twitter.com/8UQHMFlGgV

— Apple Lab (@aaple_lab) July 27, 2020

 

「iPhone12 R」の正体は不明

「iPhone12 R」の名称は不明で、あくまでも仮称とのことですが、「iPhone SE Plus」とも噂されるiPhone SE(第2世代)の大画面モデルを指すのか、iPhone12シリーズの一部なのかは情報がありません。
 
ミニLED搭載の12.9インチiPad Proについては、Komiya氏は先日、2020年10月にiPad Proが発表されると述べていましたが、発表時期がずれ込むのか、11インチモデルと発表時期が分けられる可能性もあります。

Apple Watch Series 3後継の低価格モデルも?

低価格モデルのApple Watchは、現在のApple Watch Series 3のポジションを引き継ぐモデルになると見られます。筐体がApple Watch Series 4以降のものになるのか、Apple Watch Series 3の筐体に新世代チップを搭載する可能性もあります。
 
AirPods(第3世代)は、以前から噂のある次期モデルに相当するとみられます。
 
いずれも、これまでのアナリストによる予測などに符合する部分のある情報ではありますが、半年以上先のことですので、参考程度にとらえておくのが良さそうです。
 
 
Source:Apple Lab(@aaple_lab)/Twitter via AppleInformed
(hato)

このページは2021年3月に「iPhone12 R」や次世代AirPodsが発表との情報の記事を引用しています



5G対応のiPhone 12、10月後半に発表され11月に発売か

2020年の新型iPhone(iPhone 12)は、新型コロナウイルスの影響により例年よりも発表および発売が約1カ月遅れる可能性がある。

Macお宝鑑定団Blogが複数の中国サプライヤーから入手した情報によると、「iPhone 12」は10月後半に発表された後、LTEモデルは10月、5Gモデルは11…

【もっと読む】

このページは5G対応のiPhone 12、10月後半に発表され11月に発売かの記事を引用しています



PagesやKeynote、様々なサードパーティアプリにドラッグ&ドロップでカラーを適用できるカラーパレット「Pastel」のMac版がリリース。

PagesやKeynote、様々なサードパーティアプリにドラッグ&ドロップでカラーを適用できるカラーパレット「Pastel」のMac版がリリースされています。詳細は以下から。

iOSやiPadOS、tvOS…



iPhone 12は9月発表、10月発売か

2020年の新型iPhone(iPhone 12)は9月に発表されるが、発売は例年よりも遅れる可能性があるという。

金融サービスおよび投資会社Wedbushの最新レポートによると、「iPhone 12」の発売は10月上旬になるそうだ。

Wedbushは、「iPhone 12」の生産状況に対して楽観的。

「…

【もっと読む】

このページはiPhone 12は9月発表、10月発売かの記事を引用しています



iWorksの各アプリをアップデート、Webビデオの挿入が可能に


 
AppleはiWorksアプリ(NumbersKeynotePages)をアップデートしました。Mac版、iOS/iPadOS版の双方がアップデートされ、それぞれWebビデオを挿入できるようになっています

YouTube、Vimeoに対応

今回のアップデートで文書、プレゼンテーション資料、スプレッドシート内にYouTubeVimeoに公開されている動画を挿入できるようになりました。プレゼンテーション資料にYouTube動画を挿入できれば、提案がより相手に伝わりやすくなるでしょう。また文書内に動画を挿入すれば、伝えたいことを的確に表現できるでしょう。今回のアップデートでiWorksの各アプリがさらに便利になるのは間違いありません
 


 
当然ですが文書もプレゼンテーション資料も紙にプリントしてしまうと動画は再生されません。こうしたアップデートが実施されたということは、iWorksのファイルをプリントせずにそのまま配布、公開することをAppleは想定していると考えられます。大袈裟かもしれませんが今回のアップデートはペーパレス社会に一歩近づくものなのかもしれません。
 
なおWebビデオの挿入方法はMac版なら「挿入」→「Webビデオ」と進み、動画のURLを入力すれば完了です。iOS/iPadOS版は「」アイコンをタップして「Webビデオ」を選択することでURL入力画面へと進めます。また動画のサイズは写真や図表と同様に変更でき、効果的なレイアウトを簡単に作成できます。
 
アップデートによるWeb動画挿入以外の変更点は「画面の拡大・縮小・スクロール時に、意図しない編集(入力)が行われるのを防止する新しいレイアウトの採用」、「イメージ、ビデオ、図形などに説明テキストを簡単に追加できるようにする変更」が盛り込まれています。
 
 
Source:9to5Mac
(KAZ)

このページはiWorksの各アプリをアップデート、Webビデオの挿入が可能にの記事を引用しています



iPhone 12、発売は例年通り9月か 生産能力が劇的に回復との予測

2020年の新型iPhone(iPhone 12)は、例年通り9月に発売される可能性がある。金融サービスおよび投資会社のWedbushによると、サプライチェーンの回復が目覚ましく、Appleは遅れを取り戻すことに成功したという。

Barclaysは、「iPhone 12」の量産は例年に比べて4〜6週…

【もっと読む】



Apple、Macの脱Intelを発表 自社製チップ搭載モデルは年内発表へ

Appleは6月23日、MacのプロセッサーをIntel製チップから自社製チップ(Apple Silicon)に移行する計画を発表した。ティム・クックCEOは「Macにとって歴史に残る1日」と説明したが、具体的に何が変わるのか。概要は以下のとおり。

iPhoneやiPadと同じようにAppleチップ…

【もっと読む】



きょう深夜2時から!WWDC 2020の配信視聴方法&見どころまとめ


 
Appleは、現地時間6月22日(日本時間23日午前2時)より、世界開発者会議(WWDC 2020)を開催します。今回はWWDC史上初の完全オンラインでの開催で、基調講演ではiOS14iPhoneOS14とも)など次世代OSの概要が発表されるとみられます。

完全オンラインでの開催、基調講演は事前録画の映像を配信?

WWDC 2020は日本時間6月23日~6月27日に開催されます。次世代OSが発表されるのは23日午前2時~午前4時に配信されるスペシャルイベント基調講演で、Apple公式サイトやApple Developerアプリ、Apple TVアプリ、YouTubeなどの動画配信サイトで視聴可能です。
 
6月中旬にメディア関係者向けに送付されたイベントの招待状には「ライブ」の表記がないことから、基調講演はリアルタイムではなく事前録画した映像が配信されるとみられています。
 
基調講演後も、Appleのエンジニアによる各OSの最新技術に関する説明や、技術とデザインに特化した100以上のセッションなどの映像が配信される予定です。
 
Apple公式Twitterのツイートを「いいね」しておくと、基調講演の開始前に通知してくれます。
 

完全オンラインの新しいWorldwide Developers Conferenceを見よう。日本時間6月23日午前2時から。下の

を押すと、イベントの直前にお知らせします。 #WWDC20 pic.twitter.com/UwCdFmjy2X

— Apple (@Apple) June 15, 2020

WWDC 2020ではなにが発表される?

毎年WWDCの基調講演では、iOSやmacOSの次世代バージョンが発表されるほか、年によっては新しいハードウェアも発表されています。2019年開催のWWDC 19では、プロ向けデスクトップMac Proと、Pro Display XDRが発表されました。
 
WWDC 2020では、次世代OSのほか、さまざまなハードウェアの発表が期待されています。
 

  • ARMプロセッサ搭載のMac
  • Face IDに対応する?新型iMac
  • 紛失防止タグ「AirTags
  • オーバーイヤーヘッドホン「AirPods Studio
  • ワイヤレス充電マット「AirPower

 
イベントの配信が始まるまでは、こちらの記事で復習しましょう。

WWDC 2020をさまざまな方法で視聴しよう

Apple公式サイトで視聴する

 
Apple公式サイト内のApple Eventsページ、開発者向けWebサイトにて、WWDC 2020の配信を視聴できます。
 
Apple Eventsページ:https://www.apple.com/apple-events/event-stream/
開発者向けWebサイト:https://developer.apple.com/wwdc20/

 

Apple Developerアプリで視聴する

 
iPhone、iPod touch、iPad、Mac、Apple TVの各Apple製品向けに、WWDC 2020の配信を視聴できるアプリ「Apple Developer」が提供されています。視聴したい端末であらかじめインストールしておきましょう。
 
アプリの利用条件は、macOS 10.15以降、iOS 12.4以降となっています。
 

YouTubeで視聴する

 
WWDC 2020の基調講演は、動画配信サイトYouTubeでも視聴可能です。配信予定の動画ページはすでに公開されており、日本時間6月23日午前2時から配信予定です。
 

 

「macwebcaster.com」の同時通訳配信を視聴する

 
例年のWWDCは全編英語で配信されています。英語がわからない方でもリアルタイムに発表内容を楽しめるよう、macwebcaster.comが日本語での同時通訳放送を配信します。
 
視聴方法はYouTube、ニコニコ生放送、TwitCasting、twitch、mixerで、配信サービスによって通訳音声の遅延時間が異なります。WWDC 2020基調講演直前予想番組が23日午前1時15分ごろより開始し、同午前2時ごろより同時通訳が始まる予定です。
 

 
 
Source:Apple, macwebcaster.com
Photo:Apple
(asm)



LINE、厚労省の依頼受け「新型コロナ対策のための全国調査」を8月12日に実施


 
LINEは、厚生労働省との協定に基づく「新型コロナ対策のための全国調査」を8月12日から実施すると発表しました。今回で5回目の調査となります。

LINEと厚労省による5回目の調査

LINEは8月11日、3月30日に厚生労働省と締結した「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供に関する協定」に基づく情報提供を目的として、8月12日〜13日に、「LINE」アプリで第5回の「新型コロナ対策のための全国調査」を実施すると発表しました。
 
LINEは、厚生労働省との協定に基づく調査を3月31日の第1回から合計4回実施しています。
 
調査結果は「3密」回避、テレワーク実施状況、発熱者の割合の変化、緊急事態宣言後における職業種別の心情などについて分析され、厚生労働省より公表されています。

感染者数の増加傾向を受け、厚労省から依頼

第5回の調査を実施するに至った理由についてLINEは、新型コロナウイルス感染者数が再び増加傾向にあり、さまざまな社会不安も拡大しているなか、厚生労働省からの依頼を受けたため、と説明しています。
 
8月12日からの第5回調査も、過去の調査結果との比較のため、第1回〜第4回と基本的に共通する設問で実施されます。
 
LINEの国内アクティブユーザー数は2020年6月末現在で8,400万人です。第1回〜第4回の回答数は約1,840万〜約2,460万人(回答率22.0%〜29.7%)ですが、第4回では回答率が低下しています。

詐欺目的の偽調査に注意!

厚生労働省は、これまで報告はないものの、全国調査を装ってクレジットカード番号などを聞き出そうとする詐欺が発生する可能性があるため、偽アカウントと思われる調査には回答しないよう呼びかけています。
 
第5回調査は、8月12日にLINEの公式アカウントから届きます。
 


 
回答フォームには、ブルーの帯に「第5回 812(水)〜8/13(木)」と書かれています。
 

 
 
Source:LINE (1), (2), 厚生労働省
(hato)

Share